2014.1.30


宿院からチンチン電車に乗ってふた駅、御陵前で降り南宗寺(なんしゅうじ)へ行きました。
南宗寺


宿院駅
no title


電車を降りて少し歩くと瓦塀の上に大きな蘇鉄が見えてきました。
この寺が南宗寺です。
no title

総門「龍興山」と書かれています。脇から中に入っていきます。

no title

no title

南宗寺受付までは少し距離がありそうです。
no title


総門をくぐるとまっすぐ参道が続いています。
no title


総門の裏壁ははげ落ち、時代を感じさせてくれます。
no title

すばらしい瓦塀です。
no title


1647年(正保4年)の建立で、国指定の重要文化財となっている堂々たる甘露門です。
no title

裏から撮った写真

no title





no title


銭を屋号に持つ堺の商人松江宗庵が母徳泉を弔うために、慶安元年(1648年)に創建した「徳泉庵」でここから中へは入れません。

no title



門から見える景色です。手入れが行き届いています。右に「陵泉堂」があり、鳥居も見えます。
no title



no title

鐘楼
no title



海会寺:

宿松山海会寺は臨済宗東福寺派で、堺でも古くから
建てられた寺院のひとつです。
 正平6年(1351)、乾峯士曇(かんぽうしどん)が開山で、当時この寺院は、
開口神社の西門前にありました。  非常に大きな寺院で、
塔頭(たっちゅ)も5院をもち、寺領300石であったと伝えられ
ています。 今もこの旧地には金龍水(こんりゅうすい)と呼んでいる
井戸が残っています。
 当寺第5世と思われる季弘大叔(きこうだいしゅく)が文明16年(1484)
から同18年にわたる「庶軒日録(しょけんにちろく)」という日記を残しており、
遣明貿易で栄えつつあった当時の堺の姿がわかる
唯一の資料となっています。
 その後、荒廃したので古渓宗陳が天正13年(1585)に、
現在の祥雲寺の処に再興をしました。 大坂夏の陣(1615)
で焼失したが、その復興には至らなかったので、南宗寺の
住職であった沢庵宗彭(たくあんそうほう)の助力によって、南宗寺の
寺域に再興されました。
 本堂庫裏及び門は重要文化財に指定されています。



no title


大きな緑は蘇鉄でしょうか?
no title






黄色い花はロウバイ。
no title


no title




no title


外から見た南宗寺の仏殿。この中に有名な天井画「八方睨みの龍」があるのです。
no title



天慶院ですが中には入れません。
no title

no title


つづく・・・・ 南宗寺 家康伝説


大阪&堺シリーズ

1.女性専用車両
2.堺市役所からの夕日
3.菅原神社〜千利休屋敷跡