2014.1.30

いよいよ南宗寺です。受付で拝観料を払い、ボランティアガイドの女性が私一人のためにガイドしてくださいました。

南宗寺は戦国武将の三好長慶が父・元長の菩提を弔うため、弘治3年(1557)に大林宗套を開山として建立した寺です。

大坂夏の陣で全焼しましたが、沢庵(たくあん)和尚によつて1617年に再建されました。
茶道の大成者、千利休(せんのりきゅう)や武野紹鴎
(たけのじょうおう)らがここで修行したといわれ、利休ゆかりの茶室「実相庵」(じっそうあん)や、遺愛の手水鉢などが残っています。また、枯山水の庭園は古田織部好みといわれ昭和58年に国の名勝に指定されています。


no title


重層で、内部には徳川秀忠、家光の御成を記した板額が掲げられているという「座雲亭」です。
徳川家康は後藤又兵衛の槍に倒れて、埋葬され墓が南宗寺にあるのです。
すごいことですね。


no title


IMG_2795K


秀忠、家光が御成した日付が記されている板額です。
no title


千家一族の供養塔、左から津田宗及、津田宗達・・・・
no title

中央が千利休の供養塔です。
no title

そばには利休好みの椿が植わっています。
no title


no title


千利休の師である武野紹鴎の墓
no title


三好一族の墓
no title


開山堂跡:
南宗寺は三好長慶が開山した寺であるが、大阪夏の陣で消失しました。しかし、沢庵和尚が再建したので中興の開山の祖とよばれています。その沢庵和尚を祀る建物を開山堂として建設されましたが、昭和20年の空襲で焼けてしまいましたのです。
開山堂の床下にあったのが写真の卵型の無名碑と石板です。

no title


開山堂の床下から出てきた石版に刻まれているのは「無銘ノ塔 家康サン諾ス 観自在の文字です。
中央の行に「家康」の文字が見えます。写真をクリックして拡大するとよくわかります。
これは家康が後藤又兵衛に槍で突かれ、命を落としたとする説の根拠です。

日本経済新聞にも下記の記事が掲載されています。謎の多い家康の墓伝説です。
http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXNASIH22004_T20C12A8AA2P00&uah=DF271220109157

大阪日日新聞
https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/oskroman/121130/20121130030.html

no title



方丈の縁から枯山水の庭が眺められます。
国指定の名勝で、古田織部好みと言われています。
no title



ガイドさんに教えてもらいましたが、砂の模様は時々変わるそうです。

no title




no title


市松模様に円が描かれ水の流れを現しています。
no title


緑と白の境目がくっきりしているのが古田織部好みらしいです。
中国の逢菜山からの流れた水が海へ流れ実相庵の前へと流れているそうです。
no title

利休好みの実相庵茶室。
no title


にじり口
no title


水琴窟 非常に澄んだ音がしました。
no title


半井ト養は宗久の娘婿です。
no title


no title


徳川の紋ののれんがかかる石には「徳川家康墓」と書かれています。
この場所には文政年間に東照宮拝殿があったのです。しかし、空襲に会い焼けたので
昭和42年、水戸徳川の家老の末裔、三木啓次郎によって建立されたのです。
裏には寄贈者として松下幸之助の名前も彫られていました。
no title


no title


no title



東照宮へ通じる唐門です。
no title


no title

瓦には「葵の紋」が入っています。
no title


以上、家康伝説です。


no title


つづく・・・ 南宗寺 八方睨みの龍

大阪&堺シリーズ

1.女性専用車両
2.堺市役所からの夕日
3.菅原神社〜千利休屋敷跡
4.南宗寺内の寺