2014.2.1


天神さんの境内に入りました。

立派な屋根を持つ手水舎(ちょうずや)です。清めて天満宮の中へと進んで行きます。
no title


宿車:天神祭の山車が格納されているんでしょうか?天神祭は神輿、山車が街をを練り歩き、最後は、奉安船や供奉船が大川へ出航し、花火が上がり祭りが盛り上がります。

no title



本社と神楽殿を結ぶ渡り廊下の下を通り裏へと向かいます。

no title


no title



菅原道真が学問の神であるため、大きな学帽が奉納されています。

no title




梅の花が咲けば綺麗でしょう。

no title




no title




参集殿

no title



鳳神興と玉神輿を納めている蔵です。二つの神輿の由来は下記写真をクリックしてお読みください

no title


no title



日曜日だからでしょうか?子供とくつろぐお父さんの姿が境内で見られました。
no title


東にある三番目の門です。締まっています。

no title






no title



北に位置する西向きの四番目の門

no title



北向きの五番目の門

no title


本社の裏側

no title

no title

六番目の門

no title



門の外には「繁昌亭」という上方落語の小屋がありました。
戦後60年の悲願の末にできたものです。

下記URLで内部の様子や上方落語家一覧が見られます。

http://www.hanjotei.jp/index.html

no title



no title



もう一度境内に戻りました。

明治35年の参集殿に使われていた鬼瓦です。


no title



菅原道真の生涯を博多人形で現わしていました。

太宰府から贈られたのです。

no title


正月の書き初めの作品でしょうか?境内に展示されています。

no title


本社を側面から撮影

no title



目を引くスクータが停まっていました。流線型の形と色合いが素敵です。高価なスクーターなのでしょうが無造作に置いてありました。

no title


つづく・・・・・中之島東の先端



大阪&堺シリーズ

1.女性専用車両
2.堺市役所からの夕日
3.菅原神社〜千利休屋敷跡
4.南宗寺内の寺
5.南宗寺 家康伝説
6.南宗寺 八方睨みの龍
7.美々卯
8.鉄砲鍛冶屋敷
9.山口家住宅
10. 寺が並ぶ界隈
11.妙国寺の蘇鉄
12.堺伝統産業会館

13.阪急オフィスタワー
14.天神さんー1表門