花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園


2018.5.10 


ハーブ園を目指して坂を下っていきました。
no title

no title


no title


坂道を下りたところにカラフルな子供用遊具がありました。
no title


no title

休憩所兼展望台
no title

右の建物は売店ですが、閉まっていました。左の建物は🚻でした。
no title

長い滑り台がありますが、スタート地点に行くのが大変そうです。
手前がハーブ園です。
no title

展望台近くからの景色です。
no title


no title

二階は床も椅子、テーブルも木製でした。
no title

no title

no title

一階です。
no title

足湯では外国人の家族がくつろいでいました。
no title

カレンデュラ:傷ついた皮膚を修復してくれ、日焼けにも効果があるそうです。飲めば胃の炎症を防いでくれます。
no title

アンティーチョーク
no title

チョコリ
no title

フェンネル
no title

チャイブ
no title

つづく・・・フラワートレインに乗る

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園
横須賀ー2 どぶ板通りでランチ
横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦
横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)
横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)
横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)
横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠

横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場
横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘


3月22日

P_20180522_121642


P_20180522_134112

本日5月21日

P_20180521_150628

P_20180521_165617

P_20180521_171525


P_20180521_172651

本日5月20日

P_20180520_131037

P_20180520_160232

PANO_20180520_192305

横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘


2018.5.10 

県木の広場から降りてくると写真のように白く輝く花が咲き乱れていました。
no title

白っぽっく見えたのですが近づくと紫の花が多かったです。
no title

no title

花の名前はアグロステンマでした。地中海原産の一年草で別名ムギナデシコと呼ばれています。
no title

no title


フラワートレインコスモス号が駐車していました。コスモスの季節でないので休業中なのでしょうか?
no title


no title


ポピー号が停まっていたので最終便を聞くとここが16:40とのことで、それまでもう少し歩くことにしました。
no title

花を飾ってあり綺麗な建物でレストランかと思ったのですが管理棟でした。
IMG_7932

IMG_7933

赤い葉はクリスマスの季節に飾られるポインセチアです。ポインセチアは春に枝を切ると新しい葉が出る植物です。
IMG_7931


ハーブ園と書いてあったのでそちらを覗くことにしました。
no title

no title

ラベンダーの丘に向いました。
no title


no title

no title

ラベンダーはまったくなく、ひまわりの苗を植えているところでした。
no title

no title

つるバラかな?と、思いましたが違いました。
no title

no title


つづく・・・横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園


横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場


横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場



2018.5.20 

県木の広場を目指しました。
紫陽花が植わっている道で、今年は花が早く小さな蕾がついていました。
no title

no title

もう花が咲いている紫陽花もありました。
no title

木立の間から横須賀の海が見えていました。
no title

右の坂道が県木の広場へ行く道です。
no title

各県の木が植わっている場所と木の名前が書かれている案内図が入口に有りました。
no title

春のキバナコスモスです。
no title


no title

no title

no title

no title

no title

山頂広場にある愛の鐘です。
no title

クローバーが芝生に沢山生えていました。
no title


no title

イチョウは神奈川、東京、大阪の木です。大きく伸びないよう剪定しているのでしょうか?
no title

船が行き交う東京湾がよく見えました。
no title

つづく・・・ラベンダーの丘

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ






横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ


2018.5.10 

ポピー園を後にして、木の階段を登り次に進みました。
no title


no title

ポピー園が遥か彼方に見えます。手前の薄緑はネモフィラの花の名残です。
平日のためかほとんど人がいません。
no title

上りきると新緑の道が続いていました。
no title

ポピー園が上から見下ろせる場所がありました。その向こうに見えるのは久里浜の街です。
no title

路肩に咲いている白い花はスノーポールでした。
no title

no title

フラワートレインがやってきました。くりはま花の国の園内マップ見ると鉄道の表記で書かれていたので来るまで線路上を走ると思っていましたが道路を走るトレインでした。帰りはこれに乗ることにしました。
no title

no title

no title

園内に所々案内図は立っていますが園内マップはおいてありませんので初めて行く方で不安な方はネットからマップを印刷しておくと良いと思います。私は印刷して持って行きました。
kurihama_img02

突然、開けた場所に出ると、リアルなゴジラがいました。
no title

no title

正面から見ると迫力があります。今にも襲いかかられる感じがします。
no title

no title

ゴジラが鉄塔をなぎ倒す映画のシーンが蘇ります。
no title

ゴジラの説明文
no title



ゴジラ像の背後は冒険ランドと名付けられている場所です。
no title

no title



つづく・・・
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園










横須賀−11 くりはま花の国のポピー園


2018.5.10

くりはま花の国に入ると木々に囲まれた窪地にポピー園が続きます。
こいのぼりもコラボしていました。
IMG_7762


SN00003

雨上がりですがまずまずの写真が撮れました。デジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
くりはま花の国のポピー

ポピーの奥はネモフィラ畑でしたがもう少し早く来ていれば両方を楽しめたのにと少し残念でした。
IMG_7786

IMG_7828


つづく・・・
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ







横須賀ー10  くりはま花の国へ


2018.5.10 


「くりはま花の国」でポピーの花を見るため12:00にJR久里浜駅に到着しましたが、食事する所はない駅なので賑やかな京急久里浜駅に行きました。

JR久里浜駅前(帰りの写真)。
no title

JR久里浜駅舎
P_20180510_120019

食事をしている間に暗くなり雨が強く降り出し、どうしたものか?このまま帰るか?雨が止むのを待つか?思案しました。
no title


スマホで天気予報を確認すると14時に雨は止みそうでした。また、家内から小田原はすごい雷雨だったが青空になったと情報が入ったのでしばらく待つことにしました。
no title


13:30頃空が明るくなりましたがまだ雨が降っていました。天気予報通り14:00に雨がやんだので「くりはま花の国」に出かけました。
no title

雨上がりの青空のもと出発です。
no title


くりはま花の国は山全体が公園になっていました。
SN00002


途中に久里浜明神社があり、寄ってみました。
no title

天満宮と書かれている社でした。
no title

牛の上の菅原道真が座っている像です。
願掛け撫で牛で、私は頭をなでてボケ防止かな。
no title

no title

くりはま花の国のモニュメントを右に曲がると一本道です。
no title

桜並木の道です。
no title

ニコンの工場前を進みます。
no title

誰もいない道です。。
no title

「くりはま花の国」で咲くポピーとコスモスの絵が電柱に飾られておりそれを辿って歩きました。
no title


no title

公園の出入り口 扉の向こうは先程の雨が蒸発して靄になっていました。
no title

横須賀市の木大島桜と市の紋章が中央に描かれています。
no title

入口を入って左手にある「レストランうおくに」です。
no title

つづく・・・
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園

1.横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

2.横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

3.横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

4.横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

5.横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

6.横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

7.横須賀−7 再びどぶ板通り
8.横須賀ー8  三笠公園通り
9.横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠







下田−21 キンメ号で帰る


2018.4.23

帰りはリゾート21キンメ号で帰ることにしました。
普通列車で、熱海までです。現在リゾート21はキンメ号と黒船号の二種類の列車になっています。
no title

先頭と後方の両端は階段状の席です。7両編成です。
no title

先頭車両の最前列に座り景色を楽しみながら帰りました。
no title

no title

no title

シートに金目鯛が泳いでいます。
no title

運転席は下田の青い海に金目鯛が泳いでいます。
no title

リゾート21は1986年にブルーリボン賞を受賞した列車です。
no title

下田を発車。ガラス一枚で仕切られているだけなので運転席がよく見えます。
no title

下田からひと駅目の蓮台寺駅です。
no title

谷間に住宅が連なっています。下田からはしばらく山間を走ります。
no title


少し懐かしいコットンコットンという音をお聞き下さい。


駅のミラーに映るキンメ号
no title


東急東横線で活躍していた8000系普通電車がトンネルから出てきました。
no title

no title

no title

曇り空で海は黒っぽく、残念です。
no title

キンメ号の探検にでかけました。海側を向いた席と山側の対面席の車両です。
no title

海側の席はテーブルが無く、椅子の配置が程良いカーブでくつろげる雰囲気です。
no title

赤いシートの車両
no title

「伊東の金目鯛もすぎょいんだ」
no title

上部に金目鯛のステッカーそしてひもののPRポスター
no title

三色のシートの車両です。
no title

つるし雛
no title


no title


河津桜でしょう。いろいろ工夫をこらしているキンメ号です。
no title

「生きたキンメを見に行こう!! 下田海中水族館
no title

no title

大きなキンメ。
no title

no title

流木を利用したアートが飾ってありました。
no title

no title


no title

黒船号と
THE ROYAL EXPRESS
no title

8000系と
THE ROYAL EXPRESS
no title

no title

ずっと1番前に座っていましたが、3列目に移動しました。こちらの方が視界が広くて良いかな?と思いました。
no title

no title

熱海から東海道線に乗り換えて帰りました。



伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ
下田−13 石廊崎港へ
下田−14 石廊崎遊覧船
下田−15 龍宮窟
下田−16 下田東急ホテル泊
下田ー17 下田東急ホテルの朝の散歩
下田−18 下田海中水族館
下田−19 恵比須島
下田−20 まどか浜海遊公園
下田−21 キンメ号で帰る





下田−20 まどか浜海遊公園


2018.4.23 

レンタカーを返却するまで少し時間があったので「まどか浜海遊公園」に寄りました。
SN00004


no title

小さな風車でデコレートされた一画です。
no title

no title

幅広い遊歩道
no title

こんもりとした小山は柿崎弁天島です。
no title

no title

坂本龍馬の像がありました。
坂本龍馬は土佐藩を脱藩して勝海舟の門下になっていました。勝海舟が神戸から江戸へ戻る途中下田に寄港しました。その時、土佐藩主山内容堂も船で下田に寄港していたのです。勝海舟はこの機会を捉え、山内容堂に会い、竜馬の脱藩を許してもらいました。
この会見場所が容堂が宿泊していた宝福寺です。
伊豆半島下田−4(宝福寺)
no title

錨のモニュメント
no title

下田港を一周する黒船観光船
no title

芝生にクローバーが沢山生えてしまっていました。
no title

日露修好150周年を記念して植えられた木です。
no title

no title


つづく・・・
下田−21 キンメ号で帰る

伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ
下田−13 石廊崎港へ
下田−14 石廊崎遊覧船
下田−15 龍宮窟
下田−16 下田東急ホテル泊
下田ー17 下田東急ホテルの朝の散歩
下田−18 下田海中水族館
下田−19 恵比須島


下田−19 恵比須島


2018.4.23 

地図を見ていると須崎の先に恵比須島があり、橋がかかっているので行ってみることにしました。
SN00002

SN00003


須崎に到着すると「民宿発祥の地」の石碑が立っていました。これに似た碑はあちらこちらにあるようです。
須崎の碑には「昭和36年伊豆急行が開通し、須崎ではそれに合わせ民宿を立ち上げた。伊豆の民宿はここから始まった」と刻まれていました。

no title

半島の先端に車を停めしばらく恵比寿島を眺めました。
no title

no title

no title

no title

no title


恵比須島へ渡る橋の上では漁師が数人座り込んで話をしながらひじきの処理をしていました。

島に入ると恵比須島の説明板があり「海底火山の記憶を残す新神の島」とありました。
海底火山が造った地層が見られる場所だそうです。
no title

島の周りに遊歩道が造られていましたが島の中央(山頂)に向かう道が一本あったのでまず、そちらに登り遊歩道を戻ることにしました。
no title

no title

恵比寿島は古くは夷子島(えびすしま)と書かれており、7、8世紀のものと見られる器や祭祀用の臼玉など多数発見され、古代人が海の神に祈りを捧げた場所と考えられ
夷子島遺跡として登録されています。
no title

no title

神社の横に
昭和47年に建設された灯高32mの須崎恵比須島指向灯がありました。
no title

no title

眼下に千畳敷が現れました。波に削られた平地が隆起してできたものです。
no title

千畳敷の説明板。写真をクリックすると拡大します。
no title

千畳敷に人工的な亀裂が入っていますが、海底の火山灰や軽石は加工しやすく耐火性があるので採石された跡で、下田の市街地で伊豆石と呼ばれ使われているそうです。
no title


エリカの咲く岬と刻まれていました。調べてみると松山恵子の「エリカの咲く岬」という歌があるのがわかりました。
何故ここに「エリカの咲く岬」と刻まれた石碑があるのでしょう?
no title


「友が守る灯台はあわれ わだなかの蟹めく岩に 白くた立ち居り」

若山牧水は旧友がいる一木一草もない神子元島を訪れ7日間ほど過ごしました。その折、牧水が持参したダリヤが喜ばれたことを詠んだ歌があり、それを神子元島を望める恵比寿島に賀茂短歌会が石に刻んだそうです。

no title


no title

no title

広い千畳敷です。
no title

海藻が打ち上げられ、緑の部分も見られます。
no title

no title


no title



亀裂を海水が流れていました。
no title

透き通ったきれいな水でした。
no title

陸地の方に目をやると隆起した地層が見えます。
上部は小石が沢山くっついている土石流がかたまった地層で下部は火山が噴火した際の火山灰や軽石の層です。
no title

no title


no title

波で柔らかい火山灰層がえぐられていました。
no title


no title

須崎と恵比須島を結ぶ短い橋です。漁師さんたちは居なくなっていました。
誰もいない恵比須島で、地図ではわからなかった色々なことを学びました。
no title

左上はホテルのようです。
no title


つづく・・・
下田−20 まどか浜海遊公園

伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ
下田−13 石廊崎港へ
下田−14 石廊崎遊覧船
下田−15 龍宮窟
下田−16 下田東急ホテル泊
下田ー17 下田東急ホテルの朝の散歩
下田−18 下田海中水族館




下田−18 下田海中水族館


2018.4.23 

二日目午前中は下田海中水族館で過ごしました。
SN00001

下田公園のトンネルを出るとすぐ海中水族館でした。
no title

停まっている車は少なく人が見えなかったので大丈夫かな?と少し不安になりました。
no title

人魚姫
no title

入口でウミガメを見ました。
no title

チケットを購入すると一番奥でイルカショーが始まったと教わり、そちらに向いました。
湾を利用した水族館で開放的でした。
no title

人一人いない通路を急ぎました。
no title

ドルフィンビーチと書かれた場所が目的の場所です。
no title

ペンギン小屋を横目で見てイルカショー会場へ入りました。
no title

ショーは始まっており、次から次へと演技が続きました。
no title

no title

no title

手をバタバタ動かしてご挨拶です。
no title


ジャンプ
no title

特大ジャンプです。各地の水族館では必ずと言っても良いぐらいあるイルカショーですが、何度見ても楽しいです。
no title

イルカショーは動画の方が動きがわかります。



次は大水族館(アクアドームペリー号)で餌やりタイムでした。
エイが悠々と泳いでいる姿を水族館でよく見ますが、エイのお腹側を見るのは少ないと思います。可愛い顔のようです。
no title

no title


エイのエラが動いているのがよくわかります。



サメです。
no title


no title

おなじみの光景です。
no title

湾内でイルカと共演です。イルカに乗って遊んだり、お尻を押してもらったり、息の合った演技でした。
no title

no title

湾内なのでカモメも見物に来ていました。
no title

次々とショーが開催されるので飽きることがない水族館です。
IMG_7743_0000

湾内の浮橋を通り各会場へ移動しました。
IMG_7742

ペンギンは、まだ訓練不足もあり、なかなかいうことを聞いてくれない鳥のようです。ペンギンは南極の寒い所というイメージがありますが寒いところのペンギンは2種類だけで多くは南米、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド等に住んでいるそうです。
no title


no title

あざらし館ではゴマアザラシが悠々と泳いでいました。壁面にくると上手に体を回転させます。
no title

隅にピッタリ体を付けてじっとしています。
no title


no title

キスシーン。アザラシはなかなか愛嬌がある動物です。
no title

no title

no title

アザラシおさわりタイムです。綺麗な毛並みでした。
気持ちよさそうなアザラシです。
no title

お昼になったので水族館のレストランで外を見ながら食事しました。
no title

水族館側から下田公園への入口に立つ像で、周囲には紫陽花が植わっていました。
no title

つづく・・・
下田−19 恵比須島

伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ
下田−13 石廊崎港へ
下田−14 石廊崎遊覧船
下田−15 龍宮窟
下田−16 下田東急ホテル泊
下田ー17 下田東急ホテルの朝の散歩










下田ー17 下田東急ホテルの朝の散歩


2018.4.23 

前日とは違い曇り空でした。窓から見える下田公園の手前に建物が見えますが拡大してみると「あざらし館」の文字が見えるので下田海中水族館だとわかりました。
no title

写真をクリックすると拡大します。
no title


下田東急ホテルの公式サイトに出ている上空からの写真に惹かれこのホテルに決めました。
下田東急ホテル公式サイト

朝食後庭に出てみました。
no title


一段低い場所にプールがありましたが、屋外プールのため寒くて泳げませんでした。
no title

曇りの天気ですが水はきれいに澄んでいました。
no title

no title


手前の円形部分はレストランです。
no title

ホテル全景です。

no title

曇っていて海の色がブルーでなかったのが残念です。
no title

バチカンのオリーブ
no title


IMG_7071

no title

no title

寒いので散歩はほどほどにして屋内に戻りました。
no title

ロビーから見たホテルの庭です。
no title

1962年(昭和32年)開業当時から54年間使われっていたボイラーの扉

大浴場の前に置かれていました。
no title

no title


つづく・・・
下田−18 下田海中水族館

伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ
下田−13 石廊崎港へ
下田−14 石廊崎遊覧船
下田−15 龍宮窟
下田−16 下田東急ホテル泊


下田−16 下田東急ホテル泊


2018.4.22

湾内にある下田東急ホテルを予約していました。
SN00013


ハート形の湾内の高台にあるホテルで窓から絶景が望め、1017年4月にリニューアルオープンしたとのことでこのホテルを選びました。
SN00014

水の色が美しい海沿いの道を通りホテルへ向いました。
no title

ヤシの木が植わっている坂道を上りました。写真の右隅にホテルの一部が写っています。
no title

下田東急ホテル到着です。
no title

広いロビーです。
no title


no title

こんもりした山はあじさいで有名な下田公園です。その海寄りに下田海中水族館があります。その後ろに見えているのが須崎・爪木崎の半島です。
no title

SN00016

no title

ホテルの芝生の庭園
no title


しばらくすると、扉をノックされ、誕生日なのでと、ホテルからチョコレートを、リロクラブから500円館内利用券をプレゼントされました。思いがけないサプライズでした。
no title


no title

早速、温泉に行くと、早いためか利用客は少なく、絶景が望める露天風呂がありました。写真はホテルのHPのものです。写真をクリックすると拡大します。
SN00019



夕食は外で食べることにしました。
no title


no title

夕食は知人推薦の「ゑび満」に決めていました。ペリーロードの近くでホテルからあっという間に着きましたが駐車場がなく、近くのパーキングに停めるように言われ、チケットが貰えました。
SN00017


ゑび満HP

息子と母がやっているのではないかと思われる店で、二人共気持ち良い人でした。
店の写真はネットのものを借りてきました。
SN00018


no title

店名に「ゑび」とあるので伊勢海老の定食を注文しました。
伊勢海老が丸ごと一尾、刺し身、さざえ、魚の揚げ物でした。
プリプリとした美味しい伊勢海老でした。
クルージングの時、伊勢海老の養殖をしていると説明がありました。
夕方網を仕掛け、朝収獲するとのことでした。
no title

帰りはすっかり日が暮れ、人は全く歩いていませんでした。少しさびしい感じです。
no title

ホテルの前は蘇鉄の幹がイルミネーションで輝いていました。
no title

no title

no title

海側のライトアップ
no title

ロビー
no title

つづく・・・
下田ー17 下田東急ホテルの朝の散歩

 
伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ
下田−13 石廊崎港へ
下田−14 石廊崎遊覧船
下田−15 龍宮窟

下田−15 龍宮窟


2018.4.22 

石廊崎岬めぐりを楽しんだ後、龍宮窟へ向いました。
SN00011

サンドスキー場、龍宮窟入口に到着しました。
no title

田牛(とうじ)の砂浜が見えています。
独身の頃によく来た浜辺です。

no title

龍宮窟を一周する遊歩道があるので一周りしました。
SN00012



no title

no title



no title

波の侵食で天井が直径約40m崩れてハートマークが現れ、パワースポットと近年有名になりました。
引き潮の時間帯だったので青い水は見られませんでした。

no title

写真をクリックすると拡大し説明が読みやすくなります。
no title

no title

no title


no title

no title



サンドスキー場ですが誰も滑っていませんでした。
no title

no title

洞窟内が見える場所がもう一箇所ありましたがここからはハートマークは見えませんでした。
no title

龍宮窟への入口は落石があるとのことで閉鎖されていました。
no title

no title

風が冷たくなって来たのでホテルに向かうことにしました。
no title

つづく・・・
下田−16 下田東急ホテル泊

伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ
下田−13 石廊崎港へ
下田−14 石廊崎遊覧船

下田−14 石廊崎遊覧船


2018.4.22 

深い入江になった石廊崎港です。
東京は30度近い気温ということでしたが石廊崎は寒いぐらいでウインドブレーカーを着ました。
IMG_6970

地図で見ると深くえぐられた入江です。
SN00004


「石廊崎岬めぐり」の船に乗るため受付に行くと、この後の最終便15:30は団体用のため乗船出来ないと、つれない言葉!折角ここまで来たので是非乗りたいと家内が粘ってくれました。受付嬢は駄目の一点張りでしたが、船の側に居た係の男性が「満員だけれど良ければ」と声をかけてくれ、乗船出来るようになりました。
IMG_6971

IMG_6975

出発まで港を歩いていると役の行者(役小角)の像に出会いました。
私が役小角(えんのおずぬ)の存在を知ったのは藤川桂介の宇宙皇子(うつのみこ)全52巻です。仏、神、天上界、地獄界、不動明王と観音、宇宙皇子と各務(かがみ)のロマンス等が多く語られていました。大変面白い小説でした。
IMG_6972


IMG_6973

ツアー客を乗せたバスが到着したので、その前にいそいで乗りました。
予定より早く出発しました。
甲板も椅子席も充分余裕がありました。
チケットの写真です。
P_20180504_103626


IMG_6976

IMG_6978

石灰質の岩が波でえぐられ、いろいろな模様を作っていました。
IMG_6979

湾内の海面は静かでしたが外海に出ると高い波で船は結構揺れました。
IMG_6980

IMG_6981

IMG_6982

石廊崎灯台
IMG_6985

絶壁に立つ海の守り神「石室(いろう)神社」が見えました。
IMG_6986

IMG_6987


ここからはデジブックフルウインドウで御覧ください


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
石廊崎岬クルーズ

つづく・・・
下田−15 龍宮窟



伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ
下田−13 石廊崎港へ

下田−13 石廊崎港へ


2018.4.22 

下田駅に到着し、まず、レンタカー会社へ行きました。
香港の娘が夏にこちらに滞在する間利用する、ワンズレンタカーです。
車は古いですが、トヨタレンタカーや日本レンタカーの半額ほどで借りられます。
小型車で24時間4千円台(保険込)でした。

車で最初に向かったのは石廊崎港遊覧船乗り場です。
以前、石廊崎へ行った時、崖の下に小さな遊覧船が浮かんでいるのを見て、一度乗って崖の下から石廊崎を眺めてみたいと思っていました。
SN00002


石廊崎へ向かう海岸線は島や岩が並び、南国ムード漂う景色が良い場所でした。
デジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
南伊豆海岸


つづく・・・下田−14 石廊崎遊覧船


伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ









下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ



2018.4. 22

鈴木美也子ミニライブの時間になったので2両目ラウンジへ行きました。
ギターのボサノバ弾き語りでした。
no title

no title

no title




片瀬白田付近では群青色の海が見られました。
no title


no title

no title

稲取(?)
no title

河津 桜はすっかりみずみずしい葉におおわれています。
no title

下田が近づくと山の中を走るようになりました。
no title

no title

下田駅到着、リゾート21「黒船号」が停まっていました。
no title

no title

下田駅は乗車と下車の改札口が別れています。
クレイルが到着後なので乗車券の他、座席指定券の表示も求められました。2時間半の旅でしたが退屈することなく食事、景色、音楽と多彩に楽しみながら下田に到着しました。
なお、特急踊り子号だと所要時間は1時間半です。
no title

no title

つづく・・・
下田−13 石廊崎港へ


伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検



下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検


2018.4.22 

熱海を過ぎるとコーヒーとデザートが出てきました。コーヒーはホットとアイスを選択できました。
no title

伊豆多賀、網代、宇佐美と通過しました。この辺りは海がよく見える場所です。
no title

no title

no title

南国ムード漂う場所です。線路は道路より高く、車で走るのとは違う景色を楽しめます。
no title

no title

no title

伊東駅では「行ってらっしゃい」から「ようこそ伊豆へ」に変化しました。
no title

新緑の山もきれいです。
no title

no title

ここで車内探検に出かけました。
私が乗った一号車は海向きのカウンター席と山側の向い合せ席になっています。
no title

二号車はラウンジカーでバーカウンターと木製のベンチがあります。イベントが行われるスペースです。乗った日は弾き語りでボサノバを歌ってくれました。
no title

no title


IMG_6936




no title

3号車は一室6人座れるコンパートメント車です。
no title


no title

4号車は回転式のリクライニングシートで乗車券と特急券で乗れますがガラガラでした。この席は食事は出ません。
no title


リゾート21金目号とすれちがいです。帰りは金目号で帰りました。。
no title

no title

横浜ー下田を走るTHE ROYAL EXPRESSが停まっていました。
これも乗ってみたいです。伊豆クレイルよりランクアップされた車両です。
THE ROYAL EXPRESSとは

THE ROYAL EXPRESS発表
no title


no title


no title



つづく・・・
下田−12 伊豆クレイルに乗る−3 ミニライブ



伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)
下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発











クレマチス


バラの開花とほぼ同時にクレマチスも咲き始めました。

IMG_7726

IMG_7725


IMG_7740







 

下田−10 伊豆クレイルに乗る−1 小田原出発


2018.4.22

休日のみ運行しているリゾート列車伊豆クレイルに乗ってきました。
チケットは3ヶ月に一度ぐらいの日程で発売されます。みどりの窓口及び旅行会社で取り扱っています。私は富士フイルム生協旅行センターに申し込みました。
小田原、下田間を走る列車です。東京からは踊り子号と連絡しています。

JR小田原駅構内に伊豆クレイル専用ラウンジがあるので出発時間より少し早く小田原駅に行きました。
no title

no title

専用ラウンジ内に置かれている伊豆クレイルの模型です。
no title

回送として一旦小田原駅に停車した後、移動し、改めて時間になればホームに入ってくるということで写真を撮りに行きました。
常磐線特急「スーパーひたち」を改良した車両です。
no title

no title

伊豆クレイルの名前の由来は
Cresciuto(クレシュート:イタリア語で「大人の、成長した」という意味
Train(トレイン:列車)
ile(イル:「〜に適した」という意味)
で「大人に適した列車」という意味になるそうです。
またCRAILEはC(クール)+RAIL(列車)+E(エレガント)と表記されています。
no title

P_20180422_110855



ホームへ降りる階段には伊豆半島の形に伊豆の名所・名物をあしらい、伊豆クレイルを描いています。
no title


一号車に乗車しました。
no title


乗客はIZU CRAILEの表示版を入れて次々記念撮影していました。
no title

乗車券などを見せて乗車
no title

駅長を始め様々なスタッフが「行ってらっしゃいませ」の横断幕を持って見送ってくれました。
no title

一号車の海側は、窓に向いた席が12席です。
no title

no title




席にはすでに、蓋に箱根細工を施したお弁当と観音寺温泉水、伊豆クレイルパンフレットが準備されていました。
no title

no title

11:40小田原駅出発です。
小田原駅保線区の人も見送ってくれました。
no title

椅子は海の色と山の緑を使い、天井のライトは日が差す竹林をイメージしています。
no title


見どころではゆっくり走る列車です。
初島が見えてきました。
no title

小田原から二駅の海が見える駅「根府川」で20分停車です。
昔はなかった金網と手すりが邪魔です。
no title

停車中にお弁当を頂きました。
no title

弁当のメニューが付いていました。伊豆、箱根、駿河湾の食材が使われていました。
写真をクリックすると拡大します。
no title

飲み物はワイン、ビール、サイダーから選べます。私はワイン、家内はサイダーを選びました。サイダーは栓を開けずに持ち帰れます。
no title

真鶴駅でも見送ってくれました。
no title

no title

no title

熱海駅では箱型の塔があり、RESCUEの文字が見え安全ネットが張られているのでレスキュー隊の訓練所かと思います。
no title

SN00001



no title

つづく・・・
下田−11 伊豆クレイルに乗る−2 車内探検

伊豆半島下田ー1(下田公園のあじさい)
伊豆半島下田ー2(ペリーロード)
伊豆半島下田ー3(足湯通り)
伊豆半島下田−4(宝福寺)
伊豆半島下田−5(下田プリンス)
伊豆半島下田ー6(寝姿山)
伊豆半島下田ー7(伊豆急下田駅)
伊豆半島下田ー8(黒船)
伊豆半島下田ー9(海岸散歩)




 

館林つつじヶ岡公園のつつじ


2018.4.27 

つつじヶ岡公園のつつじは江戸時代、館林城主が植えたつつじが始まりだそうです。
古木が多く植わっていました。

デジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
つつじが岡公園のつつじ






















5000匹の鯉のぼり


2018.4.27

館林の鶴生田川(つるなまたがわ)に5000匹のこいのぼりが泳いでいました。
川の左右の新緑は桜の木です。桜の時期からこいのぼりは掲揚されています。

 
デジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。

鶴生田川のこいのぼり

あしかがフラワーパーク−2 ライトアップされた藤


2018.4.26

ライトアップが始まったので再び園内を散策しました。
デジブック・フルウインドウで御覧ください。



ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
ライトアップされた藤

帰りは西ゲートから出ました。
昼間の人の波はすっかり無くなり、列ぶことなく電車に乗れました。
あしかがフラワーパーク駅に電車が停まっているのは写真を拡大するとよくわかります。
IMG_7406

あしかがフラワーパーク駅からひと駅の足利のホテルに宿泊し、翌日は足利学校と館林をブラ歩きし、鯉のぼりの大群とツツジを見て帰りました。

つづく・・・足利

あしかがフラワーパーク−1 昼間の藤

あしかがフラワーパーク−2 ライトアップされた藤

今年は薔薇も早そう


今、咲いている薔薇です。
今年は薔薇も早く咲きそうです。
no title


no title

 no title
no title

no title










あしかがフラワーパーク−1 昼間の藤


2018.4.26 

あしかがフラワーパーク駅が新設されたので電車で藤の花を見に行ってきました。

10:22小田原駅発普通電車宇都宮行きグリーン席で小山駅へ、小山駅から久しぶりの両毛線に乗り14:36にあしかがフラワーパーク駅到着でした。
no title

すでに見学を終え帰りの小山方面行きの電車に乗る人が幾重にも列を作っていました。最後尾にいる人は一時間に2本しかない電車に乗れるのは何本か先ではないかと思われました。
日が暮れた帰りには行列は解消していました。
no title

no title

正面ゲートを真っ直ぐ進むと白藤のトンネルですが写真に撮ると日が当たる関係で影が多く出てしまいました。
no title


白藤のトンネルの外側も白い藤が並んでいました。
no title

no title

ポピーがもう咲いていました。
no title

no title

大藤
no title

no title

no title

no title

白藤の方が多かったです。
no title

薄紅橋
no title

no title


つつじもよく咲いていました。
no title

no title


きばな藤はまだこれからです。
no title

no title



no title

no title

no title

大藤
no title

白藤の滝
no title

no title

ペチュニア
no title

八重藤
no title

ぶどうの房のようです。
no title

no title

no title

no title

うす紅の棚
no title

no title


no title


つづく・・・
あしかがフラワーパーク−2 ライトアップされた藤






いすみ鉄道−6 大多喜城下町


2018.3.30 

お城から下りて大多喜城下町を少し歩きました。
SN00016

車庫に並んだムーミン列車とキハ
no title

白壁に囲まれている場所は公園でした。
no title


no title

no title

no title

手作り甲冑工房の博美堂です。
ダンボールや祇で甲冑を作成する場所です。手作り甲冑は最近、城がある各地でブームとなっています。
no title

質屋・金物店を営んでいた
土蔵造りの商家・釜屋
no title


no title

no title


no title

戸袋に彫り物があり、二階に欄干が取り付けられている家。
no title

江戸時代の町家・渡辺家住宅
no title

no title


IMG_6686_0000

大多喜活版所という看板が上がっていました。
今も活版印刷をしているとのことです。最近、活版印刷の感じが良いと活版印刷を望む人が増えたとの話を聞いたことがあります。
no title

個人の趣味が高じて鉄道に関するものを陳列している大手会館。
HOゲージの列車が走っているそうですが休館日でした。
no title


no title


喫茶店 緑の館と書いてありますがやってないようでした。
no title

町営駐車場です。H・I・Sの観光バスが停まっていました。
no title

天然ガス記念館前のガス灯に灯が入るところを見ることが出来ました。
千葉県で水溶性天然ガスが初めて見つけられたのが大多喜です。
no title


IMG_6696_0000


no title

no title

no title

no title

お土産を買いたいと駅の売店に入りましたが良いものが見つからず結局、ムーミン列車のドロップ缶を購入しました。
no title

16時になると売店は閉店となりました。早い閉店です。
no title

羽田・品川行きの高速バスの到着を待つ間、観光本陣の椅子とテーブルがある場所で待たせて貰いました。写真のように、バスを待つのは殆どが外国人で日本人はふたりだけでした。
no title


高速バスは圏央道ーアクアラインー羽田空港ルートで、なんと1時間で到着です。品川まで行っても1時間半です。いすみ鉄道ー小湊鉄道ーJRよりずっと早いです。
IMG_6708


IMG_6715

木更津キサラピアの大観覧車
IMG_6717

アクアラインから
IMG_6722

羽田で下車して夕食を済ませ帰宅しました。千葉の三日間のブラ小山おしまいです。
IMG_6725




亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車
いすみ鉄道−1 総元の菜の花と列車
いすみ鉄道−2 総元駅のさくら
いすみ鉄道−3 上総中川駅へ
いすみ鉄道−4 土手の菜の花
いすみ鉄道−5 大多喜城
いすみ鉄道−6 大多喜城下町





いすみ鉄道−5 大多喜城


2018.3.30 

大多喜駅改札口近くでは鎧を着た本多忠勝と忍者がお出迎えでした。
大多喜城は徳川四天王の一人本多忠勝が築いた城と言われていましたが、現在、大多喜城の下に遺構が発見され、真里谷信清が小田喜城として築いたのが始まりとされています。
その後、本多忠勝が10万石の大多喜藩を与えられ三層四階の天守閣を築きました。

no title

no title

立派な大多喜駅舎です。
no title

まず、向かいの大多喜観光本陣へ行き、観光マップを貰い、帰りの高速バスの乗り場と時刻を確認しました。
no title

観光本陣の入口に人力車に乗った夏目漱石が・・と、思ったのですが正岡子規のようです。
正岡子規 大多喜を訪ねる
no title

大手門をくぐり、大多喜城へ行きました。
no title


行きは遠回りですが舗装されているメキシコ通りを、帰りは急坂で道が悪い大多喜高校の裏の道を戻りました。
SN00015


「本多忠勝・忠朝親子の話をNHK大河ドラマに」という幟が立っていました。
no title

no title


大多喜城の外堀に相当する夷隅川(いすみがわ)、城主が江戸時代魚を取る事を禁止したので御禁止川(おとめがわ)とも言われている川を見下ろして坂を上りました。
no title

no title

大多喜に何故「メキシコ通り?」
メキシコ通りの起源

no title

no title

no title

no title

no title

no title

大多喜城天守閣は天保13年(1842年)に焼失し、現在の天守閣は昭和50年(1975年)に文政10年の写し絵図に基づき復興した天守閣です。
no title

天守閣からの風景
no title

no title

大多喜城下町
手前は大多喜高校

no title


no title


no title

no title

no title

東屋の右に高校の側へ降りる道があったので帰りはそこを下りました。
no title


no title

no title

左は高校のグランドで右に校舎が有りました。
no title

no title

大多喜城二の丸の薬医門が残っていました。
no title

no title

no title

つづく・・・いすみ鉄道−6 大多喜城下町

亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車
いすみ鉄道−1 総元の菜の花と列車
いすみ鉄道−2 総元駅のさくら
いすみ鉄道−3 上総中川駅へ
いすみ鉄道−4 土手の菜の花




いすみ鉄道−4 土手の菜の花


2018.3.30 

上総中川駅を出て、菜の花の土手の上を走るムーミン列車を撮りに行きました。
SN00008


残念ながら、土手の上は全くと言っていいほど菜の花は咲いていませんでした。
とにかく風が吹き寒い場所でした。

no title

海に近づくので冷たい東風が入ってくるのでしょうか?
SN00009

車で来た人は撮影を諦め、別の場所へ移動したようでした。
私は折角来たので、少し咲いている土手の下の菜の花を入れて撮影しました。

no title


no title

no title

一両だけのムーミン列車を始めて見ました。観光客が多いこの時期は二両編成が多かったですが、今回は一両だけのムーミン列車でした。
no title

この場所も絵になりそうですが菜の花はまだ咲いていませんでした。
no title

薄紫の花は・・? 
no title

モクレンでした。
no title

no title

往きに見なかった楼門が現れました。上総中川駅を通過してしまったようです。
no title



no title

興栄山妙泉寺です。
no title


IMG_6614_0000



no title

正面が上総中川駅でした。
no title

無人駅で駅舎らしき建物はありません。バス停のような感じです。
no title

ここも寂しい駅でした。
SN00013



no title

大多喜駅方面
no title

大原方面から列車が来て、それに乗って大多喜へ行きました。
no title


no title


no title


no title

no title


no title


つづく・・・いすみ鉄道−5 大多喜城

亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車
いすみ鉄道−1 総元の菜の花と列車
いすみ鉄道−2 総元駅のさくら
いすみ鉄道−3 上総中川駅へ

記事検索
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード