花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

2009年12月

水仙の皿盛り咲き始める

2009_1229蝋梅0004





香港で見た
水仙の皿盛りを試してみました。見事に花を咲かせました。
水を与えているだけで
球根の力で咲くのです。

蝋梅が咲き始めました

2009_1229蝋梅0009庭では
早くも狼狽が咲き始めました。

いつもより少し早いようです。

暖冬の影響

もうすぐお正月なのに2階のベランダ下の薔薇は沢山咲いています。
この薔薇は春にはぎっしりと花をつけるつる薔薇です。冬にこんなに花が咲いていると養分ンが取られるので来春の花の咲き具合が心配です。


IMG_7379












IMG_7381








12月の薔薇の手入れー2

先週は寒かったですが、それまでは暖冬で花を咲かせている薔薇が多いと思います。その薔薇は花が少ない今、咲いたままで楽しむのがよいでしょう。しかし、つぼみは花を咲かせませんので全部取ってください。

葉はこの時期、落ちるのが普通ですが、暖冬傾向のこの頃まだ青々と茂っているものが沢山あります。これからは花を咲かせませんので休眠させて体力温存を図る方がよいと思います。そのために葉を摘み取る人もいます。私も今日、いくつかの薔薇の葉を摘み取りました。つる薔薇は高く摘み取るのは大変なのでそのままにしています。

葉を摘む時、よく見ると
もう、芽が膨らみ始めている薔薇や新芽が出て若い葉を出している薔薇もありました。ちょっと困りものですね。

薔薇の1年の始まり

薔薇の一年の始まりは12月からです。これからは我が家の薔薇の育て方を順次お伝えしようと思います。
12月、1月の手入れが薔薇をきれいに咲かすための一番重要な月となります。一番重労働の月です。寒くて厭ですね。でも、ここががんばりどころです。
この時期の手入れをしっかりするかしないかで薔薇は答えてくれるかくれないかの分かれ目です。

今日から年末までの作業は、
ヾ肥えやりです。
 ばらの幹から30cm離れた場所に周囲360度、30cmの溝を掘ります。
 幅 は10〜15cmぐらいでよいでしょう。牛糞をたっぷり入れて土と混ぜ
 ます。
 **12月にできなかった場合は1月20日ぐらいまでに実施します。
 私は、12月に例年行っていましたが今年はぎっくり腰を起こしてしまったので
 正月が終わってから実施するつもりです。その時写真付きで説明します。
 最近は暖冬なので12月は木がまだ休眠していないので1月でちょうど良い
 かもしれません。庭のバラも今年はまだ、たくさん咲いている状態です。

 鉢植えをお持ちの方は薔薇が本格的に休眠した1月に鉢の土を全部落として
 新しい土にします。

一回目の石灰硫黄を20日から年末までに5倍に希釈して散布します。
  これはカイガラムシの退治と黒星病対策です。
  二回目は1月に実施します。
  私は暖かく風のない今日実施しました。
  噴霧するとあちらこちらに飛び散ります。
  窓のそばの薔薇は、窓の目張りが必要です。
  新聞紙を張り、セロハンテープで留めます。
  この作業が結構時間がかかります。窓の上の方を手抜きすると
  やっぱり、汚れてしまいました。汚れたら早いうちに濡れぞうきんで
  拭いたほうが落ちやすいです。

*新しい薔薇を植えるのは今が適期です。薔薇を買ったとき、植え方の
  レシピがついてきますのでそれにそって埋めてください。

  私は京成ばら園の通販を利用しています。
  薔薇が来るのが早かったため、現在4月初めの芽ぶきの状態で
  葉が茂っています。暖冬の影響ですね。
  京成ばら園にメールすると「枯れたら先端を切ってください。
  そこから新しい芽が出て花が咲きます」とのことです。
  しばらく暖かかく芽が枝になるのを望んでいます。


  
  




 

春を待つ畑

2009_1212きぬさや0004畑では春のための芽が出始めました。
ネットをかぶせているのはこの時期、ことのえさが少なくなるらしく新芽はおいしい食料となりあっという間に食いつぶされます。
そのためにネットをかけています。




2009_1212きぬさや0002

こちらは「絹さや」です。
多く芽を出していますので適量に間引くことになります。毎年たくさん採れて重宝しています。3,4日捕らずにいるとグリンピースになります。二人では食べきれず娘のところへ持って行っています。





2009_1212きぬさや0003絹さやより大きな芽を出しているのは「ソラマメ」です。
ソラマメは家庭菜園をしている方にお勧めです。少し小さいかな?まだ早いかな?と思われるときに採るのがコツです。やわらかく甘い香りがして、店で購入したものと全く違う味です。これは家族に好評です。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード