花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

2011年08月

コリウス挿し木で成長

コリウスは

挿し木で簡単に増やすことができます。
購入時にいらない葉を切ったのを
挿しておいたら写真のように
立派に成長しています。
2011_0830コリウス00032011_0830コリウス0004

コリウス中間報告

以前紹介したコリウスですが
かなり成長し
90cmにも成長しています。
これからはピンチを繰り返し形を整えていきます。
風で鉢が倒れて折れないことを願います。

ツリー仕立て


2011_0830コリウス00072011_0830コリウス0008


スタンダード仕立て
そろそろ頂点をピンチして葉数を増やすのかな?

2011_0830コリウス00062011_0830コリウス0009


高峰高原のニッコウキスゲ

7月下旬に
標高2000mの高峰高原へ行って来ました。
ニッコウキスゲが満開の時期で
その他の花も咲き
涼しい高原を花を見ながら
のんびり歩きました。
下記URLです。

http://www.digibook.net/d/4694c1b3901aa588a121a785c75845ce/?viewerMode=fullWindow



本 瑠璃でもなく、玻璃でもなく

今日は久しぶりに雨が降ったりやんだりなので
本の紹介です。


瑠璃でもなく玻璃でもなく

(唯川恵)

(集英社)

 

「瑠璃でもなく、玻璃でもなく」という哲学的な題名に引かれて手にしました。

 

恋愛は不安との戦いであり、結婚は不満との戦いである。

 

が冒頭の言葉。なるほど!とうなずけるかな?

そうです。哲学的ではなく、心理の変化でした。 

 

結婚適齢期が過ぎようとしている女性の結婚への不安、そして、結婚して数年するとこんなはずではなかった現実とのギャップ。どのように埋めればよいのか?

不倫を絡めて、女性の心理状況を描いている。

最後は落ち着く所に落ち着くのかな。

 

 

 

瑠璃色を調べると

瑠璃色(るりいろ)は、濃い赤味の青。名は、半貴石の瑠璃(ラピスラズリ: lapis lazuli)による。

半貴石のラピスラズリを粉砕し精製した顔料は、天然ウルトラマリンである。ただし、色としてのウルトラマリンブルー群青色とし、瑠璃色と区別する人もいる。勿論、瑠璃の色と瑠璃の粉末の色、天然ウルトラマリンの色は異なる。加工の過程で色合いが変わるのは当然であるが、主要発色成分の化学組成は変わらない。そもそも、ラピスラズリはそれぞれの色合いが異なり、所謂色名で指定してもその色合いとは異なり、大なり小なりの齟齬が生じる。

玻璃を調べると

仏教で、七宝の一。水晶のこと。
ガラス異称
火山岩中に含まれる非結晶質の物質

 


表紙を見ると中央部分に帯状に瑠璃色(濃い赤みの青)が見られ、これが恋愛中の揺れ動く不安の表現で、所々に玻璃の水晶玉をあしらっている。これが結婚後、ふつふつとわいてくる不満の水晶玉として、あちらこちらに出てくるのを現しているのかな?

 

 

瑠璃でもなく








 

テッポウユリ

6月よりスカシユリが咲き
カサブランカ
ヤマユリ
オニユリ
と咲き
最後の締めは「テッポウユリ」です。
一番、和に似合うユリだと思っています。
暑い夏より
昨日、今日にように
涼しくなったときに
清楚に咲くのが良いですね。
我が家の鉄砲ユリは
山から種が舞い降り育ったものです。
今は庭に2本咲いています。

花の蕾は最初垂れ下っています。
2011_0813鉄砲ユリ

徐々に頭をあげてきて
花を開きます。
2011_0815ゆり0001


茂みの中で咲かせているより
花瓶に入れて飾る方が
「見栄えが良い」と
家内が申し
今、玄関で咲いています。
なるほど、これの方が見栄えがよさそうです。
一本から8つも花を持たせている立派に育ったテッポウユリです

2011_0815ゆり0003


夏はやっぱりひまわり

夏の暑さに負けず、元気に咲いているのは
ひまわり

家庭の庭にひまわりの種をまいたが
大きくなりすぎ
終わってからの始末に困ったことはありませんか?
大きくなりすぎるのを回避するのは
,劼泙錣蠅亮鑪狒び
遅めに種をまく
L集して種をまく
と醂舛鬚笋蕕覆

適度の大きさに咲いたひまわり
2011_0812中井町0132


2011_0812中井町0133

あしがら観光みらい塾第9回ー中井町実習ー

2011.8.11(土)
中井町へ行く時の道路の気温表示は34℃
帰りは38℃という酷暑の実習となりました。

中井町の観光スポットは離れているので
バスで移動。
中井町は知らない人が多く
いつもは30名ほどの参加が今回は40名強の参加でした。

最初は
五所八幡宮
一の鳥居は二宮町を通る国道一号線にあったとか

2011_0812中井町0005

階段を登った上に本殿がある
2011_0812中井町0010
保元2年比叡山の僧義円により創建
源頼朝全国祈願所61社のひとつ。
2011_0812中井町0014


神楽殿
大変古く、諏訪から移築したとか。
新しく建った下側の写真の神楽殿と
床の高さを比べてください。

古い方は立ち見で神楽を見ていたため床が高く
新しい神楽殿は多くの人に見てもらうため
座ってみたので床を低くして見やすくしています。
2011_0812中井町0015
2011_0812中井町0016


二宮〜井ノ口村〜秦野は
軽便鉄道が走っていました。
初めは馬で、後に蒸気機関車が走りました。
今はバスに代わっています。
旧井ノ口村駅でバスを降り歩きです。
(説明はクリックして拡大して読んでください)
2011_0812中井町0028


江戸時代の名主「大野家の家」と
武田家旧達の近藤家
300年前の茅葺屋根の建物です。
2011_0812中井町0036

家の裏には五輪塔群と近藤家の墓が並んでいます。
三浦○○の文字も残り
こちらへ移った時、墓も持ってきたのです。
家も墓も古いもので
学術上非常に価値のあるものだそうです。
2011_0812中井町0046




米倉寺は武田氏家臣米倉家の菩提寺です。
この寺での見ものは
龍の掘りものと欄間の彫りものです。
龍の彫りものは
左甚五郎が両手があるときの最後に彫った
彫刻と言われています。
本当であればすごいですね。

2011_0812中井町0066K


2011_0812中井町0069


米倉一族の墓
井ノ口村の後は成瀬正一の庇護を受け、
徳川家康仕え
武蔵金沢1万2千石の譜代大名
となり、
明治には子爵となる名門です。

2011_0812中井町0082


やまたの大蛇(おろち)退治で有名なスサノウノミコトは
傍若無人であったため天照大神の怒りにふれ
東国に追いやられ大山に降臨し、諸国を旅し
ここ「蓑笠の森」へ来た時、雨がやみ
蓑と笠を忘れて帰ったので
この神社を「蓑笠神社と名付けた。
2011_0812中井町0109


ご神木はケヤキで古木です。
高さ25m、胸高周囲5.7m

2011_0812中井町0114

上部は雷が落ち空洞が出来ています
2011_0812中井町0116



以上歴史散策でしたが
自然がいっぱいある中井町です。

厳島湿生公園です。
2011_0812中井町0084
2011_0812中井町0083


中央に一本の大きな桜が植わっており
桜シーズンはカメラマンでにぎわいます
2011_0812中井町0087

あちらこちらから丹沢山系の水が湧き出し
二宮町に流れる「葛川」へとつながっています。
山の中に分け入らなくても
源流はあるのです。

2011_0812中井町0104


最後は中井中央公園から畑と雑木林の中を
相模湾の風を受けながら
一周5kmの「こゆるぎの丘」という散策コース
この暑さでは・・・・・
アスファルトから熱気が・・・
2011_0812中井町0122

最初の「海の丘」と言う場所を往復して終了。
気候の良い頃は
歩いて気持ち良い場所です。
2011_0812中井町0125

相模湾、富士山が見える絶景スポットですが・・・
2011_0812中井町0130
2011_0812中井町0128


このように田園風景も広がっている
やすらぎの町が中井町です。
2011_0812中井町0004

白い朝顔

今日ベランダに咲く白い朝顔を見つけました。
昨日のピンクに白の斑入りが進化(?)して
白が強く出てきたのです。
遺伝の法則が当てはまっているのでしょうか?
2011_0813白い朝顔0001

形が円でない奇形も現れています。
2011_0813白い朝顔0002

軽井沢「うしたに」さんでディナー

中軽井沢の別荘の森の中に
「うしたに」という食事処があります。
基本的に木・金・土のみ開いています。
小じんまりしたアットホームな感じで
大変気に入りました。
IMG_6560

IMG_6562


テーブル席2+カウンターです。

窓の外の森の木々は癒してくれます。
IMG_6567K
IMG_6568

ディナーコース(ハーフ)で
十分楽しめました。
IMG_6572

軽井沢の森の花
IMG_6574

IMG_6577

日が暮れ、ライトアップの庭
IMG_6580

IMG_6582
IMG_6583
IMG_6585
IMG_6586
6時半から食事をはじめ
終わったのは8時でした。
少しづつテーブルに料理を運んでくれるのが良いです。
ディナーは予約制です。
ハーフで2500円というお手頃価格で
よそのお宅にお邪魔して手料理をごちそうになっている感覚です。


玄関に飾っていた建築模型
IMG_6588

にぎやかな軽井沢の通りでなく
静かな森の中なのが良いですね。

ブルーベリー収穫始まる

ブルーベリーの収穫始まる。
赤っぽい実が
濃いブルーの実に
色変わりしたら
ブルーベリーの収穫時です。
濃い青になってからしばらく置いておいた方が
甘味を増すのですが
小鳥との
「早い者勝ち」競争になるので
難しいところです。
今のところ
少し苦みがあっても
人間様がいただく
という方針で収穫しています。
IMG_6919

軽井沢 「ザ・テラス・サクマ」に泊まる

中軽井沢の静かな別荘街にある
「ザ・テラス・サクマ」に
ある人の紹介で
泊まってきました。
(一見さんお断りとか聞いています)

カフェとして営業している
「ザ・テラス・サクマ」ですが
紹介者がいれば
一組のみ泊まれる隠れ家です。

到着すると、カフェでtea をふるまってくれます。

IMG_6516


次に、隣の隠れ家に移りました。

IMG_6543

リビングからの
緑の庭が安らぎを与えてくれます。
IMG_6525

ベッドルーム
IMG_6539

ゆったりしたリビングと
やすらぎのベッドルームの2部屋です。

白と濃いブラウンに統一された部屋は
高級ホテルのスイートに相当します。
だれにも邪魔されない隠れ家に満足です。

雰囲気のあるライトの先をみると
塗り壁の模様が浮き出ています。
(画像をクリックすると拡大できます)
IMG_6535

香りのよい檜風呂が用意されています。
IMG_6532

ハルニレテラス、軽井沢高原、石の教会に近い
観光にも良い場所にあります。
中軽井沢駅からも歩いて行ける場所です。

今日の失敗

家内を大雄山線塚原駅に
車で送った後
図書館のリクエストの本が来たので取りに行き
映像コーナーに空きがあったので
若いころ話題になって見そこなった
イタリア映画「高校教師」のDVDを見ていると

突然
バラバラと雨の音。
最後のクライマックスシーンになってきたのに!

晴れていたので二階の窓は開けてきたことを思い出す。
帰るべきか?最後まで見て帰るか?
一瞬迷ったが
今日は終了にして車に走る。
運転中、前が見えないほどの雨。
しかし、

家に帰ると雨は止んでしまった。
もう少し遅く降ってくれればと恨む。

部屋に入ると
枕、ベッドのマット、出窓は
しっかり濡れていた。
タオルで拭いて乾かしました。
この作業が早めにできたので
DVDを終了にしたのは正解かな?

いつか
後半だけ見に行こう!!

小田原城歴史見聞館

小田原ちょうちんを見た後は
「小田原城歴史見聞館」へ
初めて行きました。
一度入りたいと思っていましたが
いつも素通りしていました。
見聞館は以前の二の丸小学校の校舎だった建物です。
大変レトロです。
小学校の後は広場となっています。

2011_0803小田原0032

小田原城の歴史を映像で楽しく学べるようになっています。
たくさん映像装置があるので
広くはない場所ですが一時間たっぷり楽しみました。

小田原城は北条の城ですが
元は大森氏の城です。

風魔小太郎の説明があり
そうか!
北条氏の間者だったのです。
風魔一党は相模足柄郡に拠点を持つ忍者集団で、伊勢盛時(北条早雲)の時代から諜報・後方攪乱などで活躍し
最も有名なのは北条氏政氏直父子に仕えた五代目風魔小太郎です。

懐かしい小田原駅の写真です。
この駅舎好きだったのだが。
2011_0803小田原0031

新しくなった現在の小田原駅舎
2011_0803小田原0048



長い間天守閣だけだった小田原城に
銅(あかがね)門、馬出門などが復元され
城としての構えが出来、良くなりました。
写真は江戸時代の小田原城
2011_0803小田原0027


帰り道に
夏を涼しくするグッズを商店街で見つけました。
風鈴と打ち水(井戸水)
2011_0803小田原0044
2011_0803小田原0045

小田原ちょうちんまつり後

今年の「小田原ちょうちん祭り」は
東日本大震災の影響で
毎年見られた大がかりなちょうちんがなく
小田原市の小学生が作ったちょうちんの陳列だけだったので
行きませんでしたが
今日、香港の娘が一か月借りたレンタカーを返しに行ったついでに
小学生が作ったちょうちんを見てきました。
祭りが終わってもちょうちんは一週間おいてあります。

お堀端通りの「そば処橋本」の二階に小田原ちょうちんが。
2011_0803小田原0008


お堀端の小田原ちょうちん
2450個あります。
2011_0803小田原0014

2011_0803小田原0015

2011_0803小田原0020

おにゆり

「おにゆり」を見つけました。
今までは
我が庭に咲いている百合の紹介でしたが
今回は
グリーンヒルを歩いているとき見つけました。
2011_0728鬼ゆり

この後咲くのは
鉄砲ユリです。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード