花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

2015年06月

イタリア48 帰路の飛行機の中


2015.4.27(月)−8(火)(7日目ー8日目)


飛行機に乗り込む時ジェットエンジンが見えました。
no title

物を置ける台ですが、着陸時は気をつけなければなりません。往きのミラノ到着時にカメラを置いていたら滑って落ちてしまいました。
no title


しばらくしてランチが出ました。

no title


no title

二種類のパスタ。日本人アテンダントが「両方入れましょうか?」といってくれたのでうなずきました。
普通はどちらか一方です。
no title

サラダ
no title


子牛肉のステーキ
no title


フルーツとスイーツ
no title



no title

コーヒー
no title


一眠りした後の朝食です。全部まとめて撮影しました。
no title

大きなジェットエンジンです。
no title

日本上空です。何処でしょうか?
no title

綺麗に区画整理された農地
no title

もうすぐ着陸です。
no title

出発前日に宿泊したホテル日航成田が見えました。
no title

成田のエアポートターミナル
no title

成田空港建設時の反対運動(成田闘争)の最大の砦、横堀大鉄塔を初めて見ました。
no title

エアポート到着。楽しいイタリア旅行でした。北イタリア、南イタリアにも行ってみたいです。
長い間ご覧いただきありがとうございました。
今後もブログを宜しくお願い致します。

no title



イタリアシリーズおわり

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア41 ローマ  トレビの泉へ

イタリア42 ローマ  トレヴィの泉

イタリア43 ローマ スペイン広場からポポロ広場へ

イタリア44 ローマ ポポロ広場

イタリア45 一日の散策を終えホテルへ
イタリア46 ローマからミラノへ

イタリア47 ミラノの空港

イタリア48 帰路の飛行機の中



イタリア47 ミラノの空港


2015.4.27(月)−28(火) 7日目、8日目

ローマの国内線に比べミラノの国際線は当然ながら立派です。
no title



no title

チョコレートのM&M'sです。
http://www.m-ms.jp/history/timeline.html
no title

Cafeの椅子はモダンです。
no title

ミラノからはビジネスなのでフライト時間までビジネスラウンジで過ごすことにしました。
ゆったりしたスペースです。

no title



飛行場が見渡せるカウンター席
no title

ミラノの空港外観
no title


ラウンジは食べ物が豊富でした。
no title


アルコール類も揃っていました。

no title

no title


少し頂きました。サラダがうれしかったです。
no title


WindowsPCが並んでいたのでメールチェックを試みましたがイタリア語なので使えませんでした。考えれば当然です。
no title

手を洗うための蛇口はさすがイタリア、おしゃれです。
no title

空港に並ぶグレーの箱のようなものは何でしょうか?解りません。
no title

照明もおしゃれです。
no title



no title


ラウンジを出て搭乗口へ移動すると、足を伸ばしくつろげる椅子が一部ですが並んでいました。
配慮が行き届いた空港です。

no title


つづく・・・・飛行機の中

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア41 ローマ  トレビの泉へ

イタリア42 ローマ  トレヴィの泉

イタリア43 ローマ スペイン広場からポポロ広場へ

イタリア44 ローマ ポポロ広場

イタリア45 一日の散策を終えホテルへ
イタリア46 ローマからミラノへ


イタリア46 ローマからミラノへ


2015.4.27(月)−28(火) 7日目、8日目

9:50発のミラノ行き飛行機で皆おみやげを携え、ローマを後にしました。
no title



no title



no title


no title

出発は早く、朝食はホテルで貰ったパンとジュースをロビーで少し食べただけ
昼食は機内食で遅い時間になりそうなので、少しお腹に入れることにしました。
no title

停まっているバスに乗り駐機場まで行きました。
no title

no title


no title

no title


no title

no title

no title

2+2の座席という小さな国内線飛行機でした。
no title

ローマの赤い屋根の家々が海岸線に並んでいます。
no title

飛行機ではクッキーとコーンチップと飲み物が配布されました。
no title


no title

平行して飛ぶ飛行機を捉えることができました。
no title


ローマを出る頃は厚い雲が垂れ込め、
ミラノに着く頃には雨が降ってきました。旅行中は幸い雨が降る日がなく幸運でした。
DSCF6219


no title

DSCF6223


DSCF6232





つづく・・・
イタリア47 ミラノの空港

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア41 ローマ  トレビの泉へ

イタリア42 ローマ  トレヴィの泉

イタリア43 ローマ スペイン広場からポポロ広場へ

イタリア44 ローマ ポポロ広場

イタリア45 一日の散策を終えホテルへ



イタリア45 一日の散策を終えホテルへ


2015.4.26(日)6日目


メトロ入口のマークを見付け帰路につきました。

no title


地下鉄への入口は落書きでいっぱいでした。
no title


フラミニオ駅への地下道は長かったです。綺麗とはいえない地下道です。
no title


パスポート・証明写真用のブースがありました。隣は自動販売機です。ペットボトルだけではないようです。
no title


地下鉄の自動改札は切符を入れると、日本のようにゲートの向こうに出るのではなく手前に出ます。
最初、ゲートを通り、切符は?とキョロキョロしてしまい、ゲート手前に出ているのにびっくりしました。
幸い、家内が後に続いていたので取ってもらい、事なきを得ました。

no title

ROMAと書かれた新しい車両が停まっていましたが既にドアは閉まっていました。
no title


走り去る地下鉄
no title

次の地下鉄に乗りました。天井にはLCDがたくさん付けられていますが画面にはWindowsと書かれた画面が出ているだけでした。
no title

6駅目、コルネリアで下車しました。場所を示したパネルがあり、上に65という番号がふられていますが何か解りません。
no title


バス停までの道にはローマで見たのとは感じが違う小さな教会がありました。

no title

カサマツが植わる道路です。ここで地上に出ればバス停まで近かったのです。
no title

コルネリアのバス停駅前の店の塗装が剥げた格子窓には「日清焼そば」や「出前一丁」がはめ込まれていました。
no title


バス停には電光掲示板があり、前の駅を発車したバスが表示され、便利ですが、ホテル前へ行く路線のバスはなかなか表示されず、もう一本の路線が走り、計2本のバス路線になる大通りのバス停の方が来る確率が高いだろうとそちらまで歩いて行きました。しかし、なかなか来ず、結局40分ほど待ってしまいました。乗り降りが少ないバス停には日本のようなバス停表示が無く、バスを待っていそうな人がいるところで待ちました。また、バス停名もないので降りる時は目を凝らして、ホテル近くの中華料理屋を探し、そこを超えたところでバスが停まったので降りました。郊外のバスは乗りにくいです。歩くと20分と聞いていましたのでその方が早かったです。
バス時刻表は無く、20分間隔で走っていると聞いていたのですが出発時は20分間隔でも徐々に間隔が詰まったり広がったりしてくるのでしょう。我々が乗ったバスの後、続いてバスが走っていました。
グループで40分ほど待ったという人が他にもいました。

no title

一旦ホテルで休んでから夕食に出かける予定でしたが、18時になったので夕食を済ませてホテルに戻ることにしました。前日の店の横にもイタリアンレストランがあり、呼び込みがありましたが、昨日のイタリアンレストランの方が雰囲気が良かったので、前日と同じレストランにしました。
no title

no title

no title

イタリア最後の夕食は、フィレンツェで美味しかった生地が薄いクリスピーなピザにしました。
そしてワインも美味しかった白で締めました。

no title


レストランの窓から見えた近代的な教会です。
no title


ヨーロッパはガソリン車よりディーゼル車が多いと聞きます。価格表示もディーゼルが一番上に来ています。
1.4ユーロです。日本では軽油は110円ぐらいですからイタリアの方が高いです。 

no title

ホテルへの帰り道。

no title

no title


住宅街には小型車がズラリと並んでいました。
no title


no title


no title

no title


つづく・・イタリア46 ローマからミラノへ

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア41 ローマ  トレビの泉へ

イタリア42 ローマ  トレヴィの泉

イタリア43 ローマ スペイン広場からポポロ広場へ

イタリア44 ローマ ポポロ広場




イタリア44 ローマ ポポロ広場


2015.4.26(日)6日目

ピンチョの丘から見た円形のポポロ広場です。中央にはオベリスクが立っています。
遠くにはサン・ピエトロ大聖堂のクーポラが見えます。
サン・ピエトロ大聖堂は最終日ローマフリータイムの出発地点です。
no title


小さな泉があり、石が浮いているように見えました。
no title

坂道を下りポポロ広場に行きました。
no title


2つの教会が正面に見えます。
no title


オベリスクは紀元前1200年にエジプトで造られたのを運んできたものです。高さ36.5mある堂々たるオベリスクです。ローマには本当にたくさんのオベリスクがあり、多くはエジプトで造られたものということですから、当時のエジプトはすごかったのですね。
no title



宙に浮いた男性です。不思議です。浮くところや降りる所を種明かしして欲しいです。

no title

ここにも黄金のツタンカーメンが居ました。

no title

ポポロ門。
古代ローマ時代は北の正面玄関でありフラミニア門と呼ばれていました。ここから北にまっすぐに延びるのは、ローマからアドリア海に抜ける古代ローマ時代の街道、フラミニア街道です。フラミニア街道は紀元前220年に造られました。かつて、欧州からの多くの巡礼者や旅行者がこの門をくぐり、ローマの街に到着したのです。 そしてローマを去るときは、このフラミニア門に別れを告げ、ローマを後にしたというローマの重要な門で、ローマに入る時にここで税を徴収したのです。

地図を見るとポポロ広場の2つの教会の後ろからは三本のまっすぐの道路が出ています。これからもポポロ門は重要な場所だったことが解ります。
no title



ポポロからの道










no title


先ほど居たピンチョの丘の展望台が見えています。
no title

一日歩き、疲れたので、ホテルへ戻ることにしました。
no title



no title

ポポロ門の扉
no title


no title

ポポロ門の入口には像が立っていました。
no title

古代ローマ時代、欧州の人々がここ(ポポロ門)からローマに入り、名残を惜しんでローマを後にした光景を浮かべて私達もローマの街を後にしました。
no title

一日歩いたルートと立ち寄り場所をマップで示すと下のようになります。
ローマ観光マップ


つづく・・・・イタリア45 一日の散策を終えホテルへ

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア41 ローマ  トレビの泉へ

イタリア42 ローマ  トレヴィの泉

イタリア43 ローマ スペイン広場からポポロ広場へ


イタリア43 ローマ スペイン広場からポポロ広場へ



2015.4.26(日)6日目


高級ホテルの前を通り、スペイン階段の上に出ました。
no title


帽子やアクセサリーを売っている露店ですが、前日もこの日も買っている人を見ませんでした。
no title


前日ほどではないですが噴水の周りには多くの人が集まっていました。
no title

屋上のカフェは特等席です。
no title


no title


no title


丘の上を歩いてポポロ広場へ行きました。
ポポロ広場へ


ヴィラ・メディチです。フィレンツェで勢力を得たメディチ家が権勢をイタリア中に示し、ローマでの永久的な存在感を示す意味があった建物です。
no title


ヴィラ・メディチには庭園がありバラやポピーが咲いていました。
no title



no title


壁には昔、馬を括りつけた飾りが残っていました。
no title

ヴィラ・メディチ入口です。
no title




no title


入口を入ったところの階段です。綱が張ってあり、無視して入った人が呼び戻されていました。
ガイドと一緒でないと中へ入れないようです。ガイドの案内時間を待っている様子の人が数人居ました。
ガイドはイタリア語だと思うので入口だけで外へ出ました。

no title


古い天井です。
no title




no title

白い花がたくさん咲いている木ですが、名前はわかりません。
no title




黄色い花はミモザに似ていますが少し違うようです。
no title


上の道を行きました。
no title

女性の姿に見えませんか?
no title

下の道を行くと像があったのです。
写真はクリックすると拡大します。
no title

教会の塔がたくさん並んでいます。さすがキリスト教の街です。
no title


大きなクーポラが2つ並んでいます。ポポロ広場に立つサンタ・マリア・ディ・モンテサント教会(向こう側)とサンタ・マリア・ディ・ミラコーリ教会(手前)です。
no title


サン・ピエトロ大聖堂が見えています。
やはり、高いところからの眺めは素晴らしいです。
IMG_2965


ナポレオン1世広場に入ってきました。
no title


ナポレオン1世広場のナポレオンの像です。
no title


no title



no title



no title

パーティーを開催しているらしく楽団が入り、にぎやかでした。
no title


サンタ・マリア・ディ・モンテサント教会(向こう側)とサンタ・マリア・ディ・ミラコーリ教会(手前)が木々の間から見え、ポポロ広場が近づいてきました。
no title


つづく・・・・イタリア44 ローマ ポポロ広場

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア41 ローマ  トレビの泉へ

イタリア42 ローマ  トレヴィの泉





6月25日初夏の花



グラジオラス

no title

no title

アガパンサス
no title

no title


オレガノ(ハーブの一種)
no title


ギボウシ
no title

no title










イタリア42 ローマ  トレヴィの泉



2015.4.26(日)6日目

ガレリアを出て路地を進むと、幌付きの四輪自転車の集団が目の前を通り過ぎました。観光用レンタルでしょうか?

no title


こちらはタイヤが厚い4輪の小さなジープタイプです。多分電気自動車でしょう。レンタルと書かれています。小さな車が多いローマです。
no title


no title


キージ宮:キージ家が所有していた建物です。現在内閣府が使用しています。

no title

トレヴィの泉到着です。トレヴィの泉で有名なのは泉に背を向けてコインを1枚投げると再びローマに来られるという伝説です。
行った時は残念ながら修復工事中で泉は見られませんでした。
no title

陸橋が造られていおり、そこを歩くと水が張っている時より3つの像をより近い所で見られました。
no title


no title

私達も列んで陸橋を渡りました。
no title

前にある像で馬のたてがみを掴んでいるのはギリシャ神話の海の神トリトンです。写真に写っている馬は静かな海を表しているそうです。写真には写っていませんが左にも馬とトリントンが居て、こちらの馬は荒れる海を表しているそうです。
no title


中央はローマ神話の海の神ネプチューンです。ギリシャ神話とローマ神話があるのです。
右はローマ神話の健康の女神です。左はローマ神話の豊饒の女神ケレスで大地の女神ともいわれ手に持つ籠には果物・穀物が入っています。

写真を拡大するとよく解ります。
no title


no title



no title

トレヴィの泉を後にしてスペイン広場に向かいました。
no title


フィレンツェでピノキオを見ましたが、ローマにもありました。
no title

広場に出ましたが何処だかしばらく解りませんでした。
広場の中央に噴水がありました。

no title

ローマには噴水が多いです。噴水は水道の最終端末だったのです。トレヴィの泉もそうです。
ベルニーニが造ったトリトーネの噴水です。

IMG_2922


広場はバルベニーリ広場でした。
no title

見覚えのある通りが見えました。前日にスペイン広場の上から降りる時に通ったシスティーナ通りでした。
これで現在地が解り、この坂を上がっていきました。

no title


ばるべにーにマップ


no title



no title


歩き疲れたのでカフェを見つけたのでCoffee Timeとしました。
no title


内部です。
no title


夜はBARとなるようです。壁には写真の様な洋酒ビンがぶら下げてありました。洋酒のビンに熱をかけプレスしたのでしょうか?
no title



no title


つづく・・・イタリア43 ローマ スペイン広場からポポロ広場へ

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア41 ローマ  トレビの泉へ


軍艦島へ行ってきましたー速報


世界遺産登録で混む前にと、軍艦島行きを決めました。
多くの人がこの島に1974年まで住んでいたのですが
今は廃墟となっています。
外観が軍艦「土佐」に似ているところから軍艦島と呼ばれているのです。
写真をクリックすると拡大します。
IMG_3806


IMG_3753

IMG_3759


イタリア41 ローマ  トレビの泉へ



2015.4.26(日)6日目


次は「トレビの泉」に向かいました。

今にして思うと地図の経路を歩いたようです。
no title

パンティオンから少し歩いたところに教会があり、中国人と思しきカップルが結婚式を挙げたようでした。写真撮影をしていました。サントリーニ島でも見かけましたので中国人は海外で二人だけで挙式するのを好むのかもしれません。

no title


no title

軍艦のような構えの建物です。
no title



石畳に埋め込まれていたプレートです。パンティオンの内部をデザインした感じがします。
no title

ポリスボックスがあり、警官が目を光らせているので何かの宮殿かな?と思いながら歩いて行きました。
no title


no title

石畳には星型が点々と埋め込まれています。
no title


no title


イタリアの国旗が掲げられている建物はモンテチトリオ宮殿であり国会議事堂(下院)として使われていることをブログを書きながら知りました。

旅行前にガイドブックを見るのですが実感がなくよくわからない状態なのがいつもの海外旅行です。
旅行中はそこそこわかるのですが、じっくりガイドブックと照らし合わす時間はなく、見たものを目に焼き付けて帰ってきます。
ブログを書きながら写真とガイドブックとマップを照らし合わせていると良く解かってきます。
こうして旅を振り返ると、旅で見たこと、知ったことが自分の中にしっかり定着する感じがします。
no title


no title




モンテチトリオ宮殿がある広場は表示プレートからコロナ広場と分かりました。
ヨーロッパは広場が多いので、ヨーロッパ歩きは広場の名前とマップを突き合わせ今いる位置を把握するのが良いようです。ただし、広場のどの位置にいるのかは詳細マップが無いとわかりにくく、ここでもどちらへ行けばよいかとしばらく周りを見回してしまいました。no title


広場には『オベリスク』が一本建っていました。紀元前12年頃アウグストゥスによりエジプトのヘリオポリスから運ばれ、紀元前9年、日時計の指時針として設置されたそうです。紀元前という言葉を時々聞くのですからローマはやはりすごいです。
向こうの建物はガレッリアというショッピングモールです。
no title

オベリスクには細かい細工が施されていました。写真を拡大してみて下さい。
no title

ガレッリア
no title


no title



no title

ガレッリア内部。ミラノのドゥオーモへ行く時に通ったショッピングモールもガレッリアと呼ばれ雰囲気が似ていました。
no title

no title

no title

ガレッリアには無料のトイレがありました。表示が洒落ていました。
no title


拡大して見て下さい。楽しくなるホールでした。
no title



Cafeゾーン
no title


つづく・・・・
イタリア42 ローマ  トレヴィの泉

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア41 ローマ  トレビの泉へ


五島列島速報


二日目は五島列島福江島でした。

長崎の造船所で建造中
IMG_3510


IMG_3562


IMG_3607



三日目は軍艦島です。晴れるといいのですが














長崎の夜景

長崎、五島列島、軍艦島のツアー一日目です。
長崎のホテルからの夜景です。
新世界三大夜景の一つであとの二つは香港とモナコだそうです。


IMG_3476


IMG_3484




イタリア40 ローマ パンティオン



2015.4.26(日)6日目

ナヴォーナ広場ムーア人の広場から東にあるパンティオンへ向かいました。

あちらこちらで教会が見えるローマです。
no title


オートバイが並ぶ裏路地を抜けて行きました。人通りの少ないこのような路地は少しこわいです。
no title


ピザ屋さんです。ビール2.5ユーロ、マリゲリータのピザ一切れ+水で2.9ユーロだろうか?それなら安いかな。
no title




三角形の建物はアパートでしょうか?
no title


ここも教会かな?
no title


和風の商品が陳列されていました。
no title


古い円形の建物が見えました。パンティオンのバックサイドでした。
no title



パンティオン正面に回ります。広場には沢山の人がいます。
no title



no title


パンティオン正面です。
最初のパンテオンは紀元前25年に建てられたのですが、火事に会いニ代目のパンテオンえ118年から10年掛けて建てられたものですが、現存するローマ建築で最も完全な形を保っている遺構です。
パンティオンとは「全ての神々」という意味で、全ての神に捧げる宮殿です。

no title


パンティオン入口
no title


全体の形は写真のようになっています。壁の周りに祭壇があり、かっては神が祀られていたのです。
no title

ドームの中央には丸い天窓があり、まばゆい光が入っていました。
no title

内部は以下の写真のようでした。
no title




no title



no title


no title



no title


no title


no title

no title

パンティオンから広場を望む
no title


騎士のコスチュームを着た人。日本なら鎧兜をつけた武士の姿といったところです。
no title

広場にはまた、噴水がありました。
no title

人の顔の口から水が流れています。
no title

no title

ローマの水道の跡です。現在も使われています。水をボトルに入れる女性と水遊びする子供。
no title

no title


no title


つづく・・・イタリア41 ローマ  トレビの泉へ

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場







イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場


2015.4.26(日)


サンタンジェロ城を出て、もう一度最高裁判所の前を通り、ナヴォーナ広場へ向かいました。
no title

最高裁判所の前に掛かるウンベルト1世橋です。

no title


また、マイクロカーが止まっていました。ドアは上に跳ね上がるかっこいい車です。
日本では余りお目にかかることが無いですがローマではマイクロカーによくお目にかかりました。2シートの電気自動車でルノーの、“Z.E.”(ゼロ・エミッション)シリーズの車だと思います。
no title


ナヴォーナ広場に入る前の角にあるオープンテラスでランチにすることにしました。
no title

メニューの表紙は映画「ローマの休日」の1シーンでした。
no title


メニューに写真が載っているのは有りがたかったですが結局、しばらく食べていないサンドイッチにしました。美味しかったです。
no title

カフェラテ
no title




no title



細長いナヴォーナ広場です。競技場の跡というのがうなずけます。
ナヴォーナ広場には3つの噴水があります。北(写真手前)からネプチューンの噴水、四大河の噴水、ムーア人の噴水です。
no title

ネプチューンの噴水
ジャコモ・デラ・ポルタが造った水盤(1575〜1576)に19世紀末の彫刻が配されたものです。
馬、子供、婦人がいます。
no title


広場の周りはレストランが並んでいました。
no title



広場にはサンタニエーゼ・イン・アゴーネ教会が建っていました。
no title
no title

no title



ベルニーニ作の四大河の噴水です。
ナイル、ガンジス、ドナウ、ラプラタの4つ川を表わしているそうですが、何処がどれかよく解りませんでした。


no title


no title

no title

no title


no title

「4大河の噴水」のオベリスク
IMG_2814

ムーア人の噴水
no title

広場ではおじさんたちの演奏が始まりました。
no title



つづく・・・・イタリア40 ローマ パンティオン

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上





イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上



2015.4.26(日)6日目


屋上にに登るとこの城の名前の元となった大天使ミカエルの大きな像がそびえていました。
この像は590年ローマにペストが猛威を振るった際、教皇グレゴリウス1世の前にミカエルが現れてペストの終焉を告げたという伝説によって造られたそうです。
no title



屋上からの景色はデジブック・フルウインドウで御覧ください。(スライド8枚)



ipadの方は下記URLから御覧ください。

http://www.digibook.net/d/0605a1fba099ab582ccd27873b4a84ce/?viewerMode=fullWindow

つづく・・・・・ イタリア39 ローマ ナヴォーナ広場

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城







イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城


2015.4.26(日)6日目

ユーロを手にしたので再びサンタンジェロ城にもどりました。
no title

no title


電動立ち乗り二輪車セグウエイが並んでいます。レンタルなのでしょうか?一度乗ってみたいです。
no title


ツタンカーメンのパフォーマンス
no title


ローマのパトロールカーが停まっていました。日本と同じ白と黒です。
POLIZIA ROMA CAPITALEと書かれています。ローマ首都警察といったところでしょうか?
宿泊したホテルのそばでは青いパトロールカーをみました。青い方が普通のパトロールカーのようです。

no title


ボンネットは黒でした。
no title




IMG_3027


no title

no title


チケットを購入してサンタンジェロ城に入りました。
左の階段を上がって城壁へ進みました。
no title

no title


城壁の上には当時使ったであろう大砲と丸い爆弾が置いてありました。
no title

壁はかなり腐蝕していました。
no title



更に奥へと進みました。
no title


城内にも天使像がありました。

no title


no title

回廊からの景色です。
大きい写真で見たい方は写真をクリックして下さい。出てきた写真をもう一度クリックすると更に拡大します。

サンタンジェロ橋
no title


サン・ピエトロ大聖堂
no title


テヴェレ川
左下に城壁の砦が見えています。
no title


城内にレストランがありました。夏には葡萄の葉が日除けになるのでしょう。
no title

サン・ピエトロ大聖堂が見えます。
no title


no title


no title

もう一度円形の内部に入りました。
パウルス3世が造らせた「パオリーナの間」です。
no title


15〜16世紀の財宝の金庫があるとガイドブックにあったのでこの写真が金庫でしょうか?
no title



つづく・・・・イタリア38 ローマ サンタンジェロ城屋上

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア36 ローマ Cash Machineを探して





イタリア36 ローマ Cash Machineを探して


2015.4.26(日)6日目

サンタンジェロ橋を渡ってCash Machineを探すため街中へと行きました。

橋の欄干にはたくさん天使像が建てられていました。
サンタンジェロ城はイタリア語でカステル(城)+サント(聖)+アンジェロ(天使)、すなわち聖天使城という意味なので橋の欄干には天使が建っているのです。
no title


no title


橋の上から見るサンタンジェロ城の正面です。橋の上からの見るのが一番美しいと思いました。
no title


橋にはパリのセーヌ川に掛かる橋と同じく、カップルの名を刻んだ「愛の南京錠」が付けられていました。天使の橋だからでしょうか?
セーヌ川の橋の鍵は多く付けられ橋の欄干が崩落するまでになりました。欄干ごと取り外したというニュースは最近のことです。

no title

川面に映る橋

no title

建物の間から見えるサンタンジェロ城。屋上にはこの城の名前の元となった大天使ミカエルの大きな像がそびえています。
写真を拡大して見て下さい。

no title


no title


no title

Cash Machineを探して歩くのですがなかなか見つかりませんでした。
no title


2人乗のマイクロカーsmartを見つけました。スイスの時計会社Swatchがメルセデス・ベンツをパートナーとして開発した電気自動車です。
「smart」の名称は、創業時のスウォッチ(Swatch )の「S」とメルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz )の「M」に、「芸術」(art )を組み合わせ、英語の「smart(洗練された、気のきいた、賢い、鋭い、活発な、などの意味を持つ)」にかけたものだそうです。

no title

古い建物が立つ石畳の路地に入ってしまったので広い通りを探しました。
no title


no title


正面に最高裁判所が見えるところに来ました。左にはユーロとアメリカの国旗が出ていました。
IMG_2720

歩いていた所
キャッシャーを探す


やっとCash Machineを見つけました。しかし、イタリア語でよく解りませんでしたが、何とか暗証番号を入力する画面に到達しました。しかし、何度やってもうまく行きませんでしたのであきらめて、最高裁判所の建物を見に行きました。
no title


ウンベルト1世橋のたものまで来て、家内は「もう一度、試してみたいので行ってくる。裁判所の写真を撮って、あとから来て」と、戻りました。


博物館か美術館のような左右対称の白い最高裁判所です。
no title


写真を撮って戻っている時、斜め前から観光マップを持って近づいてくる女性がちらっと見えました。
「怪しい!スリだ!」と思い、早足でニ、三歩進んだが、何しろ相手は斜め前からなので捕まってしまい、観光マップを目の前に差し出されてしまいました。「NO!」と手で払い、走ってその場を逃れまいた。その間、スリは一言もしゃべりませんでした。
後で、ウエストポーチを見るとファスナーが開いていました。ローマのスリはスリと言うより強盗の感じです。話は聞いていたのでウエストポーチにはお金を入れず、マップやホテルの住所・電話番号・ツアー会社の連絡先を書いてある紙を入れていただけです。一人で歩く観光客は狙われやすいようです。
「ローマのスリ」でネット検索すると多くの手口が出てきます。ローマに行く方は一度見てから出かけることをお薦めします。


家内は先ほどのCash Machineより先の方を素敵な若いカップルと歩いていました。
追いつくと、「大丈夫だと思うカップルに出会ったので、頼んでCash Machineを試してもらうとやはり駄目で、お金が入っていないのだろうと言われ、別の場所を探してくれてユーロを手にすることができた」ということでした。

良かった!それではと、最高裁判所の前を通り、もう一度サンタンジェロ城へ向かいました。

後日のカードの請求ではほんの僅かな利息が付いているだけで手数料も無く、前もって両替するより有利かもしれません。娘がサラマンカに留学中は送金は面倒なので、カードのキャッシュサービスを利用させていたのですが、そのことを思い出せてよかったです。


no title

1910年に完成した最高裁判所の正面ファッサードにあるのは天秤と剣をもった正義の女神の像です。
no title

テヴェレ川には遊覧船が走っています。向こうにサン・ピエトロ大聖堂が見えます。
no title



no title


川の堤はサイクリングロードとなっています。
no title

つづく・・・・イタリア37 ローマ 再びサンタンジェロ城

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る




イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る


2015.4.26(日)6日目

今日は一日フリータイムです。朝食を終え、8時半頃ホテルを出て、昨日購入できなかったバス・地下鉄の切符を買いに、バス通りの店に行きました。

写真のような雑誌やたばこを売る店で切符が買えるのです。
no title

店内は写真のような感じです。

no title

すぐ来たバスに乗りメトロCORNELIA駅に到着しました。
no title

no title

地下鉄はかなり深いところを走っていました。
no title


ローマの地下鉄です。
no title


電車内はスッキリしています。
no title

座席はプラスチックで長時間は辛いです。
no title


メトロ・バス共通の切符です。上部に磁気が塗られています。
100分間はどちらも乗り降り自由です。

no title


4つ目の駅バチカン市国で下車し、地上に出ましたが、地図のどの地点に立っているのかわからず、しばらく通りの名前や地図とにらめっこし、結局、多くの人が歩いて行く方向がバチカン(サン・ピエトロ大聖堂)だろうと見当をつけて歩きました。

まもなく、人の列に出会いました。バチカン博物館へ入る人の行列です。月の最終日曜は入場料が無料なので特に混むとのことです。私達より早くホテルを出て博物館に行くという仲間がいましたが、後で聞くと1時間列んだということでした。お昼頃はほとんど待たないで入れたということでした。
no title



時刻は9時12分。アーチの門の向こうはもうサン・ピエトロ広場です。
no title

昔から使われているローマの水道です。

no title

文字がたくさん書いてあるマンホールの蓋ですが、イタリア語は解りません。
no title


昨日と同様サン・ピエトロ大聖堂へ入る人は列を作っています。
no title


古い城壁に沿ってサンタンジェロ城へ向かいました。
no title


no title


no title

no title


サンタンジェロ城が見えてきました。
no title

no title


no title

振り向くと、サン・ピエトロ大聖堂が正面に見えました。
写真をクリックして御覧ください。

no title


城の中央上には大天使ミカエルの大きな像がそびえるサンタンジェロ城です。
サンタンジェロ城は135年にローマ帝国の皇帝ハドリアヌスが自らの霊廟として建てた城なので円形平面をした形をしています。しばらくして軍事施設として使われ14世紀には要塞として強化されたのです。
no title


天使像が並ぶサンタンジェロ橋
no title


no title


no title

城内に入ってカードでチケットを購入しようとしたらカードは駄目だと言われ、ユーロを見ると入場料を払うと20ユーロしか残らない事になり、不安なので、仕方なく城外へ出て、カードキャッシャーを探すことにしました。
no title


歩いてきたルートです。
写真をクリックすると拡大します。

IMG_5259サンタンジェロ城へ




つづく・・・イタリア36 ローマ Cash Machineを探して

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食


イタリア−34 ローマ 夕日に染まる建物と夕食


2015.4.25(祝日土曜日)5日目

バスが出発したのは20時少し前なので、夕日に染まるローマの建物をバスの中から撮影することが出来ました。
デジブックフルウインドウで御覧ください。




ipadの方は下記URLから御覧ください。

http://www.digibook.net/d/f555c533911b8919a84caf815553459e/?viewerMode=fullWindow


長い一日でした。食事は自由食で、添乗員さんに「私も食べに行きますから一緒にいく方は荷物を置いてロビーに集合して下さい」と言われ、疲れてもいたので多くの人とワイワイ言いながら食べるのがいいかと思い、添乗員さんに連れて行ってもらいました。総勢9名でした。
no title

ホテルの近くには小さな中華とイタリアンのレストランがあるのみでした。
イタリアンレストランへ入りました。

no title


私は海鮮サラダとスパゲティーを注文しました。
どちらも美味しかったです。
no title

no title

テーブルでの支払いは円形の革トレイに入れる方法でした。
no title

人通りが殆ど無い道で、女性一人では怖い感じがします。
no title

宿泊したホテル
IMG_2663


IMG_2664


IMG_2665


ドライブインで買い物をした時の袋と水のペットボトル
no title



つづく・・・・イタリア35 ローマ 地下鉄に乗る

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−33 ローマ システィーナ通り








イタリア−33 ローマ システィーナ通り 


2015.4.25(土曜日祝日)5日目


スペイン階段の上から高級ホテルが並ぶシスティーナ通りを下り、バルベニーリ広場へと下って行きました。

no title

インターコンチネンタルの名前が書かれている可愛い車が止まっていました。
はやりの電気自動車です。
no title


no title

坂を降りたところから再びバスに乗りました。
no title

街路樹に実がなっていました。何の実でしょうか?

no title



no title

バスを降りたのは共和国広場です。ディオクレティアヌス帝の浴場にあった半円形回廊(エゼドラ)を利用して造られたそうです。
広場の真ん中には、1901年にできたナイアディーの噴水があります。円形の泉の四方にナイアディ(泉のニンフたち)を配し、中央で水を噴き上げるのは海神グラウコスです。
no title

5つ星ホテルエクセドラ、ア ボスコロ ラグジユアリー ホテル
no title


連れて行かれたところはビルの地下にある「ローマ三越」でした。高級品が並んでいました。
真実の口のレプリカがローマ三越にあるのです。

no title


「明日一日ローマで過ごす人は前のタバコ店で地下鉄・バスの切符を購入しておいて下さい」と添乗員さんに言われていたのを忘れていて、三越を出た時、添乗員さんに言われ、タバコ店へ走ったのですが、売り切れと言われてしまいました。ホテルの近くで買えるかもしれないと、場所を教えてもらいました。そこが駄目だと少し高いがバスの中で買うことになります。

つづく・・・イタリア−34 ローマ  夕日に染まる建物と夕食

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−32 ローマ スペイン広場





イタリア−32 ローマ スペイン広場 


2015.4.25(土曜日祝日)5日目


Piazza Mignanelli(ミニャネッリ広場)の手前でバスを降り、スペイン広場へ向かいました。

オベリスクが立つ広場は毎年12月8日、ローマ法王のミサが行われる重要な場所です。
法王のミサは、「聖母マリアの無原罪の御宿り」を祝うために行われるそうです

「聖母マリアの無原罪の御宿り」とは、聖母マリアは受胎の瞬間から原罪のあらゆる汚れから免れて母アンナの体内に宿った、とするカトリックの教義なのです。

no title


「血と金の旗」と呼ばれている国旗が上がってるスペイン大使館です。
この先がスペイン広場です。
スペイン広場の名前はスペイン大使館が近くにあったからと言われています。

no title

スペイン広場の階段で有名なのは映画ローマの休日で、オードリー・ヘップバーン扮する王女がジェラートを食べたシーンです。左の階段の三段目か四段目の階段と言われています。
この階段には本名があって、Scalinata di Trinita dei Monti(スカリナータ・ディ・トリニタ・デイ・モンティ)で1725年にフランス外交官の寄付で完成しました。
この階段は、階段の上に立つトリニタ・デイ・モンティ教会への階段なのです。

no title


階段には何故かツツジの大鉢が置かれていました。毎年この時期はツツジが飾られるそうです。
ブランド品店が並ぶコンドッティ通りからはすごい人の波が押し寄せていました。
no title

階段の下には「舟の噴水」があるのですが、すごい人で近づけませんでした。
no title



テヴェレ川でワインを運んでいた小舟をかたどったともいわれています。
IMG_2608-舟


ツツジのそばで写真を撮っていると、花売り娘ならぬ花売り男が花を手に持って差し出してきます。
もし花売り男の花を受け取ると法外な値段をふっかけられるのです。ローマは怖いです。

IMG_2615


スペイン階段の風景はデジブックフルウインドウで御覧ください。



ipadの方は下記URLから御覧ください。

http://www.digibook.net/d/a044ed73919ba155ac2ead012752858c/?viewerMode=fullWindow

つづく・・・・イタリア−33 ローマ システィーナ通り

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂

イタリア−31 車窓からローマ見学

薬師公園 花菖蒲


2015.5.10

小田急町田駅からバスに乗り薬師公園の花菖蒲を見に行ってきました。
谷間に階段状に咲く花菖蒲園です。上段の花菖蒲は見頃を終え、下段の花菖蒲は見事でした。
やはり、今年の花は例年に比べ早い感じがします。

薬師公園は菖蒲園以外に池があったり、山の上に薬師堂があり、梅園、ハス園があり、格好の散歩コースです。
花菖蒲以外は機会を見て紹介するつもりです。薬師公園の前にはリス園があり、ここにも立ち寄って来ました。


薬師公園の花菖蒲をデジブック・フルウインドウで御覧ください。




ipadの方は下記URLで御覧ください。

http://www.digibook.net/d/fbc4e35bb11da158206f2fb1a350048c/?viewerMode=fullWindow


イタリア−31 車窓からローマ見学


2015.54.25(祝日土曜日)5日目


サン・ピエトロ大聖堂見学を終え、バスが停まっている場所まで歩きました。

サン・ピエトロ大聖堂に向かって右側の回廊では人が列をなしていましたが、出口に当たる左は思い思いに円柱の台座に座っている人がいて、良い雰囲気でした。
no title

柵の内側はバチカン市国、外側はローマです。
no title


サン・ピエトロ広場からの一本道には円柱が並んでいました。
no title

時刻は16時45分です。左の車はアイスクリーム売りでした。
no title


ここからはバスの車窓からの光景です。

手前の橋はエマヌエーレ鏡ざ供エマヌエーレ鏡い魯ぅ織螢王国の初代国王です。
エマヌエーレ鏡ざ兇慮紊蹐侶物はサンタンジェロ城で、翌日の終日のフリータイムの最初に訪問し、城の上からサン・ピエトロ大聖堂と広場の素晴らしい景色を望みました。
no title



no title


山藤のような花が咲いていました。
no title


街中のローマの遺構

no title



no title


フォロ・ロマーノ

古代ローマ帝国の政治の中心地であり、紀元前6世紀には建設が始まっていました。
写真を拡大して御覧ください。
no title

no title



横から見たヴィットリオ・エマヌエーレ鏡さ念館
no title


左は教会までの長い階段が印象的な、サンタ・マリア・イン・アラチェリ教会。
右はミケランジェロが設計したというカンピドリオの丘・・・見えているのは現在のローマ市庁舎だったでしょうか?
no title


no title


四角い塔を持つ古い建物はサンタ・マリア・イン・コスメディン聖堂です。
 最初、古代ローマの廃墟を利用し、東方の聖像破壊運動(イコノクラスム)の迫害から逃れてきたギリシャ人修道士にあたえられた教会なのです。コスメディンとは、化粧を指すコスメと同じく、ギリシャ語で「装飾」を意味するのです。

no title


左隅に鉄格子を覗いている人が何人かいました。何があるのでしょうか?
no title

格子の中にあるのは、有名な「真実の口」です。

手を口に入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時にその手首を切り落とされる、手を噛み切られる、或いは手が抜けなくなるという伝説があります。

映画『ローマの休日』では、グレゴリー・ペック扮する新聞記者のジョーがアン王女を驚か そうとして、伝説に基づき悪ふざけで「真実の口」に手を入れて、抜けないという演技を しました。この時うぶな王女はそれを真に受け、恐怖のあまり叫び声を上げ、あげく泣きだしてしまったシーンを覚えていらっしゃるでしょうか?
ローマの休日


「真実の口」は海神トリトーネの顔が刻まれている下水溝のマンホールの蓋であったと言われています。

IMG_2641-1
上の写真はローマ三越に置いてあるレプリカです。


小田原の駅前東通り商店街(通称うまいもん通り)に真実の口のレプリカがあります。
手を口に入れると目が光ります。
小田原東通り商店街


コンスタンティヌス凱旋門
315年、ミルヴィオ橋の戦いの勝利を讃え、造られた凱旋門です。315年の建造物が今も健在なのには驚きです。石の建造物は長持ちしますね。
コンスタンティヌスはローマ統一を再興した人物です。
コンスタンティヌスに興味ある方は下記URLを御覧ください。
http://www.y-history.net/appendix/wh0103-102.html
no title



「コロッセオの立つ限りローマは立つ。コロッセオの倒れる時ローマは倒れん」とうたわれたコロッセオです。
古代ローマ帝政期の円形競技場です。ティトゥス帝はこのコロッセウムの落成を期して大規模な闘技会を催し、野獣狩り、剣闘士試合、模擬海戦が100日にわたって催され、一日だけで5千頭の野獣が殺されたといわれています。
no title

撮影位置です。バスの中ほど少し前でした。
no title


ヴェネツィア宮殿前の芝生
no title


ヴェネツィア宮殿
ヴェネツィア出身の枢機卿ピエトロ・パルポによって1455年に着工された建物です。パルポは1464年法王パウロ2世(Paolo 供砲箸覆蝓宮殿を住居と定め、その後1世紀、歴代法王の居住地となったのです。

1564年から1797年までヴェネツィア大使館として使われ、ナポレオンがオーストリアと条約を結び、ヴェネツィア共和国がオーストリアの支配下に置かれるとヴェネツィア宮殿もオーストリア所属となったのです。

その後、オーストリアと戦争していたイタリアはヴェネツィア宮殿を取り返し、ムッソリーニが迎賓館として使用しました。2階の中央のベランダからベネチア広場の群衆に向かってローマ帝国の再興の演説をしたのです。


no title


no title



no title

ブログを書いているうちに、バスが何処を走っていたのかがわかってきました。
まず旅行の前にガイドブックで楽しみ、実際に訪れて楽しみ、三回目はブログを書きながら振り返り楽しんでいます。

DSCF6294-1バスの中から





no title


ハートマークを描いた2階建てオープントップバスが走っていました。
no title


つづく・・・イタリア−32 ローマ スペイン広場

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂




小田原城の花菖蒲と紫陽花


2015.6.8

小田原警察署へ更新した運転免許証を受け取りに行ったついでに、小田原城の花菖蒲と紫陽花の写真を久しぶりに撮りに行ってきました。

今年は例年より開花が早く、見頃となっていました。

デジブックをフルウインドウで御覧ください。


ipadの方は下記URLから御覧ください。
http://www.digibook.net/d/fec58bdba018a91d3c6f2d176b4284ca/?viewerMode=fullWindow


花菖蒲のそばに幹がねじれたような大きな木が一本あります。
幹周り4.5m、樹高20mの小田原市で一番大きなイヌマキの木です。
no title


no title


江戸時代は二の丸御殿があった二の丸広場です。現在はイベントで使われる広場となっています。
私がこちらに来た頃は小学校が建っていました。

no title

写真をクリックすると拡大し説明が読めます。
no title


お昼は天保年間に現在の和歌山県・橋本市(当時橋本村)から小田原城下へ出て、屋台蕎麦屋から始めたという蕎麦 「橋本」へ行きました。ずっと気になっていたのですが今まで食べる機会がありませんでした。

no title

店内
no title


初めてなので蕎麦のみの味を楽しもうと、「ざる」にしました。
「ざる」なのに海苔がかかっていないと思ったら、左の赤い縁の小鉢に干してない青のりがありました。
蕎麦は少し腰があり、淡白な味です。
「橋本」はメニューが豊富なので、かき揚げなど何か一品注文して食するのが良さそうです。
http://r.gnavi.co.jp/a555900/menu1/
no title




イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂


2015.4.25(祝日土曜日)5日目



サン・ピエトロ大聖堂内部へ入りましたが、15分間という短い時間で、内部は暗く、歩きながらの撮影で、手ブレを起こし良い写真が撮れませんでした。ルネッサンスからバロック時代の芸術家の手になる宗教的作品が多く並んでいましたが私は誰のどういった作品なのかは知識がなく解りませんでした。

入口
no title



no title


no title





no title


no title



no title


no title


no title


no title


no title



no title


no title


no title


no title



no title

つづく・・・イタリア−31 車窓からローマ見学

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ

イタリア−29  バチカン市国



6月7日 季節の花


庭ではアジサイや花菖蒲が咲き始めました。
no title

no title



no title


カノコユリ
no title


ラベンダー
no title


no title


バラは二番花となっています。
no title


no title

次の出番を待つ朝顔
no title








イタリア−29  バチカン市国


2015.4.25(祝土)5日目


ローマに2時頃到着し、それからの遅いランチでし
た。
no title

no title


すでにテーブルセッチングされていました。
no title


no title


no title

サラダ
no title

ローマで1922年に設立されたMARZIALI CAFFE のロゴが入ったカップと砂糖パックです。
no title

バスの中で既に添乗員さんが希望を聞き選んでおいた「キノコのピザ」です。
大きな生地にマシュルームがいっぱい載って香りが良いピザでした。
no title

スイーツはジェラート。
no title



バチカンの近くでバスを降り、サン・ピエトロ大聖堂に向かいました。
祝日の土曜日の為か、すごい人の波でした。
no title

鷹(?)の置物がある門柱は威厳があります。
no title


鷹(?)の飾りがある門には警備の人がいました。
no title

門をくぐるとそこはバチカンです。チェックも何もなくローマからバチカン市国に入れました。

バチカン市国は、大統領や国王が統治している国ではなく、ローマ教皇庁によって統治されています。
no title


白い円柱が並ぶ回廊です。
no title


no title


中央が世界中のカトリック信者が参拝に訪れるサン・ピエトロ大聖堂です。
ミケランジェロが72歳の時、終身設計者に任命され、彼のプランのもとに建てられたそうです。
no title

サン・ピエトロ大聖堂に入るために並んでいる人の列です。
写真をクリックすると拡大し、人の列がよく解ります。
柱の上には140体の聖人像が並んでいます。
no title

no title


サン・ピエトロ大聖堂のクーポラです。クーポラに登れるそうですが、今回は登りませんでした。
no title

クーポラからの素晴らしい景色の写真をネットで見つけました。
写真をクリックして御覧ください。
https://retrip.jp/articles/604/
クーポラからの景色



no title


no title



サン・ピエトロ広場からの全景合成写真です。
写真をクリックすると拡大します。出てきた写真を再びクリックすると更に拡大します。

IMG_2494バチカン合成




大聖堂の時計。16時5分前を指しています。
no title


大聖堂へ入る列はかなり進みました。大聖堂前には椅子が並べられていました。
サン・ピエトロ広場を眺める写真を二枚掲載します。
写真を拡大して御覧ください。
no title


no title


大聖堂出口に立つ衛兵です。独身で身長174cm以上のスイス人から採用されます。
縦縞の制服はミケランジェロのデザインと言われています。
no title


つづく・・・・
イタリア−30 バチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂


イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリアー28 ローマへ






イタリアー28 ローマへ



2015.4.25(祝土)五日目

サンジミニャーノの見学を終え、一路ローマに向かいました。

北海道のような景色を楽しみながらの260km(4時間半)でした。

バスの窓からの景色をデジブックフルウインドウで御覧ください。




ipadの方はこちらのURLをクリックして下さい。
http://www.digibook.net/d/97d4a113819ba315284d37371b4045da/?viewerMode=fullWindow




バスにはローマへ入る観光税の支払い済み証書が貼り付けられていました。
ローマは事前にネットで支払い証書が発行されるそうです。
no title


ドライブインの入口には、カラフルな分別ゴミ箱が並んでいました。
no title


夏バージョンチョコレートコーヒーです。
no title


ランチが14:00ということなので、何か口に入れておこうと物色し、メロンのカットを購入してお腹を持たせることにしました。グループの人で同じものを食べている人がいました。
no title


つづく・・・・・イタリア−29  バチカン市国

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅

イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ






イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ


2015.4.25(祝土)五日目

フィレンツェから10km離れたカレンツァーノのホテルからサンジミニャーノに寄りローマに向かいました。340kmの移動です。

ローマへマップ


no title


田園風景を見ながら気持ち良くバスは走りました。
no title

no title



no title


1時間半ほど走り、丘の上のサンジミニャーノに到着しました。

美しい塔が立ち並んでいることでよく知られているそうです。1990年に世界遺産に指定された場所です。塔は最も多いときには70を超えていましたが、多くは取り壊され、現在残っているのは14のみとのことです。

数々の塔は都市内での権力争いの名残りであり、最も力と富を持つ者が最も高い塔を建てました。中世に自治都市として最も繁栄していた時代には、塔を壊すときには新しい塔を建てなければならない法律が整備されていたそうです。

ローマと北ヨーロッパを結ぶフランチジェーナ街道上に位置していたため、10世紀から12世紀にかけて大きく発展しましました。当時の様子が偲ばれる街でした。
no title

IMG_2344



通りでは驚いたことに豚の丸焼きに出会いました。
no title


ドゥオーモまで一緒に行き、そこからはfree timeになりました。
サン・ジャーミノマップ


ここからはデジブック・フルウインドウで御覧ください。(写真26枚)



ipadの方は下記URLから御覧ください
http://www.digibook.net/d/0a94a3f3b01ea31c340ab7a3e74a048c/?viewerMode=fullWindow




朝はやい時間でしたので観光客は少なく、ひんやりした空気のもとのんびりと歩けました。
no title





郵便局です。世界遺産の中は生活の場でもあるのです。
no title



no title



アイスクリーム屋さんが開店になりました。
no title

アイスクリームの世界チャンピオンだそうです。
no title


添乗員さんにピスタチオはイタリアでしか食べられないと言われトライしてみました。

no title

BANCAと書かれています。銀行です。壁に並んでいる鉄製のものは昔、馬をつないだ所です。no title




石畳を磨く自動車が登場しました。サンジミニャーノの全ての石畳は多種のデザインで構成されていました。
no title

石畳の模様は場所により統一されていました。
IMG_2363

IMG_2364

IMG_2370


IMG_2380


マンホールの蓋も色々でした。年月により変化してきたのでしょうか?
IMG_2346

IMG_2353

IMG_2359


IMG_2373

IMG_2377



ネットにはサンジミニャーノ全景を見た写真が掲載されていました。
写真をクリックすると拡大します。

サンジミニャーノ



つづく・・・イタリアー28 ローマへ


イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して
イタリア−26 フィレンツェ  夕食場所と中央駅



イタリア−26 フィレンツェ 夕食場所と中央駅


2015.4.24(金)4日目

夕食を食べる場所を探して、中央駅方面に行きました。赤線の通りにはたくさんレストランが有りましたが何処が良いのか全く解りませんでした。
dhina- マップ

結局、メニューがたくさんあるところなら間違いが無いだろうと、写真のようなメニューが4枚ほどガラスに貼ってある店に入りました。入口は大衆食堂のような感じで大丈夫かな?と恐る恐る入って行きましたが中は奥が広く雰囲気の良いレストランでした。
メニューはイタリア語と英語で書かれていますが、理解するのに苦労しました。
メニュー

ガラス窓にはメニューと共にかわいい男の子二人の挿絵が貼ってありました。店のトレードマークのようです。
マーク


no title

生ハムとメロンをワインのつまみとして注文しました。
メロンが隠れるほど生ハムが乗っていました。美味しかったです。
no title

サラダを注文しようとしましたが、エーゲ海のサントリーニ島のレストランのサラダを思い出し、頼むと多分それだけでお腹いっぱいに成るだろうと意見が一致し、ピザを注文することにしました。ピザを食べているお客が多かったです。ピザのサイズを聞くのを忘れ、出てきたピザの大きさにびっくりでした。しかし、生地が薄いので完食でした。横の席の若者のカップルはハーフサイズをもらっていました。なるほど、ハーフといえば良かったのです。
生ハムとメロンの皿を見て下さい。家内が生ハムを横に分け、メロンだけにしています。デザートをメロンにする魂胆でした。
no title

イタリアでは料金は席で払うと思っていたのですが勘定に来ませんでした。レジに行くと当然の如く勘定してくれました。この店はレジで支払いするのでした。

帰りにレジの女性がカードをくれて、次回来るときは電話で予約して下さいとカードの電話番号を指しました。予約しないと席がとれないほど繁盛しているのでしょうか?そして、トリップアドバイザーとFacebookでgoodして下さいということでした。
Trattoria Bondiで検索すると店が出てきました。ほとんどがとても良いor良いの評価でした。

カードの裏を見ると、Trattoria Corneliusとあり、検索すると、姉妹店のようでした。こちらの方が少し高級感がある店のようです。やはり評判は良かったです。場所はネットで解ります。
フレンツエディナー場所カード

食事の後、集合場所のサンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅に向かいました。
写真は
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会です。
no title

駅の入口。中から外を撮影。小さなゲートが多数見えます。
no title

駅は乗車を待つ客でごった返していました。
no title

no title

日本のように改札はないので中央駅のホームへの出入りは自由です。
石が組まれ芝生が敷かれ公園のような一角です。
no title

近郊区間を運転する電気機関車で
快速用のため160km/hが最高速度です。
no title

高速列車 
フレッチャルジェント
no title


no title


ホームに置かれていたカート
no title

ホームを歩いてバスの駐車場へ移動しました。
no title

自転車を乗せて走る列車でした。ドアから自転車の車輪が見えます。
no title

写真をクリックすると三車輌が並んでいるのがよく解ります。
外国の列車の駅は楽しいいことがいっぱいです。
no title

赤い超特急イタロがホームに入ってきました。
no title

no title


no title


no title

ホームから下に降りてバスに乗り、ホテルへ向かいました。
右は城壁のような感じです。
no title


バスは夕焼けの中ホテルに向かいました。昨晩泊まったホテルです。
no title

no title

つづく・・・・イタリア−27 世界遺産サンジミニャーノ

イタリア−1 ビジネスクラスで出発

イタリア−2 スフォルツェスコ城
イタリア−3 ミラノーガッレリア
イタリア−4 ミラノ ドゥオーモ
イタリア−5  ランチ
イタリア−6 ヴェローナ− 古代ローマ時代の建物

イタリア−7 ヴェネツィアのホテルへ

イタリア−8 ヴェネツイア本島へ

イタリア−9 ヴェネツィア ゴンドラに乗る
イタリア−10 ヴェネツィア サン・マルコ広場
イタリア−11 ヴェネツィア ヴェネツィアグラス

イタリア−12 ヴェネツィア リアルト橋

イタリア−13 ヴェネツィア サン・マルコ寺院
イタリア−14 ヴェネツィア カフェ・フローリアン
イタリア−15 さようならヴェネツィア

イタリア−16 フィレンツェ ミケランジェロ広場

イタリア−17 フィレンツェ 旧市街へ
イタリア−18 フィレンツェ ウッフィツィ美術館

イタリア−19 フィレンツェ シニョリーア広場

イタリア−20 フィレンツェ ドゥオーモ広場

イタリア−21 フィレンツェ ショットの鐘楼に上る

イタリア−22 フィレンツェ ドゥオーモ内部

イタリア−23 フィレンツェ ベッキオ橋

イタリア−24 フィレンツェ GROMへ

イタリア−25 フィレンツェ 中央市場を目指して


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード