2016.3.25

娘家族が仁和寺境内を歩いている間に、私たちは昼ご飯を食べる場所を探すことにしました。

仁和寺仁王門の前からまっすぐ伸びる道路があり、そこにいくつか食事処があり、その中の一軒でみんなで昼食を済ませました。
no title


道路の突き当りに御室駅と書かれた駅があるのを発見し、電車で仁和寺へ来れるのだと認識しました。嵐電北野線です。
no title

no title

踏切の向こう見える丘は双ヶ丘です。双ヶ丘には6世紀後半から7世紀前半に築かれた24基の古墳があり、総称して双ヶ岡古墳群と呼ばれています。
no title

食事をした後、嵐電に乗り、北野天満宮へ向かいました。
no title



no title


no title

グリーンの電車は江ノ電号です。嵐電と江ノ電は姉妹提携しているのです。
no title

乗車した電車です。「えびす屋」という文字が書かれ、太秦の映画村のプレートが掲げられていました。
P_20160325_135959


結構混んでいました。
P_20160325_135808

親切ですね。お、も、て、な、しの心。
P_20160325_135723


御室駅ー妙心寺ー竜安寺ー等持院ー北野白梅町駅でした。
no title

no title

蚤の市が立ち、多くの人でごった返していた北野天満宮です。
no title

外国人の姿も沢山見ました。
no title


外国人目当てと思われる着物が売られていました。
no title

可愛い陶器。
no title

手作り楽器
no title

孫と共に手に取り楽しみました。金属製の音でした。
no title

着物が「袋に詰め放題2千円」とは驚きです。最近、着物を着ることが少なくなり、余っている着物がこのような場所に出回ってきたようです。外国人が喜んで試着していました。
no title

no title

孫が前から欲しいと言っていた木のスプーンを物色中。
no title

天満宮楼門まで屋台が並んでいます。
no title

振り向くとこの状態です。人の波です。
no title


no title

中門

no title

拝殿。
北野天満宮は平安時代の菅原道真を祀る学問の神様です。
no title


no title

no title

「成績が上がりますように!」かな?
no title

帰りは裏道を通りましたが、ここもテントが張られ、いろいろなものが売られていました。
no title

上七軒の舞妓さんたちの「北野おどり」の演舞場がこの先にあります。
no title

つづく・・・京都ー27 金閣寺

15.京都ー15 ホテルオークラ別邸粟田山荘
16.京都ー16 粟田神社
17.京都ー17 青蓮院門跡の庭園
18.京都ー18 青蓮院門跡の建物内

19.京都ー19  青蓮院門跡前のCafe
20.京都ー20 夜の木屋町通り

21.京都ー21 先斗町

22.京都ー22 仁和寺へ
23.京都ー23 仁和寺宸殿
24.京都ー24  仁和寺 黒書院・霊明殿
25.京都ー25 仁和寺境内