花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

2013年06月

ギリシャ・エーゲ海ー39(サントリーニ島15  夕食)


2013.4.15(月)七日目 PM


再び大聖堂前に戻ってきました。「フィラ地区は大体歩いたので、イアへ行ってレストランで食事をして夕日を見る」と言うのが最初の予定でしたが、「今も風が相当強く非常に寒い。その上雲が出てきたので夕日は期待できそうにない。私は風邪をひいて体調がもう一つ」という状態なので「ホテルで一休みして場合によっては食事にもう一度フィラまで来よう」ということにしました。


no title















大聖堂の前からの岩壁の景色です。
no title
















大聖堂の前の道を15分ほど歩くとホテルです。
no title



































途中にフランスのスーパー「Carrefour(カルフール)」がありました。「このような島にもあるとはさすが巨大スーパーだな」と思いましたが、品数は少なかったです。
スーパーの中で、ツアーグループの数人に会いました。彼女らは「ここで食事になるようなものを購入して部屋で食べる」と物色していました。私たちもそうしようと食事になるものを探しましたが適当ものがなく、冷たいものばかりになりそうです、この寒さでは温かいものを食べたいので、ホテルのレストランで食べられるか聞いて駄目ならフィラまで戻ることにしました。
no title
















フロントでレストランで食べられるか聞くと「アラカルト OK」ということで、部屋で休んで昨晩のレストランに行きました。
客は我々だけで、昨日と同じウエイトレスで顔なじみになっていたので、写真を撮らせてほしいと頼むと快く「OK」の返事をもらいました。

no title



































私はいつもの白ワイン。彼女は紅茶がほしかったようですが、Teaはなく、一番近そうなBlack Teaを注文。出てきたのはティーバッグ。紅茶に近いですが味はもう一つだったそうです。
no title
















サラダの種類はたくさんありましたが、ポテトサラダは出来ないということで無難にグリークサラダを頼みました。出てきたサラダは野菜たっぷりで大きなチーズが乗っています。欧米で食事する時は二人で一人前を注文で充分です。
no title
















こちらも一人前です。ワインの前に前菜を取ろうとしたのですが、気にいったものが無く止めて正解でした。これ以上の量は食べられません。
no title















食事の途中で、夕日の様子を見に行きましたが、水平線付近には黒い厚い雲がかかり、駄目でした。ツアー参加の若い人は夕日を見にイアへ行きましたがやはり、夕日は見られなかったと言うことです。
no title
















つづく・・・・・ギリシャ・エーゲ海ー40(サントリーニ島16 さようなら)



1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)
31ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)
32.ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く)
33.ギリシャ・エーゲ海−33(サントリーニ島9 夕日スポット)
34.ギリシャ・エーゲ海ー34(サントリーニ島10 Free Time)
35.ギリシャ・エーゲ海ー35(サントリーニ島11 ワイナリー)
36.ギリシャ・エーゲ海ー36(サントリーニ島12 フィラでランチ)
37.ギリシャ・エーゲ海ー37(サントリーニ島 13 ランチ後の散策)
38.ギリシャ・エーゲ海ー38(サントリーニ島14 帰り道)

KITTE探検ー3 4F,5F


2013.6.20(木)


4Fの内壁

no title


















5Fの回廊はタイルが貼ってあります。ここだけ違う造りです。
no title




















4Fには特別の部屋があるのです。多くの人が入って行きます。
no title



















旧東京中央郵便局長室が復元されています。この場所にあったそうです。
no title




















局長室からは東京駅舎がよく見えます。
no title




















no title




















no title




















no title




















5Fへは階段を利用してみました。
no title




















5Fはレストラン街なので他の階のようにオープンではなく窓が閉まっています。
no title




















東京ではなく各地のレストランが入っているようです。
写真手前は神戸牛の牛たんの店です。その向こうは仙台ラーメンをPRしていました。
no title



















5Fの内壁
no title




















つづく・・・・

KITTEシリーズ

1.KIITE探検ー1外観と1F

2.KITTE探検ー 2 2F,3F


ギリシャ・エーゲ海ー38(サントリーニ島14  帰り道)


2013.4.15(月)七日目 PM


岩壁通りから内側の道を散策しながら戻ります。

時計台のある教会です。17:20を示しています。

IMG_9255















上部の内壁はブルー下部はアイボリーの素敵な教会でした。no title





































no title
















no title
















no title




































no title















no title




































no title



































初めて見ました。足をつるつるにする魚ドクター・キッスフィッシュです。
人間の古くなった皮膚である角質をついばむ習性を持ち、ドイツでは現代医学では治らないと言われている皮膚病の治療にも、用いられているそうです。
足には程良い刺激だそうです。体験しているのはツアー仲間の一人で、周りでは仲間がワイワイと楽しんでいました。
no title
















パブ、CLUBが並ぶ通りです。昼間の為かひっそりしています。
no title

































no title



























つづく・・・・ギリシャ・エーゲ海ー39(サントリーニ島15 夕食)

1.
ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)
31ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)
32.ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く)
33.ギリシャ・エーゲ海−33(サントリーニ島9 夕日スポット)
34.ギリシャ・エーゲ海ー34(サントリーニ島10 Free Time)
35.ギリシャ・エーゲ海ー35(サントリーニ島11 ワイナリー)
36.ギリシャ・エーゲ海ー36(サントリーニ島12 フィラでランチ)
37.ギリシャ・エーゲ海ー37(サントリーニ島 13 ランチ後の散策)

KITTE探検ー2 2F、3F


2013.6.20(木)


エスカレーターで2Fへ上がります。エスカレーターは一基あるのみです。
2Fからの風景です。全体を見渡すことができます。
no title

















エスカレーターを降りたところに、東京大学が明治10年以来蓄積してきた学術標本や資料が展示されているインターメディアテクがあります。
荷物をロッカーに預けて身軽になって見学しました。

インターメディアテク内は撮影禁止なので写真はありません。
「インターメディアテク」で検索すると展示写真がたくさん出ていますのでそちらを見てください。

入場して左に世界一大きなワニの骨格標本が黒い壁をよじ登っています。その横には蒸気機関を理解するカットモデルが飾られていました。標本の展示BOXは昔から東京大学で使われていたものだそうで歴史を感じさせてくれます。

一度自分の目で確かめてください。無料の博物館なので気軽に入れます。



ショッピングをしながら東京駅舎が見えるのは素晴らしいです。
2Fはレディースファッション関係です。
no title
















no title
















2Fの壁面は瓦をイメージしたというシックな模様です。各階壁面のデザインは違っています。
各階の壁面を見るのも楽しみの一つです。no title

















トイレはシンプルでシックです。
no title
















3Fへエスカレータで上がると正面に生活雑貨の店があり、天井は配管むき出しで営業していました。新しいビルなので配管もきれいです。こういう光景も良いですね。
写真をクリックして拡大して配管群を眺めて下さい。
no title
















3Fの壁面です。2Fとずいぶん違います。写真のように回廊には椅子が比較的多く置いてあり、各階椅子のデザインも違います。
no title
















no title
















インターメディアテクは2F,3Fで出入り口は2Fにも3Fにもあります。写真のコーナーはミュージアムショップです。左にはインターメディアテク内のソファーも見えます。no title

















次は・・・KITTE探検ー3 4F,5F

KITTEシリーズ

1.KIITE探検ー1外観と1F


ギリシャ・エーゲ海ー37(サントリーニ島13 ランチ後の散策)



2013.4.15(月)七日目 PM

ランチを終えて、一番崖に近い細い道をフィラの奥へと歩いて行きました。
no title



































崖には植物が生えている場所もあるのでした。
no title














no title














振り向くとカテドラルが遠くに見えます。そこがフィラ地区のスタート地点です。

写真をクリックすると拡大します。
no title















屋上の床に白い目地を入れている職人さん。目地が入るとタイルがくっきり浮かび上がります。
no title














CABLE CARの前の土産店にあったTシャツ。素敵なデザインです。サントリーニの通りにいるネコを描いているのでしょう。サントリーニ島はネコが多いので有名です。
no title














CABLE CARの乗車口です。誰もいません。受付の人もいませんでした。風が強く船がつかないので休業でしょうか?
no title
















CABLE CARの乗車口前をロバが行きます。車が通れない狭い道なので運搬は今でもロバに頼っているのです。
no title
















CABLE CARの架線の下をくぐってさらに先に進みました。
no title

















no title



































雨が降ってきたので、ART LOOMへ入りました。LOOM内には小物の芸術品が並んでいました。なかなかよいものが多く楽しめました。
1866年からワインの蔵として使われていたのを2010年にART LOOMへと改装してギリシャの芸術家の作品を展示しているそうです。写真撮影は禁止だったのが残念です。
LoomはRoomをもじったのでしょうか?Loomを英和辞典で調べると「機織り機」「ぼんやりと現れること」とありました。そして古い英語では「道具」と書いてあります。
「なんとなくほんわかする芸術」と言う意味でしょうか?
no title



































貰って来たパンフレットによる内部写真です。ワインの保存所という雰囲気が残っています。
展示物は見たものとは違っています。私が行った時はブロンズの彫刻が多かったです。
ART LOOM























つづく・・・ギリシャ・エーゲ海ー38(サントリーニ島14 帰り道)

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)
31ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)
32.ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く)
33.ギリシャ・エーゲ海−33(サントリーニ島9 夕日スポット)
34.ギリシャ・エーゲ海ー34(サントリーニ島10 Free Time)
35.ギリシャ・エーゲ海ー35(サントリーニ島11 ワイナリー)
36.ギリシャ・エーゲ海ー36(サントリーニ島12 フィラでランチ)

本:熟年革命

久しぶりに一日中雨になりそうです。
本の紹介です。
熟年世代の響きよりプラチナ世代という響きの方がずっと良いと思いませんか?


熟年革命

(渡辺淳一)

(講談社)



定年退職し、子育てが終わった世代は熟年と言わず「プラチナ世代」と呼びたい。

心は:熟してゆっくり人生を送るという熟年ではなく、これから人生を楽しむ光り輝く「プラチナ世代」と呼びたい。ゴールドではまばゆい、いぶし銀のプラチナが似合うせだいである。


熟年革命
プラチナ世代の誓い

   われわれは世間体にこだわらず

   常に好奇心いっぱい

   好きなものを追いかけ

   相手と自分をほめて

   お洒落で素敵な

   ワルになることを誓います


生きて行く上での原点。

「年甲斐も無く」を捨てるワルになる。



会社勤めを終え、自由な時間があり、会社時代の人間関係を気にする必要が無い。


使わないと筋力は衰える。同じように、やる気を出さないと脳も衰える。

脳を使うには恋をするのが良い。女性と付き合うといっぱい脳を使うようになる。

という後半から渡辺淳一独特の恋愛観を述べるようになる。女性は苦難を通りぬけているので大丈夫、輝いている。とのことで殆どが男性に対する進言である。


適用するかしないかは読者の判断である。出来る人もいるし、出来ない人もいる。出来た方が人生明るいのであるが。


読みやすく書かれています。買ってまで読む本では無い。私は図書館の特別展示で目にとまる。

進言の細かい内容は省略するので興味がわいた人は本屋の立ち読みを何回かするか、図書館で借りるのが良いだろう。



KITTE探検ー1 外観と1F


2013.6.20(木)

3月21日に新しく開業した旧東京中央郵便局の建物「KITTE」に行ってきました。
「KITTE」という名称は「切手」と「来て」を兼ねているということです。

JR東京駅南口を出たところに懐かしい東京中央郵便局の姿がありました。
発行された記念切手を買いそびれた時に「中央郵便局ならあるだろう」と来た記憶があります。
壁の色が旧東京中央郵便局の時代より明るく白くなった感じがします。したがって昔よりスマートな建物になったのかも?
4Fにあった時計も復元されています。
no title
















正面の入口に「KITTE」の文字がぶら下がって、おしゃれな入口になりました。
no title















旧東京中央郵便局保存建物の上に38階建てのJPタワーがのっています。
外から見ると旧東京郵便局保存建物は5Fの様に見えますが、もう一階レストランの建物がのっいて、そこから屋上へ出られるのです。写真を良く見れば気がつくと思います。
no title
















郵便マークがしっかりと建っています。東京中央郵便局は健在です。建物の中に確かにあります。
no title

















入口を入ってすぐ右にTOKYO CITY i(インフォメーション)があり、東京のインフォメーション役を担います。その奥が郵便局窓口です。
no title
















郵便局内です。
no title















no title

















各種郵便グッズを売っていますが、何といっても記念切手です。
富士山が世界遺産に決まったので富士山に因んだ切手が多く見られました。
no title















窓際には記念切手シートが項目ごとに並んでいます。
no title
















no title
















入口左にはKate Roseというフラワーショップがあります。バラだけではなくいろんな花を売っています。胡蝶蘭も見えます。no title

















一歩中へ進むと、三角柱の6Fまで吹き抜けになった素晴らしい空間です。吹き抜けの周りは各階回廊になっており、お互いのショップを垣間見えるようになっています。
中央ではintelがデモストレーションを開催していました。いろいろなイベントに利用される広場です。
no title



































コーヒーのCAFE会とフルーツパーラー千疋屋no titleは列ができています。

















つづく





ギリシャ・エーゲ海ー36(サントリーニ島12 フィラでランチ)


2013.4.15(月)七日目 AM


ワイナリーでの試飲を終えて、サントリーニ島の中心地であるフィラ地区観光です。

まず真っ白な大聖堂です。
IMG_9224
















no title















「いい眺めだ!」と言っているようです。
no title














CABLE CARへと続くメイン通路です。階段の青いラインにCABLE CARと書いてあります。
no title














no title















崖っぷちの風光明美なレストランへと降りて行きました。海側には風除け兼転落防止のためでしょう。ビニールフェンスが取りつけられています。
no title















偶然、CABLE CARを見ることができました。ゴンドラは6つ連続してつながっているのです。珍しい形のゴンドラです。
no title














左下方面ではロバが荷物を持って降りて来ては袋の中身を空けて、すぐまた上って行くという仕事を休むことなく繰り返していました。多分セメントか砂など壁土の材料でも運んでいるのでしょう。
no title















サラダにパン
no title















スープがたっぷり
no title














名前はわかりませんがさつま揚げ風でした。
no title















ムサカという料理です。ナス、ジャガイモ、ミートソースがサンドイッチされたラザニアの様な食べ物です。
no title














フルーツ
no title














ここでガイドさんの案内は終了です。
フリータイムとなり、思い思いに散策して、各自ホテルまで歩いて帰るのです。
今日の夕食は付いていません。各自自由に食事です。

つづく・・・ギリシャ・エーゲ海ー37(サントリーニ島 13 ランチ後の散策)

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)
31ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)
32.ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く)
33.ギリシャ・エーゲ海−33(サントリーニ島9 夕日スポット)
34.ギリシャ・エーゲ海ー34(サントリーニ島10 Free Time)
35.ギリシャ・エーゲ海ー35(サントリーニ島11 ワイナリー)


早くも「ひまわり」咲く足柄ユートピア農園


2013.6.24

家から歩いて15分ほどの所に「足柄ユートピア農園」があります。今、ひまわりが満開です。

no title



















no title


















時期をずらして3回ひまわりの種を植えたようです。今は一回目、二回目の種の花が咲いています。ひまわりは太陽の方向を向いて咲くと言われていますが、夕方でもひまわりは東を向いて咲いています。
no title


















ひまわりの種をついばむ「カワラヒワ」です。
no title


















向かいの畑では秋にザルを伏せたように半球状に咲く菊(ザル菊)が植わっています。
今は写真の様な状態です。
普通、菊は11月頃に咲きますが、この菊は9月末に咲く早咲きの品種です。
花が咲いたらブログでお知らせしたいと思います。
no title


















ブドウがたわわになっている所もあります。もうすぐ収穫でしょう。
no title



















トウモロコシ畑です。no title遠くにはひまわりが見えます。



















明治神宮御苑の花菖蒲


2013.6.20(木)

パラパラと雨降る中を、明治神宮の花菖蒲を撮影しに行ってきました。
江戸時代、肥後藩加藤家、彦根藩井伊家の下屋敷の庭園だった場所で、明治になって宮内省(現在宮内庁)の代々木御苑になり、明治天皇が昭憲皇太后のために花菖蒲を植えさせられたそうです。
明治神宮の森はもとからあったのではなく明治末に人の手で造られた森なのです。
興味のある方は下記URLを参考にしてください。
前編
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20110617/274594/

後編
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20110722/278551/

no title
















都会の真ん中とは思えない鬱蒼とした森の中を歩きます。
私はこういう場所が好きです。
no title
















四阿(あずまや)が中の島にぽつんと建っています。なんとなく相撲の土俵を連想してしまいました。
no title
















突然明るくなると広い芝生が広がり、隔雲邸という日本家屋があります。
明治天皇のご意向により皇后さまの為に建てられた建物ですが、戦災で焼失したため昭和33年(1958年)再建されたものです。
no title















no title
















芝生の前には南池があり、白い睡蓮が咲いていました。明治天皇と皇后さまはこの池で釣りを楽しまれたそうです。
no title















no title

















清正井からの湧水が谷間を流れ南池に通じる渓谷沿いに花菖蒲は咲いています。
デジブックでご覧ください。




花菖蒲田の先にはパワースポット湧水清正井があります。

訪れる人は少なく、すぐ井戸の前に行けました。警備員が一人いて、「ハイ、次」、「ハイ、次」・・・と手際よく采配していました。
井戸の前に建てるのは数秒と言ったところです。写真を一枚撮って終わりです。

no title
















警備員さんの手の上に注目!小鳥が止まっています。警備員さんが手を差し出すと小鳥が飛んできて止まります。すぐ離れますが、また手を差し出すと止まります。毎日居ると小鳥がなつくのでしょう。
no title
















透明な水がわずかに湧きだしている清正井です。Powerをもらって次はKitteに向かいます。
no title
















しばらく明治神宮へ来なかった間に、明治神宮文化館という建物が出来ていました。
レストランやお土産店、結婚披露宴会場、ホールなどがあります。
そばにはは観光バスやタクシーの駐車場があります。
明治神宮文化会館_パノラマ1











ipadやスマートフォンの方の為の花菖蒲田の風景ダイジェスト版です。
no title
















no title



































no title
















no title
















no title















ヘリコニアが咲くトロピカルドーム

小田原フラワーガーデンにはトロピカルドームという温室があり熱帯・亜熱帯の植物が植わっています。ゴミ焼却所の余熱を使って約300種類の花木を育てているのです。

今の時期、見逃せないのは「ヘリコニア」という花です。
IMG_0619



































ヒスイカズラは二番花となり、花は少し小さいです。一番花は3月〜4月上旬に咲きます。この頃は大きな花をつけます。
IMG_0624



































黄色い花は「パキスタキス ルテア」黄色い部分は苞(ほう)で花は白いところです。
IMG_0620
















パパイヤの実です。実はグリーンから橙色に変化します。
IMG_0632















巨大なブーゲンビレアです。条件が良ければこんなに大きくなるのですね。
IMG_0634
















オウギバショウ。
 昔、旅人が葉の根元の溜まった水を飲み、のどを潤したとされることから「タビビトノキ」ともいわれています。IMG_0636




































洞窟状の通路には水槽が置かれ熱帯魚が泳いでいました。
IMG_0631
















日本では、なかなか見ることができない植物が植わっており、楽しい大温室です。
65歳以上は無料というのもうれしいです。


ギリシャ・エーゲ海ー35(サントリーニ島11 ワイナリー)   



2013.4.15(月)七日目 AM

イア地区の観光を終え、再びバスに乗ってフィラの町から南へ約4km、サントワイン(Santo Wines)というワイナリーに向かいました。

ワインは紀元前8000年から飲まれていたと言われています。ギリシャに来るとワイン発祥の地はギリシャと説明がありますが、紀元前8000年のことで良く分かっていません。グルジアとかトルコという説もあります。

崖の反対側の道をバスは走ります。こちらは農業地域です。
no title















Santo Winesと書かれたゲートをくぐってワイナリーへ入ります。
no title














試飲室にはアーチ状にくりぬかれた大きな窓があり、そこからは絶景が眺められました。
no title
















no title
































試飲は3種類で、サントリーニ島で作っているのは白ワインがほとんどで、辛口です。
とガイドさんが説明。最初は一番辛口です。こちらはかなりの辛口で、私にはビター過ぎました。
no title














二つ目は、中間です。こちらは美味しかったです。
最後は一番甘い辛口でしたが甘みは全くありません。日本で発売されている白ワインの辛口でも最近は結構甘いですが、こちらは本当に全てかなり辛口でした。
no title















最後に、赤ワインが一種類あるので希望者のみ試飲となりました。
きれいな色です。
これは大きなデッキへ出て試飲しました。やはり辛口でした。


no title















no title














崖の上に広がるデッキからの景色は素晴らしかったです。
イアにいた頃は真っ青な空でしたが、雲が出始めました。
風は相変わらず強く冷たいので、ほとんどの人は外へ出てきませんでした。
風が穏やかで、暖かいとデッキでの試飲はさぞ、気持ち良いだろうにと残念でした。
no title














海の色の変化が非常に美しいです。
半島の先がサントリーニ島の南端です。
no title
















向こう側の白い家の連なりが見えるのがフィラ地区で、左端の半島の先がサントリーニ島の北端のイア地区です。
写真をクリックしてパノラマ写真でお楽しみください。
ワイナリーはフィラの少し右、サントリーニ島の中央部あたりで、くぼんでいるため最南端と最北端が眺められる場所です。
IMG_9209M







サントリーニ島を模ったワインの瓶です。
no title















no title















テラス全景
no title















no title
















no title















ブドウのつるを巻いたライトの傘です。ブドウはこの様に蔓をリング状にして栽培されています。
no title















no title















ブドウ畑です。見慣れているブドウ畑とずいぶん違います。リングが並んでいるのです。
no title














このような形にしているのは

_仍海療腓覆里播效呂やせており、蔓を短くして、養分が葉に行かないようにするのです。そうすると、養分がブドウに凝縮し良いブドウが採れるのです。

風が強い島なので、幹と葉のリングが中のブドウを傷まないよう保護しているのです。IMG_9221K

















つづく・・・ギリシャ・エーゲ海ー36(サントリーニ島12 フィラでランチ)

今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)
31ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)
32.ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く)
33.ギリシャ・エーゲ海−33(サントリーニ島9 夕日スポット)
34.ギリシャ・エーゲ海ー34(サントリーニ島10 Free Time)

小田原フラワーガーデン池と渓流に咲く花菖蒲


家から車で10分の所に小田原フラワーガーデンがあり、渓流の梅林とバラ園で有名ですが、今は花菖蒲が梅林の中に咲いています。
今日、曇っていましたが出かけてきました。



参考:小田原フラワーガーデンのバラ



ipad スマートフォンの方は下記ダイジェストでご覧ください。

no title



































no title
















no title

















no title
















no title
















no title


















no title

















no title
















no title

















no title


















ギリシャ・エーゲ海ー34(サントリーニ島10 Free Time)



2013.4.15(月)七日目 AM


イアの夕日スポットで解散になり、一時間のFree Time となりました。集合は最初に出てきた広場のあるイアの大聖堂(?)です。マインストリートをぶらぶら歩きながら戻りました。


二ケの像でしょうか?ギリシャ神話では勝利の女神です。英語読みはナイキです。
no title














狭い階段の上の小さな教会
no title
































屋上へ上がる階段です。人一人づつしか登れません。屋上からの眺めは素晴らしいのでしょう。
no title

































no title



































薄いブルーの壁のBLUE SKYというレストランのようです。シーズンはまだなので閉まっているようです。額縁の絵あ素敵です。写真をクリックすると拡大します。

no title
















no title
















風景は何処でも、同じ感じですのでCafeに入ってのんびり海と白い建物を見ることにしました。
no title
















私はホットコーヒー。家内はアイスクリーム。少し、グリーンががかっていますが、アイスクリームの名前は忘れました。
no title

















no title
















no title
















集合場所に戻ると、結婚式の記念撮影していました。韓国人か中国人の様です。
サントリーニ島で結婚式ををするのが若者の間で人気のようです。特にサンセットウエディングが人気らしいです。ドレスに着替えた後、生バンド付きで、白の建物と青い海のビューポイントを写真を撮りながら歩き、夕日が美しいホテルのテラスで指輪の交換と結婚証明書をもらい、ケーキとシャンパンで祝福する。というのが結婚式の流れの様です。
旅行会社で斡旋しているとのことです。下記参考例
http://ameblo.jp/amihama/entry-10871968084.html

no title



































風が強く、新婦のベールが髪から外れそうになり大変です。
no title

















no title
















イアの写真を20枚選びました。もう一度大画面でご覧ください。



つづく・・・ギリシャ・エーゲ海ー35(サントリーニ島11 ワイナリー)

今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)
31ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)
32.ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く)
33.ギリシャ・エーゲ海−33(サントリーニ島9 夕日スポット)


クローズアップレンズ


小さな花をハイキングや旅行中の道端で見つけた時、写真を撮りますが、花に近づけず、大きく写せず残念に思った経験はありませんか?

被写体に近づいて大きく写すために造られたのがマイクロレンズまたはマクロレンズと呼ばれているレンズです。
但し、5〜10万円します。時々しか使わない人にとってはちょっと高いですね。一眼デジカメが購入できる値段です。
マクロレンズ









そこで、考えられたのがエクステンションチューブやクローズアップレンズです。

クローズアップレンズはレンズの前に取り付けてフィルター感覚で使えるので便利です。
これだと1千円から2千円で購入で来ます。

私はこれを誕生日のプレゼントとして長女夫婦にもらいました。
最近のクローズアップレンズは性能がよくなっているので結構きれいに撮れます。
原理はカメラの前に虫めがねを置いて撮影したと考えればよいでしょう。


KENKOのクローズアップレンズはマルチコートを施してあります。
IMG_0385
















普通に撮影するとこのようになり、迫力に欠けます。
IMG_0384

















クローズアップレンズを付けての撮影です。
画面に締りが出ました。背景のボケ方も上記写真よりきれいです。
IMG_0383
















矢車草をクローズアップレンズを付けて撮影しました。いかがでしょうか?
IMG_0377

















胡蝶蘭を250mmの望遠にクローズアップレンズを付けて撮影。
かなり大きく撮れました。
IMG_0513











梅雨時の花


鉢の花菖蒲をエントランスに持ってきています。
毎年、新しい苗に更新しているので、もうすぐ苗つくり作業となります。
IMG_0520



































ギボウシの花も上がってきました。葉は明るいグリーンです。雨の時期に庭を明るくしてくれます。昔は斑入りだったと思うのですが、日が当りすぎるのでしょうか?大株になってきたので株分けをしようかと思っています。
IMG_0521















かわいいギボウシの花です。
IMG_0522
















ギリシャ・エーゲ海ー33(サントリーニ島9 夕日のスポット )


2013.4.15(月)七日目 AM


イアは夕日を見るスポットです。サントリーニ島に来るのは「ここから夕日を見たいから」と言う人は多いと思います。
但し、この日は風が強く、寒いです。
添乗員さんから「先ほどクルーズ船が来ましたが、この風なので、テンダーボートは出ず、次の目的地へ行ったものと思われます。ホテルは予約していないのでこれから探すことになります。ホテルの費用は予定外なので各人持ちになります。皆さん良かったですね」と言われました。こういうことがありうるので予定外のことが起こった場合に出る保険に入っていた方が良いということでした。
no title














no title















no title
















ここにも風車がありました。
no title
















no title



































夕日が見られるホテルやレストランがたくさん建っています。そのレストランの一つに行って「夕方もう一度来る人はレストランの予約ができるか聞いてみる」とレストランの人とガイドさんが交渉してくれました。
しかし、レストランの人は「今日は風が強いのでよくない。風は2~3日続くので別の日に出なおした方がよい」との返事で予約を受けませんでした。お客さんの身になって考えてくれる人でした。
no title
















no title
















さらに、「夕日を見に来たい人が集まればチャーター便を頼むので、チャーター便を希望する人は手を挙げてください」にも、誰も手をあげません。写真撮影が好きな私でも、この寒さと風ではちょっと来る気になりませんでした。
公共バスはフィラーイア間、30〜60分に一本走っていて1.6ユーロでした。


つづく・・・・Free Time


今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)
31ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)
32.ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く)

ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く  )



2013.4.15(月)七日目 AM


次のビューポイントへ行くため、大聖堂前のメイン通りへ戻りました。

人目を引くモニュメントです。みんなが笑って見ていました。一番上は三つ編みお下げの女の子でした。青い空のもと陽の光をいっぱい受けています。よく風に飛ばされないものだと感心します。
no title

































サントリーニ島のネコ
no title














路地に壺が置かれSPAと書かれています。火山があった場所なので温泉が出るのでしょうか?
no title














no title















メイン道路からビュースポットへ降りて行きます。
no title















サントリーニの写真はカレンダーや雑誌によく出ています。波紋が縮れた布の様です。
no title















no title
















no title















no title















no title
















白いペンキを塗っているおじさんです。先ほどの人形ではありません。
白い壁を保持するために年に1〜2回塗り直しているそうです。
no title














イアの最北端に向かって歩いています。

no title















no title
































サントリーニ島の絵を売っている店。
no title















本が並んでいるのではありません。壁に絵を描いているのです。
はしごの上の人形や本の絵など、ちょっとした遊び心があるイアです。
no title















no title















つづく・・・・ギリシャ・エーゲ海−33(サントリーニ島9 夕日スポット)

今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)
31ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)

遊行寺の花菖蒲


2013.6.14 

藤沢へ行ったついでに遊行寺の花菖蒲を見に行きました。

遊行寺の黒門   寺の正式名は「時宗総本山 清浄光寺」で北条氏にゆかりのある寺です。 
no title

















広重も「藤沢 遊行寺」を描いています。藤沢宿の出入り口に位置しています


参道の両側に植わっているのは八重桜です。
no title
















桜が咲いている様子は下記デジブックでご覧ください。
本堂の前には大きな銀杏の木があり、秋は見事な黄金の色となります。



花菖蒲園は社務所の裏にあり、靴を脱いで中に入り、渡り廊下から鑑賞します。
花菖蒲は三日間降り続いた雨でダメになっていましたので雰囲気だけですが。

no title
















no title
















no title

















no title
















ハスも植わっていますが花はまだです。
no title
















no title
















雨が降っても大丈夫なのは紫陽花です。
no title
















no title
















no title



































no title

















no title
















鐘楼の傍でリスを発見。近づいても逃げません。
no title
















no title















遊行寺は見どころ満載ですが、今日は花菖蒲付近のみ歩きました。

ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7 イアを歩きはじめる)   )



2013.4.15(月)七日目 AM



フィラから約30分でイアに到着です。バスやタクシーの発着場所は一か所です。少し坂道を上って、しばらく歩くと広場にあるイアの大聖堂(?)に到着です。
青い屋根に白い壁そして鐘楼があるのがイアの教会の典型的スタイルです。

この広場がイアの中心になり、広場があるのはここだけのようです。したがってツアーの集合地に選ばれているようです。我々も夕日鑑賞に人が集まるイアの最北端で自由行動となり集合場所はこの広場となりました。
no title
















no title


































*************************************
写真をクリックするとすべて拡大します。***********************************

ビューポイントへは現地ガイドさんが案内してくれました。
青い丸い屋根の教会と様々な色の壁の建物が見えるスポットです。

IMG_9083















眼下に小さな島があり、ここにも教会があるようです。写真を拡大すると鐘楼が見えます。青い海ですが、かなり波が高いようです。写真を撮っている場所もかなり風があります。
no title














no title














教会の十字架は正十字でギリシャ正教の十字架です。
no title
































no title
















イアの街は崖に向かって徐々に伸びていった感じがします。
no title














まさにリゾート地!こういう場所でゆっくりしたい!
no title














no title















no title














道は狭く階段で各建物を結んでいます。迷路のようです。no title















セーリングクルーザーが二艘停泊しています。後ろにはゴムボートがくくりつけられています。
この波では誰も乗っていません。ギリシャの国旗をかかげています。
no title














クルーザー2艘















no title















つづく・・・・ギリシャ・エーゲ海ー32(サントリーニ島8 イアを歩く)

今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)
30.ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)

開成町のあじさい・花菖蒲・花あおい


今日は雨が降ったりやんだりで、雨がやんでいる間に開成町のあじさいと花あおいを見に出かけました。

開成町のあじさい:
   17haの水田地帯の農道・水路沿いに約5000株のあじさいが咲いています。
   雨が降り見頃となっていました。

デジブックでご覧ください。






ipad、 スマフォの方は以下のダイジェストでご覧ください。


no title

















no title

















no title
















no title

















no title

















no title

















no title
















no title
















no title

















花あおい
IMG_0408

















IMG_0409


















ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ )

2013.4.15(月)七日目 AM

サントリーニ島2日目です。
この日は、イア地区とフィラ地区の散策です。9:00にバスで出発です。
午前中、島のガイドさんの説明で歩き、昼食後は自由行動です。

サントリーニ島マップフィラーイア






















まず、イア地区に向かいます。

フィラからイアへのバスの中からの風景です。


男性がロバに乗っていました。このように車が走る道もロバは歩くのです。
車が無いころは唯一の輸送手段だったのでしょう。馬と違って可愛いです。
no title
















昨日は崖のある方向しか見ていませんでしたが、崖の反対側は平地で、畑があります。
no title
















石灰岩です。
no title
















今度は赤土の地層です。場所によってずいぶん違います。
no title


















no title















白壁の建物に埋め尽くされたイア地区が近づいて来ました。
no title















バスを降りてイア地区を散策です。道はこのように狭く、
背の低い建物が続いています。
no title















階段状に所狭しと家が並んでいます。
no title















花壇を作っている家もあります。予想しなかった光景です。
no title















白とブルーのギリシャの国旗がひらめいています。クルーズ船からはサントリーニ島の建物は白一色にみえましたが、イア地区は白でない壁の建物もあるのでした。no title
















つづく・・・・ギリシャ・エーゲ海ー31(サントリーニ島7イアを歩き始める)


今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)
29.ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)

ギリシャ・エーゲ海−29(サントリーニ島5−ホテルの前の夕焼け)


2013.4.14(日) 六日目 PM


RESORT HOTEL エル グレコ入口。赤い灯に照らされたエントランスは素敵です。
no title















西の空に夕焼けです。太陽が雲に隠れて見えませんが夕日の前の雲が殺風景な空にアクセントを付けてくれています。
今日はクレタ島で朝焼けを見て、また夕焼けを見られるという幸運に巡り会いました。
no title















赤い空とグレーのエーゲ海
no title














太陽が雲の間から顔を見せました
no title














夕日が沈んだ後の赤い空。
no title















食事に戻り、再度様子を見に外に出ました。島の上の雲が黒く残念でした。
no title














色温度を変えてブルーを強くするとこの写真です。絵のようでこれもよし。
no title















濃いブルーの空に三日月が顔を出していました。日本ではこのような色の空はなかなか撮れません。どうしてでしょうか?
no title

















レストランへ戻りながらの写真です。
no title















IMG_9027















つづく・・・・ギリシャ・エーゲ海ー30(サントリーニ島6 イアへ)今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)
28.ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)

久しぶりに3D映画を見に行ってきました


家内がスイミングに行く車に便乗して久しぶりに3D映画を見に行ってきました。
「G.I.ジョーバック2リベンジ」
超アクション映画は3Dが似合います。

GIジョー









忍者が登場するのが一つの見せ場となっています。
韓国男優イ・ビョンホンが忍者を演じているのが話題となっている映画です。
忍者はやはり日本人が似合うと思いますが。
甲賀と伊賀の忍者の戦いを彷彿させる場面があります。
忍者はNINJAとなり完全に国際化したようです。

学生時代はよく「007」を見に行きました。
007では毎シリーズどんな最新兵器が出てくるかが楽しみでしたが今はふんだんに最新兵器が出て来て、ドンパチの連続と大音響です。「007」の時代のほうがストーリーを追いやすかったです。

3D映画は3D用メガネを持参すれば100円引きなので、以前の物を持って行こうと思っていて忘れてしまいました。
しばらく、3D映画に行かなかった間に、掛けやすく、かっこよく3Dメガネは進化していました。



アバター等、初期の3D映画の扁平なメガネ。見ている間にいつも掛けているメガネとのずれが出て、直しながら映画を見ていたものです。
IMG_0397
















今日の3Dメガネ。メガネの蔓がすっぽり3Dメガネにはまり、ずれません。
IMG_0398
















私が映画鑑賞の間に家内は水泳で汗を流し、帰りにピックアップしてもらいました。

帰り路に新しく出来た「業務スーパー」を見つけ、寄りました。入口で車の列ができていて困ったなと思ったら同じ敷地にあるスターバックスのドライブスルーに並んでいるのでした。コーヒーのドライブスルーに行列とは?近辺にファミレスは多くありますがCafeがないので車で移動することが多いこの辺りでは重宝されそうです。
新しいスタバなので私たちも休憩することにしました。郊外ですのでスペースがゆったりとってあり、感じがよかったです。
下記URL参照
http://d.hatena.ne.jp/yummy21/20130528/1369691223


スタバ
















「業務スーパー」は今年3月に出来たようです。
確かに安かったです。2リッターのお茶が88円といった具合です。見るだけと言っていた家内は安いと、つい次から次へと購入してしまいました。

今日の午後からの遊びでした。

ギリシャ・エーゲ海−28(サントリーニ島4−ディナー)


2013.4.14(日) 六日目 PM



ホテルのレストランです。クルーズ船の中のレストランは多くの人でごった返していましたが、今日はゆったり食事ができそうです。
IMG_9014
















レストランにはまだ人がそろわず10名ほどでした。ビュッフェスタイルなのでお皿に食べるものを載せているとシェフがなにやらやり始めました。
トマトの皮を切らないように長く一本に仕上げました。
no title



































何をするかと思うと、バラの花でしょうか?皆さん大拍手でした。
女性はこれなら帰ってから自分でもできそうだ。パーティーに使おう!など言っていました。
no title















今度はno title
















これも皆さん出来そうです。あまり面白くないと思ったら
no title














きゅうりをくっつけ
no title














レモンを添え、終了。
IMG_9009















ショーはこれぐらいにして食事を始めました。エーゲ海では白ワインが美味しいです。
IMG_9000















IMG_8999

















no title















食事中ですが、日が暮れてきたのでホテルの前から夕陽を見られるのでは?と思っていたので、様子を見に出ましたが、まだ少し早いので再び食事に戻るとレモンの籠にトマトを入れてシェフがテーブルに持って来てくれたのです。

no title















しばらくすると、またショーが始まっていました。
アットホームな雰囲気のレストランでした。

no title














                                                                                  かなり暮れてきたのでもう一度、外へ出て夕陽の撮影をしました。
次回のブログをお楽しみに!


つづく・・・・ギリシャ・エーゲ海ー29(サントリーニ島5 ホテル前の夕焼け)

今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)
27.ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)

大型プランター作成


今日は曇っていて涼しいので
出窓の天板を交換した時、もらっておいた2m50cm×55cm×厚さ2.5cm天板を引っ張り出して、大型プランターの作成を試みました。

出窓から外した天板
IMG_0388
















板の切断は電動丸のこで楽に切断できました。

76mmの木ネジで天板を接続する作業が、板が固く難儀でした。

なんとかビス止めを行い、塗装して、玄関とオープンデッキの間にすっぽりはめ込みました。
柱はつるバラのパーゴラの柱です。柱にうまく、はまり込むサイズに作りました。

マリーゴールドが植わっている大型鉢もデッキ材の残りを使って以前制作したものです。

何の花を植えるか次の楽しみです。
IMG_0395









ギリシャ・エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前散歩)


2013.4.14(日) 六日目 PM



エル グレコを出て、しばらくフィラの街に向かって散歩しました。
エル グレコの文字が素敵です。

エル グレコはスペイントレドでの画家として有名な人物です。
生まれはクレタ島のイクラリオンです。ここからホテルの名前に採用したのでしょうか?グレコとはイタリア語でギリシャ人という意味です。エル グレコはイタリアに住んでいたのでこの名前を使ったのでしょう。エルはスペイン語で男性定冠詞です。グレコはスペインでも絵を描いています。そういうところからエル グレコと名乗ったようです。
no title
















ホテル前からの夕暮れ少し前のショットです。島とクルーズ船のシルエットに渋くシルバー色に輝くエーゲ海。そして夕陽の光がほのかに差し込んでいる絵になる一枚です。
no title
















道端にはいろいろな花が咲いていました。
no title
















no title

















no title


















no title
















サントリーニ島は白い壁の家だけかと思っていましたがそうでもなさそうです。
フィラの街から歩いて行ける場所なので最近可愛いホテルが建ち始めたようです。
no title
















no title
















no title
















空き地に種が飛んで来て群生したのでしょう。
no title
















風が出て来て寒くなってきたので散歩はここまでで引き返しました。
no title

















no title















no title
















石切り場の跡。
IMG_8991M










マンホールのデザインは?中央は噴火した山をイメージか?周りはサントリーニ島の教会でしょうか?
no title
















つづく・・・・ギリシャ・エーゲ海ー28(サントリーニ島4 ディナー)

今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)
26.ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)



ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)


2013.4.14(日) 六日目 PM


バスの窓からは崖が間近に見えます。no title

















崖を登りきりました。海の中のだ円形は漁をする網でしょうか?
no title
















岩壁の上からのエーゲ海
no title
















バスはホテルまでで終了です。
ホテルの名前は「エル グレコ」です。

no title
















島のホテルらしい明るい内装です。
no title
















白い建物と建物の前のプールの青が映えるアパートメントの作りのようなホテルです

プールの数は数えませんでしたが、たくさんありました。部屋数は67だそうです。同じような建物がプールの周囲に建っています。
プールではハイスクールの子が泳いでいました。
no title


















私が泊った205号室前のプールです。まだ水が冷たく、風が吹いているので今はプールに入る気にはなれません。
no title

















no title
















部屋の入口は一段高くなっており、テーブルとイスが置いてあります。
夏は最高だろうと思うリゾートホテルです。★★★★でした。
no title
















広い部屋で、低いパーティションで仕切られ一段高くなった所にベッドが置かれています。
no title
















こちらはサロンです。
no title
















玄関ドア。床は大理石(?)なので、風の冷たい今日は一層寒さを感じました。no title


















トイレとバスタブ(見えませんが)の部屋も白で清潔です。
シャワーのみのホテルが多いヨーロッパですがバスタブがありました。
水道水で口をゆすぐとしょっぱいです。島であることを再認識しました。歯を磨くのはミネラルウォーターを使わねばなりませんでしたが、アテネに到着してからミネラルウォーター500mlを一本/人与えられるのでミネラルウォーターには困りませんでした。
no title

















夕食まで時間があるのでフィラの街まで行った人もいましたが、私たちは明日行くのでホテルの周りを散歩することにしました。
no title

















no title















タイルの壁には昔の舟や魚が描かれています。
no title

















no title
















つづく・・・ギリシャ。エーゲ海ー27(サントリーニ島3 ホテル前の散歩)

今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)
24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)
25.ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)

ブルーベリー 早、食べ頃?


ブルーベリーの実が大きくなって色づいてきました。
大粒で早く食べごろになるブルーベリーの種類です。
IMG_0364
















このままでは小鳥が食べてしまうので網で囲いました。
「人間の食べ物だぞ!」という意思表示です。
左のブルーベリーは少し小粒で収穫はまだ先となります。
IMG_0365







ギリシャ・エーゲ海ー25(サントリーニ島1 上陸)


2013.4.14(日) 六日目 PM


現在のサントリーニ島は下図の一番大きな三日月型の島ですが、以前は一つの島だったのです。何回も火山噴火がありこのような形になったのです。紀元前1500年に起こった史上最大の噴火により中央部分が沈みました。



サントリーニ島


















船内新聞に「3:30PM頃サントリーニ島へ接近、サントリーニ島に接近する際の素晴らしい景観をお楽しみください。」と記載されていたので、早めに船首へ行って一番よい場所をキープしました。
そのうち、多くの方が船首に集まり、「雪をかぶっている」と口々に話しながらサントリーニ島を眺めていました。
エーゲ海の青い色も素敵です。

飛行機では見られない景色でしょう。
no title
















私は「白は雪ではなく白い建物ではないかと思い」レンズを望遠レンズに交換し、撮影した写真を拡大して見せてあげると「あっ、家だ!」と感嘆の声が広がりました。

写真をクリックすると拡大し、様子がよく分かります。皆さんにはデジタル拡大して見せてあげました。
絶壁の上の白い家がサントリーニ島の有名たる所以です。手前の島はネア・カメニ島だと思います。

**写真はクリックすると、すべて拡大します。***

no title
















中央は削り取られた溶岩でしょう。その左の石は白いです。石灰岩でしょうか?
no title
















溶岩の上に、建物が一つだけ立っています。ホテルでしょうか?教会でしょうか?
島の南の方の人があまり住んでいない場所です。
no title
















no title
















火山の噴火で取り残された小さな島です。
no title
















断層を作っている絶壁
no title
















サントリーニ島の北端イアの村です。夕焼けを見に多くの人が訪れる場所です。
no title
















島の中心で一番賑やかなフィラです
no title

















クシャダスで隣に停泊していた船がいます。周りには上陸するためのテンダーボートが3艘見えます。我々もテンダーボートに乗り移って上陸します。
no title


















水の色が素敵です。
no title
















フィラの白い大聖堂がよく見えます。
no title















テンダーボートです。70人ぐらい乗れたと思います。
no title
















我々の乗っている船に横付けされました。
no title

















4時間ほど島に滞在し、船に戻る人が最初にテンダーボートに乗り写真の船着き場へ行きました。300mの断崖絶壁の上のフィラの街に行くのはロープウエイかジグザグなロバの道を歩いて上ることになりますが、ロバの道は狭く急なので人が歩くのは薦めないとのことでした。
no title
















テンダーボートに乗ったところです。船から階段をおろしテンダーボートに乗り移ります。波が高かったり、風が強いときはテンダーボートは中止になり、乗客は次の行き先へ行くそうです。
翌日は非常に風が強く、テンダーボートは出ず、サントリーニ島へは上陸出来なかったそうです。我々は非常にラッキーでした。
no title
















我々は島に2日間宿泊するため、バスでの移動となります。バスは断崖絶壁は走れないので別の船着き場に到着しました。
no title

















no title

















つづく・・・・ギリシャ・エーゲ海ー26(サントリーニ島2 ホテル)

今までの記事

1.ギリシャ・エーゲ海−1(エティハド航空)
2.ギリシャ・エーゲ海ー2(アブダビ空港)
3.ギリシャ・エーゲ海ー3(カランバカへ)
4.ギリシャ・エーゲ海ー4(カランバカのホテル)
5.ギリシャ・エーゲ海ー5(ホテルの朝)
6.ギリシャ・エーゲ海ー6(メテオラー崖の上の修道院)
7.ギリシャ。エーゲ海ー7(メテオラー大メテロン修道院)
8.ギリシャ・エーゲ海ー8(メテオラ アギオス・ステファノス修道院)
9.ギリシャ・エーゲ海ー9(カランバカ村でランチ)
10. ギリシャ・エーゲ海ー10(テルモピュレの戦い)
11.ギリシャ・エーゲ海ー11(ピレウス港を出港)
12.ギリシャ・エーゲ海ー12 (ミコノス島上陸)
13.ギリシャ・エーゲ海ー13(ミコノス島の夕暮れ)
14.ギリシャ。エーゲ海ー14(クシャダス1−要塞へ)
15.ギリシャ・エーゲ海ー15(クシャダス2ーバザール)
16.ギリシャ・エーゲ海ー16(クシャダス出航 ランチ)
17.ギリシャ・エーゲ海ー17(パトモス島1 聖ヨハネ修道院)
18.ギリシャ・エーゲ海ー18(パトモス島2 ロバの道を下る)
19.ギリシャ・エーゲ海ー19(パトモス島3 スカラの街中)
20.ギリシャ・エーゲ海ー20(クレタ島1−朝焼け)
21.ギリシャ・エーゲ海ー21(クレタ島2 要塞へ)
22.ギリシャ・エーゲ海ー22(クレタ島3 オウガストウ通り)
23.ギリシャ・エーゲ海ー23(クレタ島4 マーケット)

24.ギリシャ・エーゲ海ー24(クレタ島5  アキオスミナス大聖堂)

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード