花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

鳴子峡の紅葉−3 展望デッキより


2009.10.31

鳴子峡駐車場にある展望デッキからの紅葉風景ですが、小雨で見通しが悪く残念ですが下の写真の状態でした。
IMG_6269-1

少しでも紅葉の様子を楽しみたいと補正を加えた写真が以下です。
IMG_6285(1)

IMG_6266

IMG_6292


IMG_6311

IMG_6312


IMG_6315

IMG_6268(1)

IMG_6289(1)

IMG_6294(1)

IMG_6301(2)

おしまい
鳴子峡の紅葉−1 鳴子峡入口から
鳴子峡の紅葉−2 大深沢遊歩道 
鳴子峡の紅葉−3 展望デッキより







鳴子峡の紅葉−2 大深沢遊歩道 


2009.10.31

鳴子峡歩きはこの先通行止めの為、階段を上り大通りへ出ました。
IMG_6191

階段を登った時に見た紅葉です。
IMG_6192

IMG_6196

IMG_6202H

上り切ると山が紅葉した木で埋めつくされていました。
IMG_6205H

明るい紅葉の中、車道を歩きました。
IMG_6210

IMG_6209(1)

初めての大深沢遊歩道に入りました。
IMG_6213

赤紫の線が大深沢遊歩道です。地図を見ると鳴子峡の2/3が通行止めです。
SN00003


IMG_6217

IMG_6219

IMG_6224

IMG_6234

IMG_6236

何とか保って欲しいと願っていた空模様ですが、ついに雨が降り出しました。
道も沢道になってきました。
IMG_6238

IMG_6239

IMG_6240

大深沢の説明板です。重要な街道の一つだったようです。
IMG_6241

IMG_6243


IMG_6244

IMG_6246

落ち葉で滑らないよう、気をつけなければならない場所でした。
IMG_6247

IMG_6248

IMG_6250

IMG_6251

IMG_6254

IMG_6255

IMG_6257

IMG_6259(1)


IMG_6262

鳴子峡駐車場にあった温度計は10℃でした。とにかく寒かったです。
IMG_6264

大深沢遊歩道は整備された歩きやすい遊歩道でした。
小雨降る中でしたが色とりどりの紅葉を楽しめました。
晴れていればもっと素晴らしい紅葉だったと思います。

つづく・・・鳴子峡の紅葉−3 展望デッキより

鳴子峡の紅葉−1 鳴子峡入口から

鳴子峡の紅葉−1 鳴子峡入口から


2009.10.31

2009年10月31日に鳴子峡の紅葉を見に行ったときの記事です。
SN00001

仙台から陸羽東線に乗り鳴子温泉駅で下車し、バスに乗りました。以前駅から鳴子峡まで歩いたことがありますが少し遠いので今回はバスを利用しました。
SN00002

IMG_6148

IMG_6149

大谷川沿いの道を歩きます。
IMG_6150


IMG_6153

最初のうちは川幅は広く緩やかな流れです。谷はそんなに深くありません。
IMG_6160

IMG_6161

曇っていたので紅葉狩としてはもうひとつでした。
IMG_6163H

IMG_6173

IMG_6174

IMG_6177

IMG_6179


IMG_6181

IMG_6182

IMG_6184

IMG_6186

IMG_6187


IMG_6188

ここから切り立った岩の下の狭い遊歩道を歩けると楽しみにしていましたが、がけ崩れで通行止めになっており、上に上がり大深沢遊歩道経由になりました。
IMG_6190

つづく・・・鳴子峡の紅葉−2 大深沢遊歩道 



 

窓の外は秋色


2023.11.27

今年の秋は、暑さと寒さの繰り返しで、本格的な秋がない気がしていましたが、窓の外の風景はやっと秋色になってきています。

リビングから
1701051887665

IMG_4158

IMG_4184

IMG_4189

IMG_4188-1

二階より
手前の花は庭の皇帝ダリアです。
1701054096432


2020年の皇帝ダリアの記事

八幡平・御在所−3  御在所湿原


2003.10

御在所沼からの帰りは御在所湿原を歩きました。
SN00001

晴れ渡り暑くて、ブルゾンは脱ぎセーターで歩きました。
DSCF0033

DSCF0034

DSCF0035

DSCF0036

DSCF0037

DSCF0038

DSCF0042

DSCF0047

バスの時間まで少し時間があったので最後に八幡平第2スキー場へ行きました。
DSCF0048

スキー場から見えた赤沼(五色沼)です。
DSCF0050

おしまい

 八幡平・御在所ー1 黄葉
八幡平・御在所−2 赤沼(五色沼)&御在所沼
八幡平・御在所−3  御在所湿原



八幡平・御在所−2 赤沼(五色沼)&御在所沼


2003.10.
御在所バス停の近くに「赤沼(五色沼)」という案内標識がったのでそちらへ足を延ばしました。
SN00001

上から見た五色沼です。赤沼は酸化鉄が含まれており、色が変化するので五色沼と呼ばれています。
冬でも凍りません。
DSCF0017

御在所沼に向かいました。
DSCF0018

細い道を進みました。
DSCF0019

石段がありその先はどこにつながっているのかわかりません。
DSCF0021

DSCF0022

DSCF0023


DSCF0024

御在所沼です。
DSCF0025

DSCF0026

DSCF0027

DSCF0028

DSCF0030

つづく・・・八幡平・御在所−3  御在所湿原

八幡平・御在所ー1 黄葉




八幡平・御在所ー1 黄葉


2003.10.

所用で仙台に出かけた折り、紅葉の季節でもあり、足をのばし八幡平山頂を歩こうと盛岡から八幡平行き路線バスに乗りました。八幡平山頂手前で黄金色に輝く見晴らしの良いところを通り、思わず下車してしまいた。降り立ったのは御在所というバス停でした。下車したのは私一人だったと思います。八幡平山頂には翌年か翌々年に出かけましたが写真がドライブに残っていませんでした。
写真は20年前のコンパクトデジカメのため満足な写真ではないですがご覧ください。
DSCF0003-1

DSCF0003-2


SN00005


DSCF0009

DSCF0011

DSCF0012

DSCF0014

DSCF0015


つづく・・・八幡平・御在所−2 赤沼(五色沼)&御在所沼


箱根紅葉−5 箱根登山電車


2011.11.21

箱根美術館のもみじの紅葉を外から眺めた後、強羅駅に向かいました。
IMG_9161

IMG_9163

コムラサキシキブの実がたくさんついていました。花は6月頃咲きます。
IMG_9164

山小屋風の強羅駅に到着しました。
IMG_9165

IMG_9166

箱根登山鉄道の電車の車体の赤はスイス・レーティッシュ鉄道のベルニラ急行に使用されているのと同じ色です。箱根登山鉄道と鉄道提携を結んでいます。
2014年にはアレグラ号という新しい車体が導入されて、開口部が大きく箱根の自然の景観をより一層楽しめます。
IMG_9168

急カーブです。
IMG_9170


IMG_9172

IMG_9173

IMG_9175

IMG_9176

スイッチバックで上り下りする登山電車です。
IMG_9177

下から上ってきた電車です。
IMG_9178

















ここでスイッチバックして上っていきます。
IMG_9179

強羅‐湯本を40分間前後で走っている箱根登山電車でした。

おしまい

箱根紅葉−1 箱根ロープウエイ
箱根紅葉−2 大雄山最乗寺箱根別院
箱根紅葉−3 帰り道
箱根紅葉−4 神仙郷
箱根紅葉−5 箱根登山電車



箱根紅葉−4 神仙郷


 2011.11.21

中強羅入口バス停から強羅駅まで、坂道をブラブラ歩きました。
IMG_9125

IMG_9126

SN00004

IMG_9127

IMG_9128

IMG_9129

IMG_9131

IMG_9132

奥津城(墓所)入口の看板を見つけ行ってみました。
IMG_9136

丸いドーム状の墓らしきものがありました。
世界救世教の聖地で、このあたりを神仙郷といい、国指定名勝です。箱根美術館も含まれています。
https://sekaikyuuseikyou.or.jp/sacred/hakone
IMG_9134

秋咲き桜がありました。
IMG_9138

IMG_9145

箱根美術館の観山亭が外から見えていました。
IMG_9139

箱根美術館は紅葉で有名です。外から撮影した紅葉です。IMG_9147

IMG_9148


IMG_9150

IMG_9154

IMG_9153-1

IMG_9155

IMG_9160

つづく・・・箱根紅葉−5 箱根登山電車
箱根紅葉−1 箱根ロープウエイ
箱根紅葉−2 大雄山最乗寺箱根別院
箱根紅葉−3 帰り道






箱根紅葉−3 帰り道


 2011.11.21

紅葉の写真を撮影しながら来た道を戻りました。
IMG_9068

IMG_9069

IMG_9072

IMG_9075

IMG_9076

IMG_9084

IMG_9087


IMG_9100

強羅駅へ通じる道に出られそうなので脇道に入りました。
IMG_9105

IMG_9107

IMG_9108

IMG_9109

IMG_9111

IMG_9112-1

IMG_9118


IMG_9122

出てきた所で振り向くと「強羅花扇」と矢印があったので、その庭を歩いて下りて来たようでした。
IMG_9124

つづく・・・箱根紅葉−4 神仙郷

箱根紅葉−1 箱根ロープウエイ
箱根紅葉−2 大雄山最乗寺箱根別院






箱根紅葉−2 大雄山最乗寺箱根別院


2011.11.21

箱根ロープウエイ終点の早雲山駅で降りると、ほとんどの人はここからケーブルカーに乗り換え強羅駅へ下っていきます。駅の外へ出て進むと大雄山最乗寺箱根別院がありそちらに行くと紅葉が見られます。私が好きな隠れた紅葉スポットです。
SN00003

大雄山最乗寺は南足柄にある古い寺院です。
https://daiyuuzan.or.jp/
IMG_9035

別院までの坂道では柔らかい色合いの紅葉の木に出会いました。
IMG_9039

IMG_9042

IMG_9046

IMG_9048

IMG_9050

IMG_9051

IMG_9055

IMG_9056

大雄山最乗寺の天狗が箱根別院にもいました。
IMG_9057


IMG_9058

鐘楼
IMG_9060

鐘楼の屋根は苔が生えていました。
IMG_9099

赤い欄干の本堂です。
IMG_9062

IMG_9091

天狗の下駄
IMG_9097


八角堂
IMG_9065

印塚
IMG_9066

温泉がある建物です。以前は立ち寄り湯がありました。以前、訪ねたときは湯船が一つで簡素な着替え室があるだけの温泉でした。湯船がひとつなので混浴でした。温泉に浸かると正面に明神ヶ岳全貌を眺められる気持ちの良い温泉でした。
IMG_9089

IMG_9090

つづく・・・箱根紅葉−3 帰り道
箱根紅葉−1 箱根ロープウエイ


箱根紅葉−1 箱根ロープウエイ



2011.11.21

2011年11月21日に箱根ロープウエイで早雲山駅まで行き強羅駅に降りて帰った時の箱根の紅葉の写真が見つかったのでブログにしました。
SN00001

桃源台駅から早雲山駅まで約25分間の空中散歩です。
IMG_9014

IMG_9015

大涌谷までは紅葉はありません。
IMG_9016

大涌谷駅が見えてきました。
IMG_9020

大涌谷の上をゴンドラは進みます。
IMG_9022

IMG_9023

強羅側に降りはじめると紅葉の山が現れました。
IMG_9027

IMG_9028

IMG_9030

IMG_9031

早雲山駅で改札を出ると、明神ヶ岳と眼下に宮城野の町が見えました。
IMG_9033

IMG_9034



つづく・・・箱根紅葉−2 大雄山最乗寺箱根別院





 

沖縄−19 丘の上の料理工房SARA


2011.10.25(四日目)

行きたいレストランがあるとの息子たちの希望で読谷村へ戻りました。
IMG_8414

58号線から外れて民家の間を通り丘の上へでると、今までの沖縄で見たことが無い新しい高級住宅が並ぶ一角がありました。「SARA」というレストランということで8つの目で探すが見つけられず、住宅街をぐるぐる回り、あきらめかけた頃、家内が看板を見つけました。ビルの1Fでした。
パン工房と一緒になっていました。
IMG_8441


SN00004

入口を入るとかなりのお客さんが入っていました。
IMG_8419

IMG_8420

そよ風を感じ、広がる景色を見ながらのランチは最高でした。
IMG_8424

IMG_8422

SN00005

野菜たっぷりの島カレーは辛かったです。
IMG_8425

IMG_8426

IMG_8428

JALの飛行機の中で貰った冊子「ちゅらナビ」にあったクーポンで貰った「島フルーツソーダ」です。
IMG_8427

パンの写真を撮り忘れましたが、焼きたての温かいパンが食べられ、どれも大変おいしいかったです。
何種類かのおかずとパンをシェアして食べるのが良い店です。パンを目当てに来ている客も沢山いました。


経営者は小さい子供がいる大阪・高槻出身の大阪弁を話すお話し好きの若奥様でした。
枚方出身の家内と話が弾んでいました。「丘の上の料理工房 SARA」は2011年4月に開いたばかりで沖縄TVや雑誌で取り上げられ、徐々にお客さんが増えてきたとのことでした。料理教室や季節のイベントを開催して、多くの人が集まる場所にしたいようでした。
旦那さんは料理人で、「メニューの無いビストロ  皿の上の自然」を恩納村でやっているとのことです。こちらは一日2組のみの予約制だそうです。インターネットを見ると予約が取りにくいようでした。ランチは「丘の上の料理工房 SARA」、ディナーは「メニューの無いビストロ 皿の上の自然」が良さそうです。

IMG_8435

IMG_8416


この後、日航アリビラに寄り、孫が「海へ行く」と言うので一緒に出かけました。
IMG_8448


IMG_8449

「海へ行く、行く」と言っていましたが、海の中に入るのは怖いらしく写真の所まででした。
IMG_8455

IMG_8464


15時半ごろホテルを出て、レンタカーを返して空港へ向かいました。そして、最後に沖縄名物
「沖縄そば」と「タコ飯」を食べ、18:45発の飛行機に乗りました。
IMG_8471

IMG_8470

天気に恵まれ、青い空と碧い海を満喫できた旅でした。

おしまい


沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット
沖繩−11 古宇利島へ
沖繩−12 屋我地島
沖繩−13  古宇利島
沖繩−14 今帰仁(なきじん)城跡
沖繩−15 ビーチを散歩
沖繩−16 リザンシーパークホテル谷茶ベイで夕食
沖繩−17 朝の散歩 
沖縄−18 万座毛
沖縄−19 丘の上の料理工房SARA


沖縄−18 万座毛


2011.10.25(四日目)

11時過ぎに息子が車で迎えに来てくれ、「万座毛」へ出発しました。
SN00003

「万座毛」の駐車場は狭いのでシーズンにはすぐ一杯になりそうでした。
駐車場の周りは「お土産品売店」が並んでいますが観光客は少ししか入っていませんでした。
IMG_8362

「ゆいまーる」は沖縄の方言で助け合いを表す言葉です。 共同作業を必要とする農業から来た言葉だそうです。 「ゆい」は(結い、共同・協働)、「まーる」は順番が回る、「相互扶助」を順番に平等に行う「助け合いの心」を意味します。
「めんそーれ」は「いらっしゃい」という意味です。
IMG_8364

IMG_8365

お土産売り場から狭い道を入ると突然、開けた芝生の広場に出ました。
この芝生が万座毛です。
IMG_8368


万座毛とは
琉球王朝の王である尚敬王が、「万毛(毛は原っぱのこと)」(言い換えると「一万人が座れる広い原っぱ」)と評したことに由来している。東シナ海へ突き出た断崖は隆起したサンゴで出来ており
波がぶつかりサンゴの琉球石灰岩を侵食した様子を見られました。隆起サンゴの台地の上には、天然の芝が広がり万座毛の名前が生まれました。

万座毛の写真はYouTubeでご覧ください。



つづく・・・沖縄−19 丘の上の料理工房SARA

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット
沖繩−11 古宇利島へ
沖繩−12 屋我地島
沖繩−13  古宇利島
沖繩−14 今帰仁(なきじん)城跡
沖繩−15 ビーチを散歩
沖繩−16 リザンシーパークホテル谷茶ベイで夕食
沖繩−17 朝の散歩 




沖繩−17 朝の散歩


2011.10.25(四日目)

四日目の朝はデッキで、気持ち良いそよ風の中、朝食をとりました。
IMG_8278

IMG_8279

ロビーから見える海
IMG_8280

床が磨かれているのでフェンスと海が映り込んでいました。
四日目も青い空に青い海でした。
IMG_8282

青い海に船が浮かんでいました。
IMG_8283

拡大すると船体にA LINEと書かれていました。鹿児島ー奄美ー沖繩航路のフェリーでした。
IMG_8286

この後、部屋へ戻り休んでいると、キャーという声がするので部屋の外を見ると、ドラゴンボートに乗った女性の声でした。
IMG_8285

IMG_8287

IMG_8288

IMG_8289

前日の夕方、潮が満ちて行けなかった堤は、朝は潮が引いているだろうと思い出かけました。
IMG_8291

ピンク色の琉球朝顔が咲いていました。
一般的にはオーシャンブルーと言われている濃い青の琉球朝顔を想像すると思います。
この朝顔は一年草ではなく宿根草です。
花ことばは、「愛情の絆」「明日も爽やかに」「はかない恋」です。
これらはつる性であることと花が一日で終るところから来ています。
IMG_8290

堤の上に上がり進みました。
IMG_8292

googleマップの写真から歩いた防波堤の様子がわかります。防波堤はサンマリーナビーチを囲むように作られていました。サンマリーナホテルは、初めて沖縄に来た時宿泊しました。
SN00001

防波堤から撮影したサンマリーナホテルです。
真ん中が上まで吹き抜けになっている素敵なホテルで、今はシェラトンになっています。
IMG_8303

SN00002

防波堤の遊歩道から撮影した写真はYouTube にしました。


再びホテルの部屋に戻りデッキで休みました。
IMG_8351

沖縄通の友達が海の色の変化を次のように教えてくれました。
「エメラルドグリーンの海と濃い青の海の境に白波が立っているところはサンゴ礁で、そのサンゴ礁より沖は急に深くなっているので濃い青の海になっている。水中でも真っ白にみえるのは珊瑚の古い死骸(石灰石)である。また、珊瑚が繁殖しているところは平らでないので光が充分反射せず砂地領域より暗く見える。」
IMG_8341

望遠レンズで撮影した歩いて来た灯台付近です。
IMG_8346

IMG_8347

太陽が上がって来たので海に入ったり、浜辺を歩く人が増えて来ました
IMG_8344

IMG_8343

IMG_8349

最終日なので、家内がチェックアウトしている間にロビーをスナップ撮影。
IMG_8353

IMG_8354

IMG_8356

IMG_8358_0000

IMG_8359

IMG_8360


つづく・・・沖縄−18 万座毛

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット
沖繩−11 古宇利島へ
沖繩−12 屋我地島
沖繩−13  古宇利島
沖繩−14 今帰仁(なきじん)城跡
沖繩−15 ビーチを散歩
沖繩−16 リザンシーパークホテル谷茶ベイで夕食 



沖繩−16 リザンシーパークホテル谷茶ベイで夕食


2011.10.24(三日目)

ツアーの夕食は、谷茶ホテル夕食クーポンが二回分付いており、一回で4人分として利用しました。
洋食、和食、中華、焼き肉の四種類から選ぶことが出来、息子たちの希望で中華にしました。
時間がまだ早いので客は我々だけでした。
IMG_8261

メニューです
IMG_8257


中華風サラダ 
IMG_8262

IMG_8264

前菜
IMG_8263-1


芝海老のアセロラソース炒め
IMG_8265


やんばる鶏のパリパリ揚げ
IMG_8266

中華スープ
IMG_8267

豚肉と島豆腐炒め
島豆腐は厚揚げという感じでした。
IMG_8269

飲茶
IMG_8271

チャーハン
IMG_8268

マンゴプリン
IMG_8272

食事の後は我々の部屋を見たいとのことで皆で部屋に行きしばらく歓談した後、息子たちは日航アリビラへ車を持って行き、明朝はお互いゆっくりして11時に迎えに来てくれることになりました。

つづく・・・沖繩−17 朝の散歩

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット
沖繩−11 古宇利島へ
沖繩−12 屋我地島
沖繩−13  古宇利島
沖繩−14 今帰仁(なきじん)城跡
沖繩−15 ビーチを散歩  

 

沖繩−15 ビーチを散歩


 2011.10.24(三日目)

今帰仁城跡見学後、15:00に息子達をピックアップ。彼らも「美ら海水族館」に満足の様子でした。

「おんなの駅」と書かれた看板を見つけ???女性のみ入れる?女性のみで運営している???
入ってみることにしました。
IMG_8233

「おんな」とは「女」では無く「恩納村」の「おんな」でした。

沖縄名物「カープチー」と「シークワーサー」を売っていました。「カープチー」「シークワーサー」は日本のスダチのような形で料理にかけたり飲料水に入れて使用されます。「シークワーサー」の飲み物は沖縄への飛行機の中で出ます。さっぱりしていておいしいです。
IMG_8234

IMG_8235

「カープチー」「シークワーサー」のドリンクです。
この他、パイナップルの苗など沖縄らしい品が並んでいました。
IMG_8237

夕食を私達の宿泊ホテル「谷茶ベイ」でとることにし、夕食まで時間があったので浜辺へ出ました。
IMG_8240

IMG_8239

朝見ていた防波堤へ行くことにしました。
SN00005

IMG_8241

IMG_8243

IMG_8244

防波堤へ行こうとしましたが潮が満ちており階段を登れませんでした。
IMG_8245

リザンシーパークビーチの端から宿泊ホテルを見た写真です。左端がチャペルです。
IMG_8246

行こうとした防波堤の端に人が立っていました。
IMG_8249

バーべキューレストランです。
IMG_8250

「リザン・シー・パークホテル谷茶」の由来を刻んだ塔です。
IMG_8252

IMG_8253_0000

つづく・・・沖繩−16 リザンシーパークホテル谷茶ベイで夕食

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット
沖繩−11 古宇利島へ
沖繩−12 屋我地島
沖繩−13  古宇利島
沖繩−14 今帰仁(なきじん)城跡  


沖繩−14 今帰仁(なきじん)城跡  


2011.10.24(三日目)

古宇利島から戻り、今帰仁(なきじん)城跡へ寄りました。
SN00004

「今帰仁」はなかなか読めない文字です。谷茶(タンチャ)、北谷(チャタン)、読谷村(ヨミタンソン)、はアイヌの「クッチャン」「シコタン」「コタン」と発音が似ています。それはアイヌ犬と沖縄犬とはDNAから同種とされていることからうかがえるとのことです。沖縄の人が犬を連れて北上し、北方人との混血でアイヌとなったという説があるそうです。日本の北と南が似ているという不思議な現象です。

現在、城はありませんが立派な石垣が残っています。

今帰仁(なきじん)城跡の入口の城壁です。
世界遺産になっています。かつての琉球(沖縄)では、沖縄の英雄として語り継がれる尚巴志【しょうはし】王によって国内が統一されました。その以前は、三山【さんざん】時代と呼び(1400年前後、日本では鎌倉時代)、三山とは沖縄の北部・中部・南部のことで、北山(ほくざん)、中山(ちゅうざん)、南山(なんざん)と呼ばれていました。この三山が争っていました。今帰仁城は北山を支配する按司【あじ:領主】の居城とされ、その大きさは首里城に匹敵すると言われています。
築城された年代は明らかになっていず、発掘調査によって13世紀末頃から築城が始まったものと推測されています。 城の正殿(せいでん)は残存していませんが、標高100mほどにある周囲は川や谷の急斜面となっており防衛上極めて優れた地勢となっています。
IMG_8192

IMG_8193

大きな松の木は琉球松で沖縄周辺の島に生息する松です。高さ20mにもなります。
IMG_8195

見応えがあるのは何と言ってもその石垣で、外周は約1,500m、高さ6〜10mで自然の地形に沿って巡らされた様は、行ったことありませんが「万里の長城」のような感じがしました。


ドローン撮影による今帰仁城跡は下記リンクです。
https://www.nakijinjoseki-osi.jp/

つづく・・・沖繩−15 ビーチを散歩

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット
沖繩−11 古宇利島へ
沖繩−12 屋我地島
沖繩−13  古宇利島


沖繩−13  古宇利島


2011.10.24(三日目)

突然、現れたエメラルドグリーンの海に、車の中で歓声をあげました。
古宇利大橋を渡り古宇利島へ入りました。古宇利大橋は平成17年2月8日に開通で長さ1960mと長い橋です。無料で通行できる橋の中で日本一長い橋です。


海岸で食事をしようと思いましたが、「もうひとつ」という感じなので少し探すことにしました。
家内が「CAFEと看板が出ている」と言い、民家の集落に車で入って行きました。
車一台が精一杯という坂道で、行けども見つからなかったので不安になりました。
こんな所に「Cafeがあるのかな?」と思っていると看板を発見しました。後で、インターネットで検索すると、「道が狭く住民の迷惑になるので車では行かないで下さい」とありました。
IMG_8155

調べると
フクルビとはモンガラカワハギの別名で、モンガラカワハギの白い斑点から、琉球石灰岩を積み上げた白い建物のことをフクルビというとありました。
モンガラカワハギの写真です。
SN00003

カフェフクルビの建物です。
IMG_8165

広い芝生が広がり絶景のロケーションでした。
IMG_8157

板に「ALLセルフ」と書いてあり「海の家」を思い起こすCafeでした。(拡大するとよくわかります)IMG_8161

IMG_8160

IMG_8158


IMG_8164

IMG_8168

たこ飯
IMG_8175

海ぶどうがたっぷり添えられているハンバーグでした。
IMG_8176


食事の後は車一台がやっとという道を下って島を一周することにしました。
IMG_8181

沖縄特有のお墓です。本土のような墓地というものは無いらしく、何もないなだらかな斜面に4基5基と集まってたってます。同族の人が寄り添うのでしょうか?
IMG_8183

島の裏はサトウキビ畑ばかりでした。その他は何もない島でした。
IMG_8184

島を一周しましたが道筋にはCafeは一軒もありませんでした(ネットに寄ると今はいくつかあるようです)。食事はやっぱり我々が食べた所がベストだったようでした。島は小さく10分程で回れました。
IMG_8185

再び、古宇利大橋を渡り戻りました。
IMG_8186

IMG_8188


つづく・・・沖繩−14 今帰仁(なきじん)城跡  

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット
沖繩−11 古宇利島へ
沖繩−12 屋我地島
 

沖繩−12 屋我地島


 2011.10.24(三日目)

見えている島は屋我地島で、屋我地島経由で古宇利島に入ることになります。
IMG_8108

SN00001

IMG_8109

IMG_8110

穏やかな海でした。
IMG_8111

IMG_8112

IMG_8114

IMG_8116

IMG_8118


さとうきび畑に立つスマホの中継塔です。
IMG_8120

古宇利大橋が見えてきました。
IMG_8121


つづく・・・沖繩−13  古宇利島

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット
沖繩−11 古宇利島へ





沖繩−11 古宇利島へ


 2011.10.24(三日目)

三日目も晴れていて気持ちの良い朝でした。
IMG_8084

朝食は和食バイキングを選びました。こちらは洋食の部屋より小さめですが落ち着いた雰囲気でした。和食でも珈琲がついているのは私としては嬉しいことでした。
IMG_8083

朝食後、息子が泊まっている日航アリビラへ急ぎました。
IMG_8087

IMG_8090

IMG_8091

IMG_8092

IMG_8093

IMG_8095

IMG_8097

IMG_8098

日航アリビラで息子たちを乗せて、三日目は北部へ走りました。
息子たちは「美ら海(ちゅらうみ)水族館」を楽しむということで、私達は前回経験しているため、息子たちを下ろし古宇利島へ向かいました。
SN00002

沖縄の守り神、大きな「シーサー」を見て進みました。
IMG_8100

電球がぶら下がっている畑があり、電球の下には苗が植わっていました。夜は電燈をつけ苗の育成を促しているのでしょうか?沖縄は暖かいのでハウスは不要なのでしょうか
IMG_8099


IMG_8102

IMG_8103

典型的な沖縄の家屋です。
IMG_8105

IMG_8106

つづく・・・
沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ
沖繩−10 サンセット







沖繩−10 サンセット


 2011.10.23(二日目)

クルーズ船のデッキから見たサンセットです。


日が沈んだので船室での食事に戻りました。
メイン料理の写真が無くて・・・
IMG_8058

船の中では演奏で盛り上げていました。
IMG_8059

IMG_8072


IMG_8061

IMG_8064

誕生日の人へのサプライズがありました。
IMG_8066

IMG_8081

IMG_8082

満足したサンセットクルーズでした。

つづく・・・沖繩−11 古宇利島へ

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ
沖繩−9 サンセットクルーズ



沖繩−9 サンセットクルーズ


2011.10.23(二日目)

サンセットクルーズの船に乗船です。
IMG_7981

窓際席でラッキーでした。
IMG_7982

IMG_7983

しばらく河口を運行しました。
SN00005

デッキからの風景です。
IMG_7986


IMG_7987


IMG_7989

IMG_7987

沖繩セントラルスタジアム那覇のどドームが見えました。
IMG_7990

食事の時間になりました。
IMG_7991

IMG_7992

窓の外は太陽が傾き出しました。
IMG_7993


IMG_7994

IMG_7996

小島に立つ家がありました。
IMG_7997

港特有のコンテナが並んでいました。
IMG_7999

IMG_8000

夕焼けに少し間があるので船内で食事を続けました。
IMG_8001

IMG_8002

楽団が入り歌が始まりました。
IMG_8007

IMG_8010


IMG_8009

サンセットが近づいたので再びデッキで鑑賞することにしました。

つづく・・・沖繩−10 サンセット

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食
沖繩−8 国際通りへ



沖繩−8 国際通りへ


2011.10.23(二日目)

夕方から、私たちは那覇港から出るサンセットクルーズを予約していたので(ツアーに含まれていた)息子たちをホテルへ送り那覇港へ向かいました。

サトウキビ畑のそばにある住宅街です。
IMG_7960

日航アリビラのテニスコートです。木で日陰をつくり休憩場所にしていました。
IMG_7963

樹に子供がしがみついていると思ったら人形でしあt.
IMG_7964

IMG_7965

IMG_7967

IMG_7968

息子たちをホテルで降ろし那覇港へ向かいました。

沖繩のさとうきびは1623年に琉球の儀間真常という人が中国蘇州に遣いを送り、製糖技術を学ばせ、広めたと言われています。
さとうきびの収穫時期は12月下旬から3月頃だそうです。
IMG_7969

さとうきびの花は見たことありませんが、すすきの穂のようなものだそうです。
   さとうきびの花(ネットより)
01DSC_1857

米軍基地では真っ黒の飛行機が見えました。
IMG_7970

電線が真下に降りているのは下に変電所があるからでしょうか?
IMG_7971

バスの背後の宣伝文は米軍基地がある沖縄ならではのものでした。
開南コーポレーションのHPは下記です。
https://www.kainanco.jp/
IMG_7972

クルーズまで時間があったので立派な県庁前を曲がり家内が行きたがっていた「国際通り」へ行きました。
IMG_7974



IMG_7973

国際通りの車道は空いていました。
IMG_7975

両サイドは土産店、T−シャツ、レストラン・・・・
緑の文字を書いたたすきをかけた学生らしき女性が募金を呼びかけているようで、白いドレスの女性が目立ちました。
車を道路に停めて、家内だけお土産を買いに行きました。
IMG_7977

16:25に港に到着しました。
IMG_7979


つづく・・・沖繩−9 サンセットクルーズ

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬
沖繩−7 「青い海」で昼食



沖繩−7 「青い海」で昼食


 2011.10.23(二日目)

お昼になったので、日航アリビラの傍にある「Gala青い海」へ食事に行きました。
SN00003

「塩作り体験」「陶芸体験」「ガラス工芸体験」等が出来る施設です。
食堂や広い芝生もありゆったり過ごせる場所でした。
SN00004

IMG_7929

PIZZA食べ放題65才以上¥800があり、私は対象者だが皆は沖縄へ来たら「沖縄そば」と却下されました。
IMG_7930


IMG_7931

食事前に息子と孫は芝生に走り出し、他の者は体験コーナーを見学したりショップを覗きました。
IMG_7932

IMG_7937

IMG_7936

IMG_7938

写真の建物は塩を作る塔です。中にすり鉢状の塔があり、ここに塩水を落下させ凝縮させます。
IMG_7948

家内と息子の嫁さんは「塩せんべい」を見つけ、初めてらしくめずらしそうでした。私は懐かしく思いました。私が子供の頃住んでいた場所に塩田があったので「塩せんべい」はおやつに食べていました。「塩せんべい」という名前とは知らなかったです。塩けのあるサクサクしたせんべいです。
IMG_7934


IMG_7933


IMG_7941

沖縄名物を食べました。
IMG_7946

IMG_7945

IMG_7944

食事が終わると、息子と孫は再び芝生で駆けっこでした。私は海へ撮影に行きました。
IMG_7950

IMG_7949

IMG_7952

IMG_7953

IMG_7954

IMG_7956

IMG_7957

IMG_7958

つづく・・・沖繩−8 国際通りへ

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ
沖縄−6 残波岬




沖縄−6 残波岬


2011.10.23(二日目)

10分かからずで残波岬に到着しました。
SN00001

スマートな残波岬灯台でした。
IMG_7881

IMG_7883

残波岬周辺は、約130万年から10万年前の海中サンゴ礁やその他の堆積物でできた石灰岩です。琉球石灰岩と言われています。
石灰岩は柔らかいため海水で侵食され写真のような風景を作り出しました。また、残波岬周辺の土地ははフラットです。
ポルトガルのロカ岬と似ています。
IMG_7903

棚のようになったところで釣りをしている人がいました。私は怖いです。
IMG_7885



IMG_7907

日本には約3000基の灯台がありますが、一般人が登れる灯台は16基だけです。残波岬灯台はそのひとつで登ってみました。残波岬灯台は沖縄で一番高い灯台で31mの高さがあります。

IMG_7887

IMG_7894


はしごで登ります。

IMG_7896

灯台内部の模型です。
IMG_7910

IMG_7908

真っ青な海でした。
IMG_7900

灯台から見た景色です。
IMG_7898

IMG_7904

IMG_7897

IMG_7905

IMG_7890

IMG_7892

IMG_7893

灯台を降りて平原を歩いていると龍宮神と書かれた石碑がありました。
龍宮神は沖繩に80箇所あり拝所で年末や正月に皆が集う場所です。
IMG_7912

商売の神「秦期像」がありました。
IMG_7913

IMG_7916

遠くに祠が見えたので、近づいてみました。
IMG_7917

西ノ村之屋とありました。航海の安全を祈願する拝所です。東ノ村之屋というのも沖縄にあるそうです。
IMG_7918

読谷名物「紅いもソフトクリーム」の看板があり、寄ってみました.
IMG_7921

IMG_7922

ブルーシール(Blue Seal)の紅いもソフトクリーム、初体験でした。
ブルーシールはアメリカ生まれ、沖繩育ちのアイスクリームです。
https://www.blueseal.co.jp/stories/index.html
IMG_7925

つづく・・・沖繩−7 「青い海」で昼食

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−5 日航アリビラ


沖縄−5 日航アリビラ


2011.10.23(二日目)

息子家族がフロントへ降りてくるまで、ホテル日航アリビラの周囲を撮っていました。
やはり素敵です。
IMG_7869


IMG_7870

IMG_7871

IMG_7872


IMG_7873

IMG_7874

日航アリビラプライベートビーチ
IMG_7876

IMG_7878

IMG_7879

ホテルから無料サービスで借りたチャイルドシートを付けて残波岬へ出発しました。
IMG_7880


つづく・・・沖縄−6 残波岬

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩
沖縄−4 日航アリビラへ


沖縄−4 日航アリビラへ


2011.10.23(二日目)


朝の散歩を終え、室内プールの横からホテルに入りました。
IMG_7845

朝起きた時と比較すると海の色は濃くなり、透明性が増していました。太陽の高さで海の色はこんなに変化するものだと感心しました。
IMG_7846

水際を歩くカップル、ボートで遊ぶ家族、海藻を取る人が現れ始めました。
IMG_7848

IMG_7850


IMG_7849

IMG_7851

IMG_7856

頃合いを見て、レンタカーで息子が泊まっている日航アリビラへ行きました。
IMG_7857


前日は真っ暗の中を走りましたが、二日目は南国ムードを感じながら走りました。
IMG_7859

IMG_7860


IMG_7861

箱型の家が並び、本州の家とは少し違うようです。
IMG_7862

サトウキビ畑
IMG_7864

IMG_7865


IMG_7866

ハイビスカス
IMG_7867

IMG_7868


つづく・・・沖縄−5 日航アリビラ

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ
沖縄−3 朝の散歩


沖縄−3 朝の散歩


2011.10.23(二日目)

朝、窓のカーテンを開くと、真っ青な透き通った海が目に入ってきました。
IMG_7802

IMG_7803

IMG_7804

IMG_7805

朝食は和洋食バイキングでした。デッキや浜辺で食事している人も居り、3日目はデッキで朝食をとることにしました。
IMG_7807

IMG_7810

食後はビーチを歩くことにしました。建物から出るとそこは海でした。
IMG_7813

ホテルのプライベートビーチ
SN00002

IMG_7819


チャペルの周囲に人がたくさんいるので結婚式でしょうか?
IMG_7816

リザンシーパークホテル谷茶ベイ全景です。手前の建物はチャペルです。
IMG_7824

IMG_7825

IMG_7827

IMG_7828

IMG_7830


IMG_7831

展望台への道
IMG_7832

東屋がありました。
IMG_7836

IMG_7837

IMG_7840


IMG_7834


IMG_7841

IMG_7844

つづく・・・沖縄−4 日航アリビラへ
沖縄−1 羽田エアポートラウンジから
沖縄ー2 ホテルへ






沖縄ー2 ホテルへ


2011.10.22(一日目)

沖縄空港に16:00に到着しました。レンタカー事務所は沖縄空港には無く、空港の外へ出て道路を渡った所にレンタカー会社の旗が並んでいました。マツダレンタカーの旗の場所からマイクロバスに乗り、10分程の事務所へ行き車を受け取りました。息子家族も一緒に行動するので車をグレードアップして7人乗りのプレマシーを借りました。


走り出すと道路のアスファルトが綺麗なことに気づきました。その為か車の乗り心地は非常に良かったです。また、車の多いのにびっくり!鉄道が走っていないので交通機関は車に頼るようです。路線バスは少ないです。
また「わナンバー(レンタカー)」多いこと!
ガイドブックに息子が泊まる日航アリビラまで一時間と書いてありましたが渋滞で1.5時間かかりました。
SN00002


6:30にホテルアリビラに到着し、すぐにレストランへ行きました。
IMG_7776

メインディッシュ&菜園ブッフェでした。

サラダ、果物、ケーキはビュッフェスタイルでした。
IMG_7777

シーフードブロシェット
(頭付大海老・帆立貝柱・鮮魚(80g)
IMG_7778

本日の鮮魚(80g)と帆立貝柱(1ps)のグリル
IMG_7779

トロピカルフルーツ
IMG_7780

ケーキと珈琲
IMG_7781

日航アリビラの客室を覗いてみました。
ベッドの上にいるのはクマのぬいぐるみ?ではなく孫です。
IMG_7784


IMG_7785

アリビラの白亜の教会
IMG_7782

IMG_7795


日航アリビラから30分で我々が泊まるホテル「リザンシーパークホテル谷茶ベイ」に着きました。
SN00001

アリビラ程の豪華さはありませんが、広さはむしろこちらの方がゆったりしていました。
IMG_7797

IMG_7798

つづく・・・沖縄−3 朝の散歩

沖縄−1 羽田エアポートラウンジから


 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード