花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

2019年02月

マレーシア−25 イポー5 イポー駅ホーム


2019.1.28

列車の出発時刻が近づくと客が改札口に集まって来ました。
IMG_3340


マレー鉄道はタイ国境からシンガポールまで縦断する鉄道で通称KTMと言い、Keretapi Tanah Melayuのことでマレーシア・レールウエイです。
マレー鉄道はイギリスの植民地時代に錫を港まで運ぶ鉄道として開業されました。
列車の先頭車両にKTMの文字が書かれています。
写真をクリックすると拡大しKTMがわかります。
IMG_3346

残念なことに窓ガラスは汚れていました。
普通車指定席に乗車しました。
IMG_3345

ホーム内と車両内部の様子はデジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
マレー鉄道イポー駅ホームからの写真

つづく・・・マレーシア−26 マレー鉄道の旅


レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ
マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理
マレーシア−19 ペナン島13 屋台村

マレーシア−20 ペナン島14 ペナン島さようなら
マレーシア−21 イポーの街1
マレーシア−22 イポー2 イポー駅へ
マレーシア−23 イポー3 イポー駅舎
マレーシア−24 イポー4 市役所・最高裁判所

マレーシア−24 イポー4 市役所・最高裁判所


2019.1.28

列車の出発時刻まで少し時間があったので駅前の市役所と最高裁判所の建物を見に行きました。
SN00001
                 (googleマップより)

白亜の市役所です。
1914の文字が見えます。1914年に建てられた建物でしょうか?市役所と思えない建物です。
IMG_3301


IMG_3302


IMG_3311-1

IMG_3312

イポーの最高裁判所です。こちらも白壁です。
IMG_3305

IMG_3307

IMG_3308

つづく・・・
マレーシア−25 イポー5 イポー駅ホーム


レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会

マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ
マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理
マレーシア−19 ペナン島13 屋台村

マレーシア−20 ペナン島14 ペナン島さようなら
マレーシア−21 イポーの街1
マレーシア−22 イポー2 イポー駅へ
マレーシア−23 イポー3 イポー駅舎





マレーシア−23 イポー3 イポー駅舎


2019.1.28

マレー鉄道イポー駅舎はイギリス人A.B.ハポックの設計で1917年に完成したそうです。
マレー鉄道で一番美しい駅舎といわれており、ムーア式とゴシック様式のコロニアル建築です。
SN00006

全体を見てステーションホテルも兼ねているのかな?と思っていると2011年までMajestic Station Hotel Ipohがあったことがわかりました。

IMG_3287

IMG_3287-1

改札口ですが列車の出発時刻が来ないと開きませんでした。
IMG_3288

貨物列車が通過していきました。
IMG_3290

IMG_3291

小さなCafeがありました。出発前に入りました。中の様子はデジブックで御覧ください。
IMG_3350-1


イポー駅舎の写真は構内も含めデジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
マレー鉄道イポー駅舎

つづく・・・
マレーシア−24 イポー4 市役所・最高裁判所

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会

マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ
マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理
マレーシア−19 ペナン島13 屋台村

マレーシア−20 ペナン島14 ペナン島さようなら
マレーシア−21 イポーの街1
マレーシア−22 イポー2 イポー駅へ






 

マレーシア−22 イポー2 イポー駅へ


2019.1.28

昼食後イポー駅に向かいました。
イポー駅からクアラルンプールへ210キロ、2時間20分の列車の旅です。
大きな交差点です。
IMG_3273

IMG_3274

IMG_3275

IMG_3278

IMG_3280

IMG_3281

バスから見た白亜のイポー駅舎です。
1893年に開業した駅舎です。
IMG_3282

つづく・・・マレーシア−23 イポー3 イポー駅舎

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会

マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ
マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理
マレーシア−19 ペナン島13 屋台村

マレーシア−20 ペナン島14 ペナン島さようなら
マレーシア−21 イポーの街1


マレーシア−21 イポーの街1


2019.1.28

マレー半島に入りました。
IMG_3225

道路傍の工場プラントを発見しました。
IMG_3226

サービスエリアで休憩です。小さな建物がいくつもあり、所狭しと品物が並んでいます。
果物が多かったです。まだ裕福ではない国なのかどこのサービスアリアもエアコンが入っていませんでした。


IMG_3229

IMG_3230

IMG_3231


IMG_3233

IMG_3234

IMG_3235

トロピカルフルーツ
IMG_3236

蘭の花
IMG_3240


このあたりの土は赤いようです
IMG_3242

 山にIPOH(イポ)のマークがあります。HOLLYWOODの真似でしょうか。
IMG_3244

IMG_3245

イポーの街中に入ってきました。

IMG_3246


屋根付き歩道橋
IMG_3251

新しくきれいな教会です。
IMG_3252

IMG_3253

行きにも見たイギリスが建てた学校です。
IMG_3255


IMG_3256

中国のHUAWEIの大きな看板
IMG_3257

変わったデザインのマンションです。
マレーシアの信号機は縦型でした。世界は縦型の信号機が殆どで、横型が主流は日本と韓国だけだということです。
IMG_3258

IMG_3259

八角楼文化街と書かれています。
IMG_3260

バスを降りて昼食会場まで歩きました。
イポーの住民は70%が中国系です。錫の鉱山があったことから中国人がたくさん働きに来たそうです。マレー人は17%でインド人が15%とのことです。
IMG_3261

バットのようなものを持っている人はイチローに似ていると思いませんか?
IMG_3262


IMG_3263

石畳が敷かれているのは珍しかったです。英国領時代の名残でしょうか?
IMG_3264

ここで昼食です。中国系の店です。野菜と🐔の料理かな?と思いました。
旅行日程表を見るとチキンライスとあったので、楽しみにしていましたが想像とはまったくかけ離れておりびっくりでした。
IMG_3265

最初にもやしがどっさり出てきたのに驚きました。
料理の写真の撮り忘れがあるようです。
IMG_3266


IMG_3267




IMG_3268


IMG_3270

Ipoh White Coffeとは??
マレーシアでしか飲めないコーヒーとのことです。
ネットで調べると下記のようにありました。
White Caffe とは
IMG_3272


つづく・・・マレーシア−22 イポー2 イポー駅へ

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ
マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理
マレーシア−19 ペナン島13 屋台村

マレーシア−20 ペナン島14 ペナン島さようなら




マレーシア−20 ペナン島14 ペナン島さようなら


2019.1.28 

ペナン島を後にしてイポーへ向かいます。
しばらく車窓からの風景です。

マレーシアの夜明けは日本より遅いです。
緯度の差はかなりあるのに、時差が1時間だけのためでしょう。
IMG_3178

IMG_3184


IMG_3185


IMG_3188

IMG_3192

マクドナルドやKFCがありました。
IMG_3194

変わった建物です。
IMG_3195


IMG_3197

IMG_3198


IMG_3201

IMG_3202


IMG_3204

左右に客船が停泊しています。
IMG_3207

PIAとかかれているので波止場です。
IMG_3208

波止場に停まるバス
IMG_3209

IMG_3210



IMG_3212


ペナン島とマレーシア半島を結ぶ橋を渡ります。
IMG_3215

橋をわたるのに渋滞が起きていました。
IMG_3216

IMG_3225


IMG_3217

いよいよ橋です。
IMG_3218



IMG_3220


IMG_3221


IMG_3222


IMG_3224



つづく・・・マレーシア−21 イポーの街1

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ
マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理
マレーシア−19 ペナン島13 屋台村


福寿草・クロッカスが咲く


2019.2.20

蝋梅の花は終わり、
散歩で福寿草を発見
庭ではクロッカスが咲いています。
河津桜も花開き
少しづつ春が近づいています。

P_20190217_141508


 IMG_4146

マレーシア−19 ペナン島13 屋台村


2019.1.27

食後、近くにある屋台村に行きました。
IMG_3156


IMG_3157


IMG_3159

IMG_3160

屋台村到着
IMG_3162

すごい人々です。屋台の裏には駐車場があり、車でやってくる人も多いようです。ペナンでも大きい部類に入る屋台村とのことです。
IMG_3163

果物店です。カットされた果物やジュース類が売られていました。
IMG_3168


IMG_3169

手前は氷屋さん。シロップはたくさんの種類があるようです。
IMG_3170

文字を読んでも何かわかりません。
IMG_3171

イカの一夜干し(?)お皿にいろいろ並んでいす。これなら食べられそうです。
IMG_3172

IMG_3173

焼き鳥(?)
IMG_3174

高級マンションで、香港の有名芸能人が購入しているとのことです。
IMG_3176


ホテルの机の上にカレンダーがあり、素敵な写真を見て裏の英語を読むと、持って帰って良しと書かれており、頂いてきて我が家に飾っています。
IMG_2863-1


IMG_4063

IMG_4045
IMG_4046



IMG_4047

IMG_4047-1


カレンダー




3日目 おしまい

つづく・・・マレーシア−20 ペナン島14 ペナン島さようなら

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ
マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理
マレーシア−19 ペナン島13 屋台村



マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理


2019.1.27 

夕食が付いていない日で、ホテルやホテルの周辺を見てもレストランなど無さそうなので、オプションの夕食を申し込みました。四組八人がオプションの夕食を選びました。

バスでもう一度、ジョージタウンのガニードライブという場所へ行きました。
IMG_3119

IMG_3120

ガニードライブロータリーに到着です。
IMG_3122

IMG_3123

IMG_3125

川に橋がかかっており、その上を歩いて店に入りました。
IMG_3126

レストランは川向こうでした。
IMG_3127

ワニだ!いやヤモリだ!と一時騒然としました。
IMG_3128

建物に入るとさながら食材の水族館のようでした。
IMG_3130

食するロブスターです。
IMG_3131

IMG_3132


IMG_3129

テラス席もありましたが、私達は冷房がきいてる部屋へ通されました。
IMG_3135

IMG_3136

ロブスター
IMG_3137

白身の煮魚
IMG_3139

エビのフラッター
IMG_3140

ご飯は細長い、タイ米です。やはり日本のお米が一番です。
IMG_3145

IMG_3146

最後はスイカと??
IMG_3147


巨大なロブスターの広告塔
IMG_3149

IMG_3150

IMG_3154

IMG_3155

つづく・・・
マレーシア−19 ペナン島13 屋台村

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ


マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ


2019.1.27

早めに観光を終えホテルに戻りました。

ホテルの部屋からの景色です。残念ながらオーシャンビューではありませんでした。
IMG_3080_stitcha(1)

一休みした後、ビーチに向かいました。
IMG_3084


子供用のプールです。
IMG_3091

IMG_3093

子供用ウォータースライダー。
IMG_3094

カエルだと思いましたが・・・
IMG_3095

亀でした。
IMG_3096


青いプール。テントのブルーが水に写っているのです。暑さの為かプールはテントで覆われていました。
IMG_3097

近くにバーベキューの店があります。
IMG_3098

IMG_3099

ホテルの前のフェリンギビーチです。
IMG_3100

赤印がフェリングビーチでリゾートホテルが立ち並ぶ地域です。
SN00002

海はこのようにお世辞にも美しいとはいい難いです。
ブイで囲まれたところが海水浴可能なのかな?と思いましたが、夕方で涼しいためか誰も泳いでいませんでした。
IMG_3101

IMG_3103


IMG_3104

浜辺から見える宿泊ホテル「ゴールデンサンライズ バイ シャングリラ」です。
IMG_3106

磯遊びする子ら。
IMG_3107

IMG_3109

ホテルの近くに露天商が並んでいました。
IMG_3111

一周りしてホテルに戻りました。
IMG_3112


IMG_3112_0000

ホテルの玄関です。家内はコンビニへ買物に、私はホテルにもどりました。
IMG_3113

ロビーは冷房が入っていませんので暑いです。
ロビーの奥に冷房が入ったcool Lougeと書かれている場所を見つけそこで涼んでいました。
IMG_3114


つづく・・・マレーシア−18 ペナン島12 海鮮料理

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺



マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺


2019.1.27

食後もまたまた寺院観光でした。
IMG_3040

寺院の壁にワイヤーアートがありました。
IMG_3041

きらびやかなタイ式寺院だということです。入口には店が並んでいました。
IMG_3042


IMG_3043

門から入ると広い境内でした。
IMG_3044

IMG_3045


IMG_3046

大きな建物でした。入口の前に大きな像と小さな像が建っていました。日本でいう金剛力士像の役目でしょうか。龍も居ました。龍は中国式のようです
この寺はタイと中国の融合でした。
IMG_304820_stitch(1)

中に入ると長さ33mの涅槃仏がいました。
写真をクリックすると拡大し、涅槃仏の大きさがわかると思います。
IMG_3051_stitch1(1)



IMG_3055

IMG_3054




壁にも金色の涅槃仏がいましたが女性的な涅槃仏です。
フェンスのデザインは外の壁にあったワイヤーアートのデザインに通じます。
IMG_3056

IMG_3058

壁面の棚には骨壷が並び、その骨壷には生前の写真が貼られていました。先祖の骨壷はひと目でわかるシステムです。
IMG_3060

IMG_3059

釈迦の誕生の場面でしょうか?
IMG_3061

大小蓮の形をしたローソク
IMG_3064

IMG_3065


IMG_3066

IMG_3067


涅槃仏を見て次の場所へ移動しました。
IMG_3069

到着した場所は18世紀後半からジョージタウンに居着いたビルマ人が建てたビルマ寺院でした。
ここも金色をふんだんに使っていました。
IMG_3070


IMG_3071


IMG_3072



IMG_3074_stitch(1)


IMG_3076



IMG_3079

これで朝からのペナン島観光はおしまいです。
終わってみると、ジョージタウンの寺院めぐりばかりでした。
ガイドさんは「今、見てきたようにマレーシアは色々な宗教の人々が仲良くしている場所でどこかの国も宗教に関係なくマレーシアを手本に仲良く暮せば良のに!」と、言ってましたが期待していたペナン島は他に行く所が無いのでしょうか?


つづく・・・
マレーシア−17 ペナン島11 ビーチへ

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食

マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食


2019.1.27 

日本の長屋という感じの家が並ぶ街を歩きました。
IMG_3004

IMG_3005

鍋で何かを作り店頭で売っているようです。
IMG_3006

アラブ人もペナンに渡ってきてモスクを建てました。アチュモスクの塔です。
IMG_3008

日曜日の礼拝があるので外からの見学だけでした。
IMG_3009

IMG_3010

IMG_3011


IMG_3012

IMG_3013


IMG_3015


IMG_3016

IMG_3017

Mサミット191という★★★ホテルです。
派手な赤い提灯が飾ってあるので中国系列のホテルでしょうか。
IMG_3019

バスで昼食場所へ移動しました。

GAMAというスーパーマーケットです。
IMG_3020


IMG_3021

旗がでているので公共の建物でしょう。公共の建物はどこもきれいだと感じました。
IMG_3022

中国寺院見学から後は、まるで中国を旅しているようです。
IMG_3023

公園
IMG_3025

昼食はホテルで飲茶です。
IMG_3027

龍城大酒店と大げさな名前です。
IMG_3028_0000


IMG_3029

IMG_3030

中国系のホテルでの飲茶なので皆期待したのですが、次々出てくるものに???
IMG_3031

IMG_3032

揚げ豆腐のようなもの
IMG_3033

IMG_3034

IMG_3035

やっと飲茶らしい品が出てきました。小籠包は出ませんでした。
マレーシア風の飲茶でした。
IMG_3036

IMG_3038

最後は甘い甘いもの。
IMG_3039

つづく・・・
マレーシア−16 ペナン島10 涅槃仏寺

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺
マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート

マレーシア−14 ペナン島8 ワイヤーアートとウォールアート


2019.1.27

再び歩いて移動です。
IMG_2975

信号は縦型でした。
この辺りは欧米人の個人観光客が見られました。
IMG_2976

地図を見ながら歩いていた女性
IMG_2985

レンタサイクルを発見。
IMG_2978

自転車の右に自転車管理BOXが設置されていました。
IMG_2979

レンタサイクルのHow to use を写真を拡大して見ると、サインアップやアンロックするのにスマホを使うようです。
IMG_2979-1

きれいなモスクの前を歩く。
IMG_2980


IMG_2981


IMG_2983

IMG_2987

IMG_2988

1924年建造の道教の寺で福建省出身のヤップ(葉)一族の霊廟ヤップコンシーという寺院です。ベトナムへ行った時も福建省出身の霊廟があったように記憶しています。中国人は東南アジアに根付いているようです。

IMG_2989


IMG_2990


IMG_2991

突然、ワイヤーアートが現れました。
IMG_2993


IMG_2994

IMG_2995

有名なウォールアートです。
自転車は本物です。観光客はここでしばらく立ち止まり交代で自転車に腰掛け記念撮影していました。家内が行こうとしたらツアーの人達は前に進んでしまいました。
お寺を回るよりこういう路地をゆっくり歩きたかったです。
IMG_2996

ウォールアート・ワイヤーアートは一箇所に固まっているのかと思っていましたがジョージタウンのアチラコチラに散らばっているそうです。
その他のワイヤーアート、ウォールアートが描かれている場所は下記URLを御覧ください。
ジョージタウンのワイヤーアートとウォールアート

IMG_2998

アーケード通り
IMG_2999

IMG_3001



IMG_3000



つづく・・・
マレーシア−15 ペナン島9 アチュモスクと昼食

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺

マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺


2018.1.27

歩いて次の場所へ移動しました。
IMG_2956

IMG_2957

花屋さんです。ぶら下がっているものはどのように使うのでしょうか?棒状二本を束ねてあります。
IMG_2958

トライショーという自転車タクシーです、前に人を乗せて押して走るようです。
IMG_2959

歩いているのはリトルインディアと呼ばれている地域です。
マレーシアは位置の関係で中国人とインド人が多いです。
地元の人が使う屋台
IMG_2960

色鮮やかなヒンズー教の寺院です。多くの神様の像があります。
写真をクリックすると拡大します。
IMG_2962

象を祀っており、インドの神様と女神がたくさんいます。
IMG_2963

IMG_2965

IMG_2969
ちょっと不自然な日本語訳でした。


IMG_2966


IMG_2967_0000

IMG_2970


IMG_2971

日よけの傘は客のためというより運転手のためのようです。
IMG_2972

マレーシアで唯一文字が多く書かれていたマンホールの蓋です。蝶番で開け閉めするスタイルで珍しいです。
IMG_2973

IMG_2974

つづく・・・
マレーシア−14 ペナン島8 ワイアーアートとウォールアート

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺




マレーシア−12 ペナン島6 観音寺


2019.1.27 

セントジョージ教会から歩いて観音寺へ向かいました。

屋根に飾りがたくさんついているペナン島最古の中国寺「観音寺」です。
広東人と福建人により1800年代に建てられたそうです。
IMG_2937


IMG_2938

IMG_2941


IMG_2942

IMG_2943

IMG_2944

IMG_2946

IMG_2947

IMG_2951


細かい細工が施されています。
IMG_2949

IMG_2950


IMG_2948

旧正月の準備でしょう。中国の獅子舞の獅子が並べられていました。
中国の獅子舞は飛んだり跳ねたり動きが激しいです。
獅子の後ろに獅子舞をする男性がいます。
IMG_2952

小さなお寺ですが参拝者が次々と訪れていました。
IMG_2954

町中を散策しました。
IMG_2955

つづく・・・
マレーシア−13 ペナン島7 ヒンズー教の寺

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会



マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会


2019.1.27

バスでセントジョージ教会へ向かいました。
途中、不思議な形をしたものをバスの中から見ましたが何でしょう?

IMG_2909

セントジョージ教会正面にバスは停車しました。
IMG_2910

セントジョージ教会は東南アジアで最古のイギリス国教会で1819年に竣工しました。
IMG_2912


大きな木はマホガニーの木です。高級家具として使われているマホガニーの木を始めて見ました。
木のそばの円形の建物は1876年にペナン島に上陸したキャプテン・フランシスコ・ライトを記念した建造物です。

IMG_2913





IMG_2915

日曜日だったので教会内に入れませんでしたが入口から撮影させてもらいました。
IMG_2923


IMG_2925

IMG_2926

いつの間にかフランシス・ライト記念館の前には中国人らしき団体が来て賑やかに記念撮影をしていました。
IMG_2918

教会の前にはイギリス支配時の名残の建物がありました。
IMG_2921

IMG_2920

セントジョージ教会の外壁は手を入れず昔のままのようです。
IMG_2928

門柱
IMG_2932

散った花
IMG_2929

散った花の木です。
IMG_2930


IMG_2934

IMG_2927


前回のシティホールや今回の教会などがあるのはジョージタウンと言われている地域です。
この後もジョージタウン歩きが続きます。
イギリスの国王ジョージ4世に因んで付けたそうです。
ジョージタウンという地名はイギリスが進出した国々にあります。
SN00001

つづく・・・漢音寺

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール
マレーシア−12 ペナン島6 観音寺


マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール


2019.1.27

マレーシアに到着して2日目はペナン島の見学です。
ホテルの庭です。
IMG_2864


しばらく車中からの景色です。
IMG_2865

IMG_2866

IMG_2867

マンションが立ち並ぶ地区です。
IMG_2868

IMG_2869


IMG_2871



IMG_2872


IMG_2873

教会のようです。
IMG_2874


IMG_2875

無名戦士の記念塔です。
マレーシアの3つの戦いの年代が刻まれているそうです。写真に写っているのはその一つの年です。1942年に日本がマレーシア全土を占拠しています。その戦いの時期も刻まれています。
IMG_2876

ペナン市庁舎(City Hall)
かってイギリスの東インド会社が拠点としていた1903年完成の建物です。
白亜の宮殿のようです。
IMG_2877

IMG_2891


IMG_2893

IMG_2894

シティーホールの隣に建つクリーム色のタウンホール。
このあたりはジョージタウンといって古い建物が残っている地域で午前中歩きました。
IMG_2889

IMG_2900

海に近い場所です。
IMG_2888

IMG_2887


豪華客船が寄港していました。
IMG_2879

港のクレーン
IMG_2880

州の紋章らしきマークと cleaner  greenner penanoと書かれたステッカーが貼られた屑籠が設置され、どこかで見たような、ひと昔前の箱型乗用車が停まっていました。
IMG_2881

マレーシアの国旗とペナン州の国旗です。
ペナン州の国旗は中央にビンロウジが描かれています。ビンロウジはヤシ科の植物でペナンの由来になった木です。
青色は海を、黄色は繁栄を表しています。
マレーシア国旗の赤と白の縞の数はマレーシアの州の数を表しています。
IMG_2882


この木は金色と黒のポールに囲まれ、石碑に文字が刻まれ説明がありましたが忘れてしまいました。金色と黒は高貴なことを示しています。マレーシアでも香港でもフェンスによく使われています。
IMG_2895

IMG_2896


IMG_2899


白いブーゲンビリア
IMG_2901

コーンウォリス要塞
マレーシア最大の要塞で、名前は当時のインド総督だったチャールズ・コーンウォリス
に因んだもので、大砲は海に向かって配置されていました。

このマラッカ海峡を望む要塞は当時オランダやフランスから防衛するのが目的でした。

IMG_2902

当時の要塞の写真でしょうか?パネルで展示されていました。
IMG_2903


IMG_2904


IMG_2905

IMG_2906

IMG_2908


つづく・・・
マレーシア−11 ペナン島5 セントジョージ教会

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ
マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景

バレンタインデー コデ165


2018.2.10

伊豆箱根鉄道大雄山線大雄山駅2番ホームでバレンタイに因みチョコレート色に塗装された工事用電車「コデ165」が公開されることをタウンニュースで知り、出かけてきました。
IMG_4145

大雄山駅舎です。左には金太郎のふるさとの大看板と「熊にまたがった金太郎像」が設置されています。
写真はクリックすると拡大します。
IMG_4133

コデ165はホームに停まっているので入場券を窓口で購入して中に入りました。
入場券は自動販売機では購入出来ません。
IMG_4128

コデ165の正面写真。改札を入った左の植え込みから望遠で捉える。。
IMG_4125

ホームに停まるコデ165
コデ165は昭和初期国鉄の車両でしたが引退後、相模鉄道に譲渡され、その後伊豆箱根鉄道に譲渡されました。当時は黄色い車体に酒匂川をイメージした青いラインが入っていましたが1977年に21年ぶりに茶色に塗装が戻されました。
IMG_4064



IMG_4112

行先板はバレンタインと鉄道むすめ塚原いさみをあしらったデザインでした。
塚原いさみについては下記URLを御覧ください。
「塚原いさみ」について
IMG_4110


以前の黄色い車体です。
railway_dsyaryo_lv3_02

頭についている丸いランプがクラシックな雰囲気です。
コデ165の文字が見えます。
IMG_4111

IMG_4071_0000

こんなところにも165が。
IMG_4101

IMG_4070_0000

白い枠の窓がシンプルできれいです。屋根部分はシルバーに塗られています。
車体の色と屋根の色から阪急電車を思い出しました。
IMG_4113

車庫に入っている通常の車両とのツーショットです。
IMG_4116

連結器
連結器

ドアは手動です。
IMG_4118

車内へ入れるのは今日だけです。
中央に作業用長テーブルとコンプレッサーが置かれていました。
IMG_4077

IMG_4078

見学者は子供連れと一眼レフを持った鉄道マニアが多かったです。
IMG_4085

行先板
IMG_4073

運転席
IMG_4074


IMG_4075

運転席から駅舎側を見る
IMG_4076

運転席は前にも後ろにもあります。
IMG_4080

IMG_4081

運転席の扇風機。左上にスピーカーのようなものがあります。
IMG_4082

車内には扇風機がたくさんついていました。
IMG_4083

コデ265の見学を終え、改札に向かいました。
天井には大雄山線開通100周年と大雄山天狗の看板がぶら下がっていました。
IMG_4120


IMG_4121

初めて気がついた駅長室の文字。
IMG_4122

車庫に入っている車両
IMG_4123


改札
IMG_4127


IMG_4132

観光案内所
IMG_4129

帰りに踏切から撮影
IMG_4138

記念品はノート、チョコレート、カードでした。
IMG_4140


IMG_4141

ノートの中に描かれているイラストの車両は現在の三両編成です。
IMG_4144


おしまい



マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景


2019.1.26

食事をしている間に日が沈み、少しするとブルーモーメントが現れたのでカメラを持って席を立ちました。そして夕食が終わると暗くなり夜景を撮影しながらケーブルカー乗り場に向かいました。
ブルーモーメントと夜景の写真はデジブックで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
ペナンヒルからの夜景

ケーブルカーの料金は下記の通りで、我々はファストレーン大人往復でした。ノーマルレーンの倍以上の額です。

■ケーブルカー料金
ノーマルレーン
大人往復 RM30(¥825)
子供往復 RM15(¥413)
大人片道 RM15(¥413)

ファストレーン
大人往復 RM80(¥2,200)
子供往復 RM40(¥1,100)
大人片道 RM45(¥1,238)

 
ファーストレーンチケットです。ファーストレーンはほとんど並ばず、優先的にケーブルカーに乗れるので良い席を確保出来ます。
IMG_2854


山頂駅にはファーストレーン客のための待合室があり椅子が設置されていました。値打ちがあるファーストレーンでした。
IMG_2855


下りのケーブルカー内からさつえいした動画です。



ホテルに到着したのは夜10時前でした。
前夜9時に羽田へ、マレーシア到着が朝7時で、即観光、長い一日でした。
部屋は広いツインだったのでほっとしました。バスタブも有りました。

IMG_2861


IMG_2862

IMG_2863


つづく・・・
マレーシア−10 ペナン島4 シティーホール


レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る
マレーシア−8
ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ



マレーシア−8 ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ


2019.1.26

ケーブルカーで標高833mのペナンヒルに登りました。
IMG_2803

山頂まで総距離1996mのケーブルカーです。
IMG_2804

急坂を かなりのスピードで上っていきました。


ケーブルカーを降りた場所からの景色です。
IMG_2807

Sky walkという空中に突き出た橋があり、そちらに向かいました。
IMG_2808

ペナンヒルにもゆるキャラがいました。
IMG_2809

橋の先は360°見渡せる展望台になっていました。

IMG_2810


ペナンヒルの高さは833mです。
IMG_2812

空気が澄んでおらず残念です。
IMG_2813

マレー半島とペナン島を結ぶ全長13.5kmのペナンブリッジです。
私達が渡ってきた橋はこの橋のずっと南側に架っています。
IMG_2814


IMG_2815

海峡を挟んで見える景色は規模は小さいですが香港のビクトリア・ピークからの景色に似ています。
写真をクリックすると拡大します。
IMG_2819_stitch(1)

黄色いハイビスカス
IMG_2822

シコンノボタンに似た花
IMG_2824

ペナンヒルには下記の遊歩道があるらしいが行きませんでした。
ゆっくり歩くのに良さそうなところです。
ペナンヒル・ネイチャートレイル

夕食会場です。
IMG_2825


食事会場から見える景色
IMG_2826

食事はスチームボードというマレーシア風寄せ鍋ですが、中にはいっている具はおでんに入れる練り物のようなものもありました。味付けはマレーシア風でもうひとつでした。日本のおでんの方が美味しい!
IMG_2828

つづく・・・マレーシア−9 ペナン島3 ペナンヒルからの夜景

レーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る 

 

マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る


2019.1.26

ペナン島は亀の形をした島でした。
地図の下の橋を渡ってペナン島入りです。
SN00001


IMG_2790

IMG_2792

大きな島で、ビルが多く建っていました。ペナン州の人口は150万人でそのうち70万人が島に居て工場団地もあるとのガイドさんの説明に、砂浜が広がるリゾートの小さな島と想像していたイメージが覆りました。
IMG_2793


IMG_2794

IMG_2796

IMG_2797

ペナン島に渡ってから北方にあるペナンヒルに向かいました。
SN00002

きれいな墓地です。
IMG_2798

マレーシアの墓地できれいに草を刈ってある墓地を見たのは上の写真の場所だけで他は下の写真のように草に隠れていました。この草が茂った墓地も年1回草刈りをするそうです。
暑い国なのでなかなか整備が追いつかないのでしょう。
IMG_2800

島の学校です。
IMG_2801


つづく・・・
マレーシア−8 ペナン島2 ケーブルカーでベナンヒルへ

マレーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ

マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺
マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮 


 

マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮


2019.1.26

イポーの街を後にしてクアラカンサーの街に向かいました。
途中サービスエリアで休憩しました。ここは大きなサービスエリアでした。
屋根があり日差しを遮っただけで、冷房設備はなく、暑いです。
IMG_2745

大型バスに12名なので4席/人割当で旅行中、席は自由でした。
IMG_2746

マレーシアの川はどこも濁っていました。
IMG_2747


IMG_2749

KUALA KANGSA
THE ROIYAL TOWN
と書かれている凱旋門のようなものが建っていました。
クアラカンサーは18世後半からスルターンが居住する王宮があった場所です。
IMG_2750


金色のドームを持つインド・サラセン洋式の美しいウブディアモスクです。
28代スルターンにより1917年に建造されたものです。
IMG_2754



色々な角度からのモスク外観と内部はデジブックフルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
ウブディアモスク
 
モスクのそばに建っていた建物です。
近くに旧王宮があったのでその関係のものかもしれません。
IMG_2779

アブラヤシの実です。
思っていたより小さくたわわについています。
IMG_2778

今のマレーシアの国王の写真が掲げられていました。
マレーシアでは9つの州に王様がいます。王様が居ない州は総督が治めています。
国王は各州の王様と総督が相談して決めます。任期は5年で交代制です。今の国王は病気で辞められ代理の王が国王を努めています。ブログを書く頃には新しい国王が決まっているはずです。
IMG_2780

街路樹として多くの場所で植えられていたいた木です。現地ガイドさんによるとウチダと言うそうです。落葉しないので街路樹によいのだそうです。
IMG_2781

IMG_2782

王宮の門です。
衛兵が立つ場所がありますがいません。いつも立っていないとのことでした。
IMG_2784

門の建物の横の詰め所にいるとのことでした。

IMG_2785

つづく・・・
マレーシア−7 ペナン島1 島に渡る

マレーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺 





マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺 


2019.1.26 
イポー旧市街をバスの中から眺めながらペラトン洞窟寺に向かいました。

ヒンズー教寺院
IMG_2701

亜熱帯らしい大きな木です。
IMG_2703

歓迎ゲート?
IMG_2705

IMG_2707

旧市街
IMG_2709


IMG_2711

川を渡ると新市街のようでした。
IMG_2712

IMG_2713

IMG_2714

サッカーのゴールネットが置いてある芝生の広場ですが、昼間は暑いためでしょうか?誰もいません。
IMG_2715


St Michael's Institutionというイギリスが建てた学校です。
美しい建物です。
IMG_2717

MUZIUMの文字が見えたので調べると
イポー駅近くの小さな無料の美術館で、絵画が少しだけ飾ってあるそうです。
IMG_2718

ペラトン洞窟寺に到着しました。
イポーは石灰岩の山が多く、中国人も多いので洞窟を利用した中国寺院がいくつかあるそうです。その中でも大きなペラトン洞窟寺です。
IMG_2721


洞窟中国寺はデジブック・フルウインドウでごらんください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記URLから御覧ください。
ペラトン洞窟寺

つづく・・・マレーシア−6 クアラカンサー ウブディアモスクと王宮


マレーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム
マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理




マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理


2019.1.26 

I ❤ TAMBUN と書かれた建物を発見。
TAMBUNとはイポーの街の地名で、温泉や動物園で有名らしいです。
IMG_2687


IMG_2688

IMG_2689

IMG_2690

きれいで大きなインド料理店でした。
IMG_2691_0000

入口に大きなレリーフが飾ってありました。
IMG_2692

ツアーメンバーは12名でしたので一つのテーブルで間に合いました。
IMG_2693

予想通り、カレーでルーは4種類あり辛かったです。
IMG_2694

ごはんがついてますが、細長い粒でボソボソしており今ひとつでした。
IMG_2695

IMG_2696


ナンも付きました。
IMG_2698

辛いので甘い飲み物が良いとのことで注文しました。飲み物の名前は忘れました。
IMG_2697


甘いデザートでした。
IMG_2699


つづく・・・
マレーシア−5 イポー3 ペラトン洞窟寺 

マレーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム


マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム


 2019.1.2 6

クアラルンプールでバスに乗り、イポーへ向かいました。
メンバーは12人、バスの中はゆったりです。
クアラルンプール、イポー間は約240kmです。

空港を出るとすぐヤシの林、以降、ヤシ林をずっと見ることになりました。
ヤシの実から油を取るのが目的で、パーム油として食料、石鹸等に使われ、最近はバイオ燃料として研究されています。
IMG_2664


IMG_2668

マレーシアは以前、シンガポール旅行の際、ジョホールバルだけ訪ねました。
田舎町だったのでそのイメージが残っており、想像していたより近代的な建物が建っていました。
IMG_2665

IMG_2666

どこの駅かわかりませんが、客車が出発し、貨車が停車していました。客車は少し汚れた感じでした。
写真はクリックすると拡大します。出てきた写真をもう一度クリックすると更に拡大します。
IMG_2667

途中、高速道路のパーキングエリアで小休止です。
日本の高速道路のパーキングエリアやサービスエリアのようにきれいではありませんでした。
IMG_2670

再び出発すると、石を切り出した跡のような山肌が見えました。
IMG_2674

マレーシアのペラ州庁舎のようです。
右が国旗で左が州旗です。
ペラ州の州旗は白がスルタン(イスラム教の君主)、黄色は摂政、黒は川の王様を表しているそうです。イポーはペラ州に属し、錫の鉱産が盛んな場所で中国人が多く住む街です。マレーシアで4番目に大きな街です。
IMG_2675

IMG_2676

イポーの街並み
IMG_2677


ポメロフルーツファームで下車しました。
ポメロは中国語で柚子で柑橘類です。
IMG_2679

虫除け袋をかぶせてあるのがポメロの実です。
木肌はミカンの木と同じでした。木はすごく大きいです。
IMG_2680


IMG_2682

ポメロの実です。
IMG_2683

山積みにして売られています。
IMG_2684

ポメロは大きなミカンという感じでした。
味は淡白でした。
IMG_2685


IMG_2686

つづく・・・マレーシア−4 イポー2 昼食はインド料理

マレーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ
マレーシア−2 空港でヌードル


マレーシア−2 空港でヌードル


 2019.1.2 6

クアラルンプール空港での
ANA発着はサテライトなので、トラムでメインターミナルへ移動しました。
SN00013

IMG_2654

メインターミナルの天井はヤシの木をイメージしたもので、黒川紀章が全体設計をし、メインターミナルは大成建設、サテライトは竹中工務店が施工したそうです。

IMG_2656

出口でガイドのJohnson Yeohさんがバッグに付けたトラピックスのバッジですぐに見つけて声をかけてくださいました
。機内で朝食を取ったばかりだったのですが、一休みする意味でということで空港内のNOODLEのお店に誘導されました。
IMG_2657

量は少なめで味もクセはなく一安心しました。
香港でワンタン麺をよく食べますが、茹でたワンタンでつるっとした感触です。
ここでは揚げたワンタンが入っていました。
ツアーというと空港からすぐバスに乗り込むのが普通ですが、一息つけたので良かったかもしれません。
IMG_2659

飛行機の到着は6:45でしたが、ヌードルを食している間に日が昇り、朝日が差し込んで来ました。
日差しが強い場所なので明かり採りは少なめにされていました。
IMG_2662

IMG_2663

エレベーターで2階へ降りるのですが、向かい合って設置されており、ブルーのラインの方は出口方向で、ピンクのラインが地下鉄方面です。間違えないように注意が必要です。
IMG_2661

IMG_2660

今回の旅行はクラルンプールからイポーを通り、ペナンへ、電車でクアラルンプールに戻りマラッカを訪ねクアラルンプールへ戻ってくるという行程でした。
全土図-1

つづく・・・
マレーシア−3 イポー1 ポメロフルーツファーム

マレーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ

【アジア】

香港シリーズ2017.12

香港−1 HKExpressに乗る
香港−2 尖沙咀(チムサーチョイ)

香港−3 ホテル・ハイアット クラブラウンジ
香港−4  バレエくるみ割り人形鑑賞
香港−5  ロープウエイ(昂坪(ゴンピン)360°)で大仏へ
香港ー6   ゴンピン・ビレッジ
香港−7  268段の階段の先
香港−8 ポーリン寺
香港−9 帰りのロープウエイ
香港ー10  深水湾泳灘(Deep Water Bay Beach)
香港−11 海岸線の遊歩道
香港−12 レパルス・ベイ
香港−13 レパルス・ベイ ショッピングモール
香港−14 帰国チェックインのドタバタ劇


2012.12 香港シリーズ

1.香港ー1(香港へ)
2.香港ー2(娘の住まい)
3.香港ー3(孫の体操教室)
4.香港ー4(沙田(sha Tin)の街へ)
5.香港ー5(山登り)

6.香港ー6(ディナー)
7.香港ー7(朝の波止場散歩)
8.香港ー8(九龍公園)
9.香港ー9(ランチ糖朝)
10.香港ー10(1881ヘリテージ)
11.香港ー11(プロムナード一人旅)
12.香港ー12(太空館)
13.香港ー13(北京ダック)
14.香港ー14(夜の1881ヘリテージ)
15.香港ー15(地下鉄に乗る)
16.香港ー16(旺角のマーケット)


2015.12 香港シリーズ

香港ー18 タイムズスクエア スター・ウォーズ展

香港ー19 孫に会いに

香港ー20 パンダホテル

香港ー21 海が見える場所
香港ー22 徳華公園
香港ー23 西貢(サイクン) 孫のバレエの発表会
香港ー24 夕食

香港ー25 ディズニーランドへ

香港ー26 ディズニーランドー1 ディズニーランド鉄道
香港ー27   ディズニーランドー3 スモールワールド

香港ー28  ディズニーランドー4 ライオンキング

香港ー29  ディズニーランドー5 ターザンハウス
香港ー30  ディズニーランドー6 TOY STORY
香港ー31  ディズニーランドー7 パレード
香港ー32  茎湾の街


ベトナム中部ー1 出発
ベトナム中部ー2 ハプニング
ベトナム中部ー3 朝の散歩
ベトナム中部ー4 フエへ
ベトナム中部ー5フエ カイディン帝廟

ベトナム中部ー6 フエ ランチ

ベトナム中部ー7 フエ ティエンムー寺

ベトナム中部ー8 阮朝王宮

ベトナム中部―9 5つ星ホテル

ベトナム中部−10 シクロに乗る

ベトナム中部ー11 宮廷料理

ベトナム中部ー12 朝食

ベトナム中部ー13 ホテルの周り

ベトナム中部ー14 ホイアンへ向かう

ベトナム中部ー15 海鮮乾物店

ベトナム中部ー16 ダナン名物海鮮料理
ベトナム中部ー17 絹工場
ベトナム中部ー18 ホイアン旧市街内へ
ベトナム中部ー19 福建会館
ベトナム中部ー20 ホテル
ベトナム中部ー21 夕食
ベトナム中部ー22 ランタン灯るホイアン
ベトナム中部ー23 プールで泳ぐ
ベトナム中部ー24 フリータイム
トナム中部ー25 舟旅
ベトナム中部ー26 投網漁
ベトナム中部−27 ミーソン遺跡へ
ベトナム中部28 カートに乗りミーソン遺跡へ
ベトナム中部−29 ミーソン民族舞踊
ベトナム中部−30 ミーソン遺跡
ベトナム中部−31ミーソン遺跡を後にして
ベトナム中部−32 ダナン空港へ
ベトナム中部ー33 空港内
ベトナム中部ー34 フライト
ベトナム中部ー35 帰国



蘇州・無錫・上海の旅−1 羽田空港国際線
蘇州・無錫・上海−4 世界遺産「京杭大運河」
蘇州・無錫・上海の旅−5 虎丘と山塘街
蘇州・無錫・上海の旅−6 刺繍研究所 
蘇州・無錫・上海の旅−7 蘇州運河ナイトクルーズ
蘇州・無錫・上海の旅−8 観光用山塘街
蘇州・無錫・上海−9 無錫・太湖
蘇州・無錫・上海の旅−10 淡水真珠館
蘇州・無錫・上海の旅−11 南禅寺
蘇州・無錫・上海の旅−12 惠山古鎮

蘇州・無錫・上海−14 上海雑技ショー

蘇州・無錫・上海の旅−15 上海の朝
蘇州・無錫・上海の旅−16 旧フランス租界
蘇州・無錫・上海の旅−17 シルク店
蘇州・無錫・上海の旅−18 魯迅公園
蘇州・無錫
・上海−19 日本租界・多倫路文化名人街

蘇州・無錫・上海−20昼

蘇州・無錫・上海の旅−21 豫園商城散策

蘇州・無錫・上海の旅−22 外灘散策

州・無錫・上海の旅−23  黄浦江ナイトクルーズ

蘇州・無錫・上海の旅−24 東方明珠塔

蘇州・無錫・上海の旅−25 帰国





マレーシア−1 羽田空港ビジネスラウンジ


2019.1.25 

トラピックスのカタログで、6日間のマレーシアへのビジネスクラスの旅にもかかわらず、リーズナブルな価格のツアーを見つけ、ホテルも良かったこともあり申し込みました。
寒い日本を脱出できる魅力もありました。

羽田0:05発ANAで
マレーシアに向かいました。

羽田空港国際ターミナルでは「羽田Sky illuminaton〜誰も見たことのない光〜」を開催中でした。
天井には写真の柄が点いたり消えたりしていました。
IMG_2620


光り輝くイルミネーションできれいでしたが、手持ち撮影での限界シャッタースピード1/30では多くの点滅を捉えきれず、以下の写真の様になってしまいました。
IMG_2623

IMG_2627


IMG_2629

IMG_2633

こちらはシャッタースピード1/10
IMG_2634


IMG_2634


チェックイン後、2時間近くあり、ANAのラウンジへ行きました。
110番ゲート向かいのエレベータを登ると右にファーストクラス、左にビジネスクラスの受付がありました。
IMG_2635


IMG_2636

非常に広いラウンジで22時を過ぎているのに殆ど席は埋まっており、奥の方に行きました。
IMG_2647

IMG_2638


IMG_2641

IMG_2644

IMG_2643


IMG_2645

IMG_2646

IMG_2639


軽くワインを頂きました。
IMG_2649

飛行機に乗り込み、0時をすぎているので、席をフルフラットにしてマットを敷いてすぐ眠る態勢に入りました。
4時間ほど眠ると朝食で起こされました。
7時間のフライトなのでもう少し眠らせて欲しかったです。

モーニングコーヒー
IMG_2651


和食の朝食
IMG_2652

洋食の朝食
IMG_2653


つづく・・・
マレーシア−2 空港でヌードル

【アジア】

香港シリーズ2017.12

香港−1 HKExpressに乗る
香港−2 尖沙咀(チムサーチョイ)

香港−3 ホテル・ハイアット クラブラウンジ
香港−4  バレエくるみ割り人形鑑賞
香港−5  ロープウエイ(昂坪(ゴンピン)360°)で大仏へ
香港ー6   ゴンピン・ビレッジ
香港−7  268段の階段の先
香港−8 ポーリン寺
香港−9 帰りのロープウエイ
香港ー10  深水湾泳灘(Deep Water Bay Beach)
香港−11 海岸線の遊歩道
香港−12 レパルス・ベイ
香港−13 レパルス・ベイ ショッピングモール
香港−14 帰国チェックインのドタバタ劇


2012.12 香港シリーズ

1.香港ー1(香港へ)
2.香港ー2(娘の住まい)
3.香港ー3(孫の体操教室)
4.香港ー4(沙田(sha Tin)の街へ)
5.香港ー5(山登り)

6.香港ー6(ディナー)
7.香港ー7(朝の波止場散歩)
8.香港ー8(九龍公園)
9.香港ー9(ランチ糖朝)
10.香港ー10(1881ヘリテージ)
11.香港ー11(プロムナード一人旅)
12.香港ー12(太空館)
13.香港ー13(北京ダック)
14.香港ー14(夜の1881ヘリテージ)
15.香港ー15(地下鉄に乗る)
16.香港ー16(旺角のマーケット)


2015.12 香港シリーズ

香港ー18 タイムズスクエア スター・ウォーズ展

香港ー19 孫に会いに

香港ー20 パンダホテル

香港ー21 海が見える場所
香港ー22 徳華公園
香港ー23 西貢(サイクン) 孫のバレエの発表会
香港ー24 夕食

香港ー25 ディズニーランドへ

香港ー26 ディズニーランドー1 ディズニーランド鉄道
香港ー27   ディズニーランドー3 スモールワールド

香港ー28  ディズニーランドー4 ライオンキング

香港ー29  ディズニーランドー5 ターザンハウス
香港ー30  ディズニーランドー6 TOY STORY
香港ー31  ディズニーランドー7 パレード
香港ー32  茎湾の街


ベトナム中部ー1 出発
ベトナム中部ー2 ハプニング
ベトナム中部ー3 朝の散歩
ベトナム中部ー4 フエへ
ベトナム中部ー5フエ カイディン帝廟

ベトナム中部ー6 フエ ランチ

ベトナム中部ー7 フエ ティエンムー寺

ベトナム中部ー8 阮朝王宮

ベトナム中部―9 5つ星ホテル

ベトナム中部−10 シクロに乗る

ベトナム中部ー11 宮廷料理

ベトナム中部ー12 朝食

ベトナム中部ー13 ホテルの周り

ベトナム中部ー14 ホイアンへ向かう

ベトナム中部ー15 海鮮乾物店

ベトナム中部ー16 ダナン名物海鮮料理
ベトナム中部ー17 絹工場
ベトナム中部ー18 ホイアン旧市街内へ
ベトナム中部ー19 福建会館
ベトナム中部ー20 ホテル
ベトナム中部ー21 夕食
ベトナム中部ー22 ランタン灯るホイアン
ベトナム中部ー23 プールで泳ぐ
ベトナム中部ー24 フリータイム
トナム中部ー25 舟旅
ベトナム中部ー26 投網漁
ベトナム中部−27 ミーソン遺跡へ
ベトナム中部28 カートに乗りミーソン遺跡へ
ベトナム中部−29 ミーソン民族舞踊
ベトナム中部−30 ミーソン遺跡
ベトナム中部−31ミーソン遺跡を後にして
ベトナム中部−32 ダナン空港へ
ベトナム中部ー33 空港内
ベトナム中部ー34 フライト
ベトナム中部ー35 帰国



蘇州・無錫・上海の旅−1 羽田空港国際線
蘇州・無錫・上海−4 世界遺産「京杭大運河」
蘇州・無錫・上海の旅−5 虎丘と山塘街
蘇州・無錫・上海の旅−6 刺繍研究所 
蘇州・無錫・上海の旅−7 蘇州運河ナイトクルーズ
蘇州・無錫・上海の旅−8 観光用山塘街
蘇州・無錫・上海−9 無錫・太湖
蘇州・無錫・上海の旅−10 淡水真珠館
蘇州・無錫・上海の旅−11 南禅寺
蘇州・無錫・上海の旅−12 惠山古鎮

蘇州・無錫・上海−14 上海雑技ショー

蘇州・無錫・上海の旅−15 上海の朝
蘇州・無錫・上海の旅−16 旧フランス租界
蘇州・無錫・上海の旅−17 シルク店
蘇州・無錫・上海の旅−18 魯迅公園
蘇州・無錫
・上海−19 日本租界・多倫路文化名人街

蘇州・無錫・上海−20昼

蘇州・無錫・上海の旅−21 豫園商城散策

蘇州・無錫・上海の旅−22 外灘散策

州・無錫・上海の旅−23  黄浦江ナイトクルーズ

蘇州・無錫・上海の旅−24 東方明珠塔

蘇州・無錫・上海の旅−25 帰国





記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード