花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

いすみ鉄道−1 総元の菜の花と列車


2018.3.30 

五井駅9:09発の小湊線に乗り、上総中野駅でいすみ鉄道に乗り換え「ムーミン列車と菜の花」を撮影しに行きました。

前日行った養老渓谷の菜の花を車窓から見て、養老渓谷駅からひと駅の上総中野駅でいすみ鉄道に乗り換えでした。
金曜日の為か、乗客は前日より観光客らしき人が多かったです。
no title

いすみ鉄道も小湊鉄道と同様、列車本数が少ないので下記のように予め計画して行きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三日目 

五井駅  上総中野 

9:09 10:20   総元               上総中川 

     10:43  10:52  昼食 

            11:53(中野行きを撮影) 

            12:21(大原行きに乗る)  12:44 

                                                            13:15(中野行き撮影) 

                             14:11(大多喜へ) 

大多喜町観光本陣 

14:18着 

        羽田空港    品川行きバス 

16:30 17:30   18:07


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SN00004


上総中野駅で切符を購入しなければならず、多くの人が押しかけ改札が混雑しないかと心配していましたが、線路を渡って向いが「いすみ鉄道」のホームでした。そしてワンマンカーでバスのように料金は後払いで、みんな続々とムーミン列車に乗り込みました。
no title

手前が小湊鉄道、向こうがいすみ鉄道のホームです。
SN00005


no title



ムーミン列車を正面から撮影して最後に乗りました。
ホームが低いのは扉の位置が低かった昔の列車のなごりでしょう。
no title


上総中野駅駅舎
no title

二駅目の総元で下車しました。駅を出ていくムーミン列車です。
no title

no title

上総中野駅方面は桜の花がよく咲いていました。
no title

きれいな総元駅舎です。一日平均乗車人数25名(2010年)の駅です。
no title

no title

no title

線路がカーブしている手前で電車を待つ予定です。
SN00007

no title

前日と違い、風が強く寒いのでウィンドブレイカーを着込みました。
no title

列車撮影ポイントですが、菜の花が咲く場所へ向いました。

no title

ここも良いですが菜の花は咲いていませんでした。
no title

列車を撮る場所をさがして線路沿いを歩きましたが、先の方は寒いためか菜の花は咲いていませんでした。結局、この場所から撮影することにしました。
no title

no title

no title

no title

ここで撮りたかったのですが、菜の花の背が低く花数も少ないので諦めました。
no title


電車が来るまで傍にあった大山祇神社の境内で持参のおにぎりを食べました。
鳥居は厳島神社にある鳥居の形でした。
no title

no title

no title


菜の花を走る列車はデジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
総元の菜の花

つづく・・・
いすみ鉄道−2 総元駅のさくら


亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車


エビネ咲く


2018.4.17 

シランよりひと足早くエビネが咲きました。20年以上一本だけ咲き続けています。
このエビネは花が咲いた後、新しいバルブが一つだけ出来、花を咲かせるようです。花が咲いたバルブは消滅します。したがって毎年、一本だけ咲きます。
IMG_6815

小湊鉄道−5 水に映る桜と列車


2018.3.29 

養老渓谷駅から五井行き電車に乗り、再び養老渓谷の菜の花畑を通り、飯給(いたぶ)駅に向いました。
no title




no title


13分で飯給駅到着です。しばらく電車は停まっていました。駅舎から撮影です。
no title

ホームから見える桜並木です。五井駅方面
no title

養老渓谷駅方面
no title

飯給駅舎
no title


no title

踏切から見た飯給駅ホームと桜
no title

桜の前の水田のあぜ道にカメラマンが多くいます。
桜と列車を狙っているのです。
no title

水田に水が張ってあるので桜と駅舎が映っています。
no title

水に映る桜と列車の写真はデジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
水に映る桜と列車

飯給駅でもうひとつ有名なのは世界一広い🚺です。
no title

ドアが開いていたので少し覗いてみました。
no title

no title

16:18発五井行きに乗り、小湊鉄道の一日の旅を終えました。
五井でホテルに泊まり翌日、いすみ鉄道の旅をしました。
五井へ戻ったのは小湊鉄道沿線でホテルが見つからなかったからです。


つづく・・・
いすみ鉄道−1 総元の菜の花と列車

亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑










小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑


2018.3.29 

12:27 養老渓谷駅到着。
養老渓谷駅で乗客の半数が下車しました。乗客の9割以上が観光客で、その内、リタイア後の年齢の女性(3,4人グループ)が多かったです。
no title

殆どの客は駅前に停まっていた養老渓谷行きバスに乗ったようです。結局、菜の花畑を目指したのは3人だけでした。
no title


目指すは赤丸で囲った場所です。
SN00008


no title

三人バラバラに歩いていましたが、三人とも道に迷いました。
お百姓さんが単に畑に菜の花の種を蒔いた所で、観光地ではないので案内板は全くありませんでした。
no title

20分ほど歩いて菜の花畑に着きました。多くの人が写真を撮りにきていました。右の坂の上にも多くの人がいました。
no title

単線の小湊鉄道です。架線がないのでスッキリした風景です。
列車が来ない時間帯なので線路の側に人がいますが、列車が来る時間になると日本人は菜の花畑から出ますが、中国人は入っていきました。あるカメラマンが「そこの人!邪魔!」と大声をだしました。すると中国人は立ち止まりました。すぐタイミングよく、女性が中国語で叫び、皆から笑い声が起こり、場が和みました。
no title

車で来ている人がほとんどでした。
no title

線路を越えた所から撮影すると菜の花の中を走って来るような感じです。
IMG_6442

線路の手前から撮影すると俯瞰した列車を撮ることが出来ます。しかし、午後からは逆光になります。

no title

列車が通過すると多くの人は菜の花畑から去って行きました。付近に食事をする所が無いのでおにぎりを買って行き、菜の畑を独り占めして昼食にしました。


菜の花を走る列車の写真はデジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
菜の花畑を走る列車

帰り道、写真の看板間の方へ行けば良いのに違った方向に歩いてしまいました。
no title


行く時、このようなお地蔵さん見なかった・・・
no title

行ったり来たりしましたがなんとか養老渓谷駅に到着しました。

no title

ホームにキハチューのネズミの像が置かれていました。
小湊鉄道の車両番号はキハ201〜214と番号が付けられているのでそれにちなんだのでしょう。
ネズミの像の後ろにはケロちゃんコロちゃんの大きなステッカーが貼られていました。
ケロちゃんコロちゃんは地方民鉄応援キャンペーンに使われ、地方民鉄でイベントが行われています。
「ケロちゃんコロちゃん列車」で検索すると多くの情報が掲載されています。
no title

養老渓谷駅 15:17発
IMG_6462



つづく・・・
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から







壁の落書きアート


2018.4.10

春休みで香港から孫が来ておりました。
 
我が家のリビングやダイニングの壁紙は、2年ほど前に張り替えたのですが、メーカーから不良品であった為、張り直しの連絡があり、2週間先の工事と決まっていました。
絶好のタイミング、好きなように絵を描いていいと孫達に伝えたところ、普段と違った大きなキャンパスに二人でお絵かきを楽しみました。
IMG_6801(2)



IMG_6807 (2)









小湊鉄道−3 車窓から


2018.3.29 

上総村上駅に二両編成の列車が入ってきました。
no title

架線がないのでスッキリしています。
no title

ディーゼル列車ですが、昔のような独特の臭いは全くしませんでした。
no title

no title

各駅舎を撮りたかったのですが、乗客で混雑しているのでたまたま見えた窓の外の景色のみの撮影でした。
五井駅からの乗車ではないのでずっと座れませんでした。
no title


SN00007

菜の花が咲いている上総山田駅
no title

no title


no title

沿線に満開の桜が見えてきました。
no title

no title

no title


no title

no title

no title

no title

no title


no title

no title

トロッコ列車は祝日・土曜・日曜運転と書かれていましたが、菜の花・桜の季節は毎日運転でした。
no title


no title

菜の花と桜
no title

no title

飯給駅はカメラマンがアチラコチラに立っていました。
駅前の桜と列車を撮影していました。帰りに下車しました。
no title

列車が停まると窓いっぱいに桜が覆っています。
no title

トトロの駅
no title


no title


no title

トトロの駅「上総大久保駅」でした。地元の小学生が
描いたそうです。
小湊線、ひと駅づつ降りてみたいですが、全部の駅を巡るのに何日かかるでしょうか?
no title

養老渓谷の「石神の菜の花畑」です。
no title

no title


no title

後で私もこの仲間に加わりました。
no title


つづく・・・
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑


亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)







小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)


2018.3.29 

総社戸隠神社から坂道を少し登ると上総国分寺跡がありました。
no title


国分寺跡というと広い場所が多いですが、ここも広大な土地が残っていました。
no title

no title

西門の跡です。
no title


仁王門
no title

no title

no title

将門塔と言われていますが、将門塔の根拠はないそうです。
no title

no title



仁王像
no title

no title


no title

仁王門の正面に薬師堂が配置されていました。
江戸時代(1716年)建立です。
no title

no title


薬師寺の説明です。説明文をクリックすると拡大し読みやすくなります。
no title



薬師堂の裏に廻りました。
no title

no title

no title

大きなケヤキが一本立っています。後でそちらに行くことにしました。
no title

no title


no title

ケヤキの木の側に少し盛り上がった所があるので行ってみると
no title

no title

七重の塔の礎石でした。
no title

no title

11階建ての市原市庁舎より高い塔だったのです。
no title

国分寺本堂
no title

来た道を戻り上総村上駅に戻りました。駅の前は田圃です。
no title

no title

上総村上駅は昭和2年頃鹿島組(現鹿島建設)により建てられた駅舎です。
no title

駅舎の前
no title

上総村上駅の駅舎入口。ローカル列車の雰囲気充分です。
no title

no title

古い木の感じが良いです。
no title

no title

向かいのホームから見た駅舎全景
no title

つづく・・・
小湊鉄道−3 車窓から

亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社

小湊鉄道−1 総社戸隠神社


2018.3.29 

はじめての小湊鉄道の旅です。小湊鉄道は千葉県の東京湾側の五井駅から千葉県の中央部上総中野駅まで全長39.1kmの鉄道です。
一番の目的地は養老渓谷駅です。ここで菜の花畑を走る列車の撮影をすることです。

本数が少ない路線なので時刻表で調べると五井発9:09 か11:21が養老渓谷に行く列車でした。9:09に五井駅に着くのは朝が弱い私には無理、11:21は遅く・・・、9:50発に乗り、寄り道して11:21発の電車に最終的に乗り換えることにしました。
SN00004


五井から一駅の上総村上駅です。上総国分寺がありました。
SN00005


五井ー養老渓谷の乗車券が1700円で、一日乗り降り自由のフリー切符が1800円でした。五井までもう一度帰ってくるのでフリー切符を購入しました。
P_20180408_121305


上総村上で下車したのは私一人でした。
no title

降りたホームです。賑やかな五井からひと駅で、のどかな風景に変わりました。
no title


改札は線路を渡った向いでした。
no title


no title

木の改札口で無人駅でした。
no title

もう一度線路を渡りまっすぐ進みました。
途中、ミツバツツジが植わっていました。
no title

真っすぐ歩いた先にさくらが咲いている小山がひとつあり、そこに寄ることにしました。
no title

総社戸隠神社とありました。戸隠神社といえば長野県の戸隠神社を思い出します。
やはり長野の戸隠神社と同じ神を祀っているそうです。

古代、国司は一宮から順に巡拝していたが、効率を考え国府の近くに総社を置き、まとめて祭祀することなったそうです。
no title


no title

no title

本堂
no title

no title

no title

上総伏見稲荷
no title

no title

no title

no title

伏見稲荷神社の先に竹林がありました。
no title

上総伏見稲荷の向いには富士山が造られていました。
no title

no title




no title


富士登山に挑戦です。1合目、2合目・・と道標が立っていました。
no title

no title

富士山山頂からの景色
no title

no title

伏見稲荷と富士山を参拝することが出来ました。

つづく・・・
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)

亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風








佐倉城址公園−3 夜桜屏風


2018.3.28 

佐倉城址公園の桜を見て歩いた後、国立歴史民俗博物館に戻り、日が暮れライトアップされた「夜桜屏風」を撮影しました。

18時になりライトアップが始まりましたが、ミュージアムショップの電灯はまだ点灯し、レストランへのアプローチの電灯も点いた状態です。

IMG_6213

折れ曲がったガラス窓越しにライトアップされた外の桜を鑑賞出来るようになっています。その様子が、屏風に描かれた夜桜のように見えるので「夜桜屏風」と名付けられています。

16:38撮影。外はかなり暗くなって桜が浮かび上がってきたので、ショップの照明が消えるのが待ち遠しいです。
IMG_6220

18:39やっと室内全ての電灯が消えて夜桜らしくなりました。
空はまだ青い部分があります。
IMG_6221


この後の夜桜屏風と外でのライトアップの桜撮影はデジブック・フルウインドウで御覧ください。



ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。

夜桜屏風




帰りは大通りへ出て、バスで京成佐倉駅に行きさらにJR佐倉駅に行きました。
京成佐倉駅は駅前にホテルが無いこともあり、翌日の行程を考えてJR佐倉駅近くで泊まりました。

つづく・・・
小湊鐵道−1 総社戸隠神社


亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら





佐倉城址公園−2 さくら


2018.3.28 

佐倉城址公園にはソメイヨシノをはじめ50種類1100本植わっています。
本佐倉城主千葉親胤が命じて佐倉城を造らせたのですが、親胤が暗殺に会い工事は中止されていました。江戸時代になり老中土井勝利が普請を開始、徳川の重要拠点のため堀田正信を始め堀田家が代々城を治めました。明治になり建物は全て破壊され、帝国陸軍歩兵第二連隊が駐屯しました。
堀田正睦の像
IMG_6126

佐倉城址公園は広いため全部回れませんでしたが赤線のルートを歩いて桜を楽しみました。
佐倉城は石垣のない城です。台地の上に土を盛り上げたり掘り下げたりして築城しました。
マップをクリックすると拡大します。
IMG_5986ルートマップ


デジブック・フルウインドウで御覧ください。

ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
佐倉城址公園の桜


つづく・・・
佐倉城址公園−3 夜桜屏風

亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕






佐倉城址公園−1 馬出し空壕


2018.3.28 

歴史民俗博物館を出て、桜のライトアップが始まるまで佐倉城址公園を桜を見ながら歩きました。

桜は満開でケヤキは芽吹いていました。
no title


no title

長辺121m✕短辺40m、深さ5.6mあった馬出し空壕です。今は、埋め立てられ深さは3mです。
佐倉城は城は残っていませんが、空壕等良好な保存状態で残っているため日本100名城に選ばれています。
no title

no title


no title

柵の中の桜が、歴史民俗博物館から見られる桜です。
no title

no title

no title


no title

no title


no title

no title

可愛いコザクラインコを手に止まらせて歩いている人がいました。
女の子がそばに来て珍しそうに見ていると女の子の腕に止まらせてあげていました。
no title

no title


つづく・・・
佐倉城址公園−2 さくら

亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ





国立歴史民族博物館へ


2018.3.28 

JR佐倉駅からバスで京成佐倉駅ヘ、そこから歩いて佐倉城跡にある国立歴史民族博物館へ行きました。
国立歴史民族博物館ヘ行く目的は「夜桜屏風」を見ることです。
SN00001

京成佐倉駅
no title

国立歴史民族博物館へは歩道に案内表示があるので迷うことはありません。
no title

大きなシャクナゲ
no title

わらぶき屋根の家の前を通過
no title

佐倉城址公園の入口です。
no title

no title




案内図を見ながら坂道を上っていきました。
IMG_6074


IMG_6076

国立歴史民族博物館の建物が見えてきました。
no title

国立歴史民族博物館入口です。
no title


no title

まず、夜桜屏風を確認です。日が暮れると桜のライトアップがなされます。
no title

左右の大ガラスが折れ曲がっているのでガラス窓を屏風に見立て、桜のライトアップを「夜桜屏風」と名付けています。
no title

no title

階段の下はミュージアムショップです。
日が暮れると階段は進入禁止となります。桜が窓ガラス全体に入るのは階段の中央です。
no title


ロビーの隅に東福寺三門の1/10縮尺模型が飾ってありました。
no title


こちらは根来寺多宝塔の模型でやはり1/10縮尺です。
no title

博物館のロビーです。前方が「夜桜屏風」の大窓です
IMG_6105



つづく・・・馬出し空壕


亥鼻城(千葉城)





亥鼻城(千葉城)


2018.3.28 

佐倉城跡へ行く前に何処か寄り道する所は無いかとマップを見ていると亥鼻城(いのはなじょう)を千葉駅近くに見つけました。
モノレール1号線で千葉から県庁前へ、あとは徒歩です。
SN00002

モノレールです。吊り下げ方式です。
no title

亥鼻城へは文化会館側から入りました。
no title


no title

no title

美しい城は小田原城をモデルにして造られたそうです。
no title

天守閣への出入口です。ここの城の正式名は千葉市立郷土博物館で、無料です。
no title

大きな木彫の千葉常胤の像が置いてありました。
千葉常胤
は源頼朝が石橋山の戦いに敗れ逃れる時、迎え入れ、反撃するのを援助した武将です。
亥鼻城は千葉氏の居城だった所から千葉城と呼ばれ、千葉市の名前の由来でもあります。後に、千葉氏は本佐倉城へ移城し、亥鼻城は廃城になり、天守閣を持たない城でした。
no title

天守に登ると金網が張り巡らされており、いい写真が撮れません。
私が上ってきた方面で、文化開館が見えています。
no title

桜の周りには露店が並んでいました。
no title

天守は殺風景でした。休憩所といった感じです。
no title


no title



no title

no title

城の堤
no title

大賀ハスとコアジサシとケヤキがデザインされているマンホールの蓋です。
no title

再びモノレールで千葉駅に向いました。
no title

no title




モノレールとJRの連絡通路に警察のマスコットキャラクターがいました。
no title


no title

つづく・・・国立歴史民族博物館へ





南熱海へ


2018.4.2 

2月の宮古島諸島への旅以来お付き合いさせていただいている横浜のMさんご夫妻からのご招待を受け、別荘として利用されているは網代のマンションを訪問して来ました。
マンションは国道135号線沿いに位置し、道路に近い棟とその5Fと連なる山沿いの棟の二棟があり、道路寄りの棟の屋上にはプールがあります。



P_20180402_134532


11時頃到着し、すぐ目の前に海を眺めながら、ベランダでゆっくりとお茶をいただき、すぐ近くの海鮮料理のお店に連れて行っていただきました。
お刺身三種、サバの味噌煮、イカのかき揚げ、のランチセットに鰺のタタキを追加で注文しました。
生簀からあげたものをさばいた鮮度抜群の鰺、活造りにした中骨に付いた頭はしばらく口をパクパクさせていました。
お薦めのお店だけあって、大満足の昼食でした。

P_20180402_124301

真正面に初島を望むことができました。
春霞で水平線ははっきりしない状態でしたが、手前の海岸近くは水が澄み底がきれいに見えました。
P_20180402_133435



P_20180402_133441












チューリップ満開


2018.3.31

3日間の旅から帰ると、少し咲きだしていたチューリップがすっかり満開になっていました。
no title

no title

no title



no title

no title

no title

no title


no title

 IMG_6776


no title

no title

no title


IMG_6763

IMG_6764






菜の花の中を走る列車


2018.3.29 

千葉県小湊鉄道で養老渓谷駅で下車し、途中道を間違えたりしながら石神の菜の花畑に着きました。
線路の両側に菜の花畑が広がっている場所です。ここで1時間に1本位しか走らない列車を撮影してきました。
IMG_6427

IMG_6428

デジブック・フルウインドウで菜の花畑を走る列車を御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
菜の花畑を走る列車





帰り

大多喜城へ行き城下町を歩いて3日間の旅を終え今、バスで羽田空港へ向かってます。
羽田空港までは一時間の予定です。
日本人は私ともう一人、他は外国人が多数です。。


P_20180330_144939

上総中川の土手

タイトルの場所ですが菜の花はまだでした。風が強く寒いからかな?今も寒いです。

列車が来るのを待っています
P_20180330_125959

総元駅

P_20180330_120833

総元

ムーミン電車を待ってます

P_20180330_111941

今日は小湊鉄道

小湊鉄道の養老渓谷で、菜の花と列車を撮影。
帰りは飯給に下車して、桜を撮りました。
写真はカメラで撮ったので、後ほどに!

菜の花畑だけスマホで撮りました
P_20180329_125847



上総国分寺も行きました

P_20180329_103736

さとみ駅

P_20180329_121127

上総村上駅

今、上総国分寺を見て上総村上駅です
P_20180329_103736P_20180329_111820

今、佐倉城跡で桜鑑賞

2018−3−28


P_20180328_152027

PANO_20180328_154454


P_20180328_160037

花屏風
P_20180328_181838_1

今、千葉城

2018−3−28

今、千葉城です
P_20180328_130452




この後佐倉城跡へ行きます

湯河原ー5 湯河原駅前


2018.3.3 

湯河原駅舎と駅前広場は2017年10月に新しくなり、
駅から大屋根が伸びていました。
no title



no title


no title

源頼朝の旗揚げに駆けつけた土肥実平と夫人の像が立っていました。
no title

no title

no title

駅前広場の南(海側)は一段低くなっています。
湯河原駅は山の斜面に建っている駅です。
no title

ホームから北側を見るとこのように山の斜面です。
IMG_5360

改札を入ると湯河原温泉と描かれたタペストリーが飾ってあり、その横に温泉に入る姿の狸の木像が置かれていました。
no title

no title

狸が見つけた温泉のお話
IMG_5358

湯河原駅構内の地下通路には湯河原梅林のポスターがずらりと貼られていました。
no title

湯河原おしまい


湯河原−1 久しぶりの湯河原梅林
湯河原ー2 西村京太郎記念館
湯河原−3 西村京太郎・鉄道ジオラマ
湯河原−4 五所神社
湯河原ー5 湯河原駅前


湯河原−4 五所神社


2018.3.3 

西村京太郎記念館の次は五所神社へ行きました。
五所神社の向かいには樹齢800年と言われている大きな楠木が立っていました。
no title

根回り15.6mです。湯河原町指定文化財 明神の楠とかかれていました。
写真をクリックして拡大画面で見ると大きさがわかります。
no title

写真をクリックすると拡大し読みやすくなります。御所神社と楠について書かれています。
no title


幹は貫通した穴が空いていました。
no title


no title


no title

no title

no title


御所神社の鳥居
no title

no title

源頼朝が挙兵した時、土肥の館に招き、戦勝祈願した神社です。
no title

no title

御神木
no title

no title

no title

no title

no title


苔生した燈籠が左右に立っていました。

no title

no title

えびす像
no title

本堂
no title


no title

つづく・・・湯河原ー5 湯河原駅前


湯河原−1 久しぶりの湯河原梅林
湯河原ー2 西村京太郎記念館
湯河原−3 西村京太郎・鉄道ジオラマ






湯河原−3 西村京太郎・鉄道ジオラマ


2018.3.3 

西村京太郎の小説は必ずと言っていいほど列車が出てきます。大の列車好きです。
no title

no title

ドイツの小型蒸気機関車とワンゴリー社のオリエント急行・ゴールデンマウンテン、ゴールデンアロー号 縮尺1:22.5

no title

no title


部屋の中央に鉄道ジオラマが設置され、列車が走り、殺人現場が見られます。
no title


no title

殺人現場を探したり、電車を走らせたりしてしばらく楽しみました。
no title

パトカー発見、でも死体はありません。
no title

死体発見
no title

ここにもパトカーがいました。海の傍なので殺人現場の可能性あり。
パトカーの向こうに人が何人かいます。
no title

警官が物見客を止めています。
白い布が掛けられその下に死体があります。
no title

池のそばに二体の死体を発見。
no title








no title

トンネルを4つも造っています。
no title

北陸新幹線
no title

no title

現実にはありえない北陸新幹線と小田急ロマンスカーのすれ違いです。
no title

no title


列車の大集合です。
no title

no title

持ち運び用鉄道ジオラマにはしっかり手錠をかけて持っていかれないようにしてありました。
no title

写真をクリックすると拡大します。
no title

推理小説好き、鉄道好きにとって楽しい記念館です。
西村先生は記念館と同じ建物に住んでいるそうで、ふらっと訪れる時があるそうですが残念ながらこの日は駄目でした。日曜日に来ることが多いそうです。


最後に記念に西村京太郎サイン入りの本を一冊購入しました。
前に並んでいた女性は常連らしく本だけ数冊購入していました。
no title

no title

そして、1Fでコーヒータイムにしました。
西村京太郎サイン入りカップは+900です。帰りに同じカップを持って帰れます。
no title

no title

窓からの景色です。
no title


no title



つづく・・・
湯河原−4 五所神社

湯河原−1 久しぶりの湯河原梅林
湯河原ー2 西村京太郎記念館


湯河原ー2 西村京太郎記念館


2018.3.3

湯河原駅に戻り、駅舎そばにCafeウエストを見つけ、遅い昼食をとりました。
IMG_5355

お薦めはミックスサンドイッチでした。しっとりパンと中身が詰まった美味しいサンドイッチでした。
サンドイッチ好きの方にお薦めします。
no title

昼食の後、前から訪ねたいと思っていた西村京太郎記念館に行きました。
no title

一階はCafeにしむらでここから入ります。
no title

西村京太郎記念館の前は川があり桜の木が植わっていました。桜の季節に来るのも良さそうです。
no title



玄関に入るやいなや殺人事件発生
no title

血痕が二階へ続いています。
no title

入口横に列車が好きな西村京太郎の人形、Tシャツと色紙がおかれていました。
no title

no title

no title


チケットをCafeのレジで購入します。
no title


IMG_5302

2Fを見学した後、Cafeで飲み物が飲めます。飲み物込のチケットです。
no title


no title

本棚にぎっしり西村京太郎の作品が並んでいますが、自由に手にとって読めないのが残念です。入口にソフトバンクの「ペッパーくん」が立っていたと思ったら富士通のエノンくんでした。ペッパーくんとは顔が違いました。
no title

案内役の名前はエノンくんです。
no title

エノンくんから西村京太郎先生がご挨拶です。
no title

西村京太郎が大井川鉄道のSLに乗って取材旅行に行ったときの映像が流されていました。
no title

TVドラマの「十津川警部」の場面の写真がありました。
渡瀬恒彦、伊東四朗コンビが一番しっくり来るかな。
no title
no title

原稿や愛用パイプが陳列されています。
no title

直筆原稿の字はサインの字体と同じ感じです。
no title

登場人物のメモ書き
no title

古い列車時間表、時刻表ではなく時間表だったのです。
no title

no title


西村京太郎、最初の本です。
no title


no title

IMG_5250


平成30年度の新作です。
IMG_5246

鉄道と無関係の題名の「初恋」を読んでみたいと思い、早速、図書館で借りてきました。
著者の言葉
「刑事にだって、もちろん初恋はある。それも幼い頃の漠然とした思いではなく、成人に達してからの具体的な恋である。十津川の初恋は湘南の匂いに結びついている」
no title

十津川警部は日本各地に出かけていることがわかります。
特に、観光地が多く食べ物が美味しい北海道が多く、海外にも出かけています。
no title

IMG_5262


no title




西村京太郎が推理小説の意味を対談で語った記事です。
赤で囲ったところは私が共感できる所です。
写真をクリックすると拡大します。
IMG_5248


愛用ライター
no title

no title

no title


つづく・・・
湯河原−3 西村京太郎・鉄道ジオラマ

湯河原−1 湯河原梅林






ユスラウメ満開


2018.3.20 

ユスラウメが満開になりました。
IMG_6021

IMG_6013










記事検索
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード