2014.2.1

新しいビルに挟まってレトロなビルが健在です。北浜には多くのレトロビルが残っています。取り壊される前に見ておきたいものです。

no title


中之島にはバラ園があるのをご存知ですか?
約310種、約3,700株植わっているそうです。春には見事な花を咲かせてくれることでしょう。
no title



二月は葉の色を楽しむのが良さそうです。バラは寒くなると葉を落として休眠するものですがまだ葉がいっぱい付いています。中之島は暖かいためでしょうか。
no title



こちらは緑の葉です。
no title

中央に「ばらぞの橋」がかかっています。橋を越えてもバラは続き、大阪市中央公会堂が見えてきます。
no title


no title



no title



1960年のプレートが埋め込まれており、バラ園が整備された年かな?と思ったのですが、10年刻のプレートが続いています。これらのプレートは、このゾーンは〇〇年台に作られたバラという意味でした。

no title



no title


見えてきた橋は「難波橋」です。
no title


土佐堀川・中之島公園・堂島川をまたぐ堺筋に架けられている、全長約190mの橋。橋詰の4ヶ所に、阿(あ)と吽(うん)それぞれ2体の石造のライオン像が配置されていることから、「ライオン橋」の愛称でも親しまれています。(写真を撮り損ねました)
江戸時代、この橋は堺筋の西隣にある難波橋筋に架かっていた木橋で、北詰は樋之上町、南詰は北浜一丁目、橋長約207m、橋幅約5.7mの、幕府直轄の公儀橋だったとのこと。反り橋だったため、周辺の16橋や遠くの山々を眺めることができ、橋の上は花火見物や夕涼みの一等桟敷となるなど、絶好の行楽地としてにぎわっていたそうです。
明治45年(1912)、市電堺筋線を北浜から北の天神橋六丁目へと延伸する際に、現在の位置に移動しました。



no title


no title



no title

難波橋浮世絵
難波橋浮世絵





no title



no title


木橋時代
木橋の難波橋


時計台があるレトロビル
no title


つづく・・・中央公会堂

大阪&堺シリーズ

1.女性専用車両
2.堺市役所からの夕日
3.菅原神社〜千利休屋敷跡
4.南宗寺内の寺
5.南宗寺 家康伝説
6.南宗寺 八方睨みの龍
7.美々卯
8.鉄砲鍛冶屋敷
9.山口家住宅
10. 寺が並ぶ界隈
11.妙国寺の蘇鉄
12.堺伝統産業会館

13.阪急オフィスタワー

14.天神さんー1表門
15.天神さんー2

16.中之島東の先端