花咲かすおじさん

グリーンヒルに移ってから、薔薇を中心とした庭を造り、一年中花が咲いている庭を目指しています。ブログには庭を中心とした花や、旅ブラで撮影した画像をデジブック等で紹介しています。庭もブログも花いっぱいにしたいと思います。

2019年06月

小江戸・佐原−3 与倉屋大土蔵


2019.6.14 

ほとんど観光客が来ない通りを歩きましたが、お薦めの通りです。

SN00004-1


黒塀が続く清宮秀堅住宅です。塀から見える樹木はきれいに剪定されていました。
IMG_6121

IMG_6122

IMG_6123

現在はホテルとして使われています。
3、4万円/人するホテルでとても泊まれませんでした。
IMG_6125

少し覗くと大きな商家です。
IMG_6124

人通りのない道でした。
IMG_6126

観光地の外れなので今風の家も立っていました。
IMG_6127

大きな家が多いです。
IMG_6128

IMG_6129

明治22年建造の
日本最大級の与倉屋大土蔵です。
土蔵は明治初期に醸造業を営み、その後、醤油醸造業、製粉業を営み、現在は倉庫業をしている与倉屋のものです。太平洋戦争末期には土蔵の近くの佐原小学校に陸軍大152師団司令部があり、与倉屋土蔵は兵器庫として使われました。

IMG_6130


IMG_6131

小野川に出ました。

IMG_6132

佐原小学校が見えています。
IMG_6133

本格イタリアンの店カーサ・アルベラータです。本日ランチは満席の張り紙がありました。
予約をしないと席が取れない人気のレストランのようです。
http://www.casaalberata.com/

IMG_6134

門から見た
カーサ・アルベラータの建物です。中村屋商店の隠居所だった建物です。
IMG_6135

つづく・・・
小江戸・佐原−4 伊能忠敬記念館と旧宅
潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)
潮来−4 潮来駅と佐原駅
香取神社−1 拝殿へ
香取神宮−2 本殿周り
香取神宮−3 要石
水郷佐原あやめパーク−1 園内舟めぐり
水郷佐原あやめパーク−2 あやめパーク散策
小江戸・佐原−1 交流館でドールハウスを見る
小江戸・佐原−2 メイン観光道
小江戸・佐原−3 与倉屋大土蔵
小江戸・佐原−4 伊能忠敬記念館と旧宅 

【千葉県】
濃溝の滝
久留里城
久留里城 探鳥路を下る
亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー1 一路千葉へ
養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー2 養老渓谷

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー3 東京ドイツ村からの富士山

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー4 東京ドイツ村イルミネーション

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー5 東京湾夜景

成田山新勝寺ー1 参道

成田山新勝寺ー2 境内1
成田山新勝寺ー3 境内ー2
成田山新勝寺ー4 成田山公園の紅葉

笠森観音−1 笠森観音へ
笠森観音−2 観音堂への山道
笠森観音−3 観音堂
笠森観音−4 弁天谷池
千葉駅そごう前のイルミネーション
藻原寺−1 藻原寺(そうげんじ)山門
藻原寺−2  藻原寺境内
藻原寺−3 紅葉がある仏殿・書院周辺
千葉駅周辺散策
千葉 モノレール下を歩く
千葉駅西口イルミネーション

小江戸・佐原−2 メイン観光道


2019.6.14

交流館を後にして小江戸散策に出かけました。
SN00005-


モルタル仕上げで石張りに見せている洋風建築の蜷川家具店です。昭和8年頃建築です。

IMG_6103

店先だけ洋風にした建物です。モルタル仕上げの隣の和風の建物二軒も
蜷川家具店の看板が上がっています。相当大きな家具店だったようです。写真をクリックし拡大すると和風の家に上がっている蜷川家具店の看板の文字が見えます。
IMG_6102

大正三年建築の三菱館です。
明治の洋風レンガ造りでレンガはイギリスから輸入したそうです。
内部は企画展などに使用されていますが訪問日はイベントがなく入れなかったのが残念でした。
IMG_6105

IMG_6106

大きな「うさぎ」が目立つ店は「らぱん」と書かれていました。
手作り雑貨店でした。
IMG_6107

IMG_6108

明治25年建築の中村屋乾物店です。
壁の厚さが45cmもある耐火性土蔵造りです。
IMG_6109

橋の向こう見える建物はタンカーやコンテナを沢山持っている千葉商船株式会社本社です。古い町並みに異彩を放っています。
IMG_6111

千葉商船の向かいは安政二年(1885年)建築の中村屋商店です。
荒物、雑貨を扱っていた商店です。今の建物は明治25年に発生した火災の後、建て替えられたものです。
IMG_6110

明治13年建築の
正文堂で、以前は本屋さんでした。
現在は、芋菓子を販売しています。


IMG_6113

説明板をクリックすると拡大します。
IMG_6114

IMG_6115

古さがわかる
正文堂内の梁です。
IMG_6116


正文堂の隣にも古い建物が三軒並んでいました。

石造りの建物は何の建物かわかりませんが・・・
IMG_6117

蔵元馬場本店です。
明治15年勝海舟が逗留したことを記念して「海舟散人」と名付けた大吟醸を生産しています。佐原は水郷佐原と言われているように水が豊富なので酒造り、稲作が盛んでした。
かっては36軒もの醸造所があったそうです。
IMG_6119

IMG_6120



つづく・・・
小江戸・佐原−3 与倉屋大土蔵

潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)
潮来−4 潮来駅と佐原駅
香取神社−1 拝殿へ
香取神宮−2 本殿周り
香取神宮−3 要石
水郷佐原あやめパーク−1 園内舟めぐり
水郷佐原あやめパーク−2 あやめパーク散策
小江戸・佐原−1 交流館でドールハウスを見る
小江戸・佐原−2 メイン観光道

【千葉県】
濃溝の滝
久留里城
久留里城 探鳥路を下る
亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー1 一路千葉へ
養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー2 養老渓谷

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー3 東京ドイツ村からの富士山

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー4 東京ドイツ村イルミネーション

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー5 東京湾夜景

成田山新勝寺ー1 参道

成田山新勝寺ー2 境内1
成田山新勝寺ー3 境内ー2
成田山新勝寺ー4 成田山公園の紅葉

笠森観音−1 笠森観音へ
笠森観音−2 観音堂への山道
笠森観音−3 観音堂
笠森観音−4 弁天谷池
千葉駅そごう前のイルミネーション
藻原寺−1 藻原寺(そうげんじ)山門
藻原寺−2  藻原寺境内
藻原寺−3 紅葉がある仏殿・書院周辺
千葉駅周辺散策
千葉 モノレール下を歩く
千葉駅西口イルミネーション


 




小江戸・佐原−1 交流館でドールハウスを見る


2019.6.14

佐原あやめパーク14:10発のシャトルバスで佐原に戻りました。
この時間になるとあやめパークに来るバスも折り返し佐原に戻るバスも満員でした。
交流館前でバスを降り小江戸・佐原歩きを楽しみました。
交流館に入るとバスツアーの人が説明を受けていました。
その周りに精巧に作られた佐原の代表的建物の模型が飾られていました。

現在も旅館業と続けている「木の下旅館」
http://matinami.o.oo7.jp/hatago/higasi-nippon/kinosita-sahara.html
IMG_6093


IMG_6089

橋本京子さんという方のドールハウスです。
IMG_6089-1


IMG_6092

交流館の隣りにある三菱館(三菱銀行佐原支店)です。実際は道路から見えない屋根の形をドールハウスは見せてくれます。
IMG_6090

中村屋乾物店
IMG_6095

中村屋商店
IMG_6098

IMG_6097

正文堂
本もひとつひとつ丁寧に作られ、実物が並んでいるようです。
IMG_6099

IMG_6100

いずれも本物を撮影したのと間違うような出来でした。
これは交流館を出て撮影した古い建物です。

IMG_6101

つづく・・・
小江戸・佐原−2 メイン観光道


潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)
潮来−4 潮来駅と佐原駅
香取神社−1 拝殿へ
香取神宮−2 本殿周り
香取神宮−3 要石
水郷佐原あやめパーク−1 園内舟めぐり
水郷佐原あやめパーク−2 あやめパーク散策

【千葉県】
濃溝の滝
久留里城
久留里城 探鳥路を下る
亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー1 一路千葉へ
養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー2 養老渓谷

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー3 東京ドイツ村からの富士山

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー4 東京ドイツ村イルミネーション

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー5 東京湾夜景

成田山新勝寺ー1 参道

成田山新勝寺ー2 境内1
成田山新勝寺ー3 境内ー2
成田山新勝寺ー4 成田山公園の紅葉

笠森観音−1 笠森観音へ
笠森観音−2 観音堂への山道
笠森観音−3 観音堂
笠森観音−4 弁天谷池
千葉駅そごう前のイルミネーション
藻原寺−1 藻原寺(そうげんじ)山門
藻原寺−2  藻原寺境内
藻原寺−3 紅葉がある仏殿・書院周辺
千葉駅周辺散策
千葉 モノレール下を歩く
千葉駅西口イルミネーション


 

水郷佐原あやめパーク−2 あやめパーク散策


2019.6.14

佐原あやめパークは以前、水郷佐原水生植物園だった所で現在、花菖蒲が400種150万株植えられています。かなり広いパークです。
SN00002

長さ70mの藤棚です。
IMG_6017

IMG_6081

IMG_6083





 

あやめの写真はデジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記リンクから御覧ください。
佐原あやめパークの散策


つづく・・・
小江戸・佐原−1 交流館でドールハウスを見る


潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)
潮来−4 潮来駅と佐原駅
香取神社−1 拝殿へ
香取神宮−2 本殿周り
香取神宮−3 要石
水郷佐原あやめパーク−1 園内舟めぐり
水郷佐原あやめパーク−2 あやめパーク散策

【千葉県】
濃溝の滝
久留里城
久留里城 探鳥路を下る
亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー1 一路千葉へ
養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー2 養老渓谷

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー3 東京ドイツ村からの富士山

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー4 東京ドイツ村イルミネーション

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー5 東京湾夜景

成田山新勝寺ー1 参道

成田山新勝寺ー2 境内1
成田山新勝寺ー3 境内ー2
成田山新勝寺ー4 成田山公園の紅葉

笠森観音−1 笠森観音へ
笠森観音−2 観音堂への山道
笠森観音−3 観音堂
笠森観音−4 弁天谷池
千葉駅そごう前のイルミネーション
藻原寺−1 藻原寺(そうげんじ)山門
藻原寺−2  藻原寺境内
藻原寺−3 紅葉がある仏殿・書院周辺
千葉駅周辺散策
千葉 モノレール下を歩く
千葉駅西口イルミネーション


 

水郷佐原あやめパーク−1 園内舟めぐり


2019.6.14 

成田駅8:41発の電車で佐原に行き、佐原からあやめ祭りの期間のみ運転されているシャトルバス(9:20)で水郷佐原あやめパークに行きました。
朝早い便なのでバスは空いていました。
DSCF8318

バスは成田線を渡り北へ走りました。
IMG_5964

水が豊富なこの地方は水田が広がっていました。
IMG_5966

運河です。
IMG_5968

水郷の町らしく運河に沿ってボートの収納庫があり、ボートがたくさん収納されていました。
IMG_5969

バスは30分かけて水郷佐原あやめパークに到着です。
SN00001

あやめパークに入ると正面に藤棚が見えました。
IMG_5970


IMG_6087


IMG_5971

IMG_5973

空いているうちに園内舟めぐりを楽しみました。
IMG_5972(1)



舟からの景色はデジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記リンクから御覧ください。
佐原あやめパーク園内舟めぐり


つづく・・・
水郷佐原あやめパーク−2 あやめパーク散策

潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)
潮来−4 潮来駅と佐原駅
香取神社−1 拝殿へ
香取神宮−2 本殿周り
香取神宮−3 要石

【千葉県】
濃溝の滝
久留里城
久留里城 探鳥路を下る
亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー1 一路千葉へ
養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー2 養老渓谷

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー3 東京ドイツ村からの富士山

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー4 東京ドイツ村イルミネーション

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー5 東京湾夜景

成田山新勝寺ー1 参道

成田山新勝寺ー2 境内1
成田山新勝寺ー3 境内ー2
成田山新勝寺ー4 成田山公園の紅葉

笠森観音−1 笠森観音へ
笠森観音−2 観音堂への山道
笠森観音−3 観音堂
笠森観音−4 弁天谷池
千葉駅そごう前のイルミネーション
藻原寺−1 藻原寺(そうげんじ)山門
藻原寺−2  藻原寺境内
藻原寺−3 紅葉がある仏殿・書院周辺
千葉駅周辺散策
千葉 モノレール下を歩く
千葉駅西口イルミネーション


香取神宮−3 要石


2019.6.16 

神池
IMG_5937

IMG_5938

IMG_5939

要石とは何だろうと、見に行きました。
IMG_5940

薄暗い森の中を登っていきました。
IMG_5941

夕日の木漏れ日で明るい部分に救われる思いでした。
IMG_5942

最後の階段です。
IMG_5943

小さな祠は香取護国神社です。
IMG_5944

IMG_5945

香取護国神社の横を進むと要石がありました。
IMG_5946

小さな石でした。
地震を起こすオオナマズを抑えるため地中深くに差し込んでいる霊石です。
香取神宮の要石は表面に突き出た形ですが、鹿島神宮の要石は凹んだ形をしています。
IMG_5947

要石の傍の押手神社です。
IMG_5948

IMG_5949

要石の傍にも三本杉がありました。
IMG_5950

IMG_5951

IMG_5952

17:31発のバスで佐原駅に行き、電車で予約したホテルのある成田へ向かいました。

成田駅に着くと夕焼けを見ることが出来ました。成田駅ホームからの撮影です。
IMG_5958

JR成田駅も新しくなり駅前も整備されていました。
IMG_5959

駅前交番
IMG_5960

駅前時計台
IMG_5961

京成成田駅です。ホテルは京成成田駅の東口からすぐでした。
IMG_5963

つづく・・・
水郷佐原あやめパーク−1 園内舟めぐり

潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)
潮来−4 潮来駅と佐原駅
香取神社−1 拝殿へ
香取神宮−2 本殿周り

【千葉県】
濃溝の滝
久留里城
久留里城 探鳥路を下る
亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー1 一路千葉へ
養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー2 養老渓谷

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー3 東京ドイツ村からの富士山

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー4 東京ドイツ村イルミネーション

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー5 東京湾夜景

成田山新勝寺ー1 参道

成田山新勝寺ー2 境内1
成田山新勝寺ー3 境内ー2
成田山新勝寺ー4 成田山公園の紅葉

笠森観音−1 笠森観音へ
笠森観音−2 観音堂への山道
笠森観音−3 観音堂
笠森観音−4 弁天谷池
千葉駅そごう前のイルミネーション
藻原寺−1 藻原寺(そうげんじ)山門
藻原寺−2  藻原寺境内
藻原寺−3 紅葉がある仏殿・書院周辺
千葉駅周辺散策
千葉 モノレール下を歩く
千葉駅西口イルミネーション





香取神宮−2 本殿周り


2019.6.13 

本殿を取り囲む塀です。
IMG_5917

拝殿の後ろにある本殿です。

IMG_5926


三本杉です。
IMG_5919

IMG_5921

斜めに真っすぐ伸びた三本杉の一本です。

IMG_5918

中央の一本です。
IMG_5920

IMG_5923

本殿の裏側です。
IMG_5925

本殿の側面
IMG_5927

拝殿への階段
IMG_5928

内側から見た楼門
IMG_5929

樹齢千余年と言われている御神木の杉
IMG_5930

IMG_5931

鳥居をくぐり参道を帰りました。
IMG_5934

つづく・・・
香取神宮−3 要石

潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)
潮来−4 潮来駅と佐原駅
香取神社−1 拝殿へ


【千葉県】
濃溝の滝
久留里城
久留里城 探鳥路を下る
亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー1 一路千葉へ
養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー2 養老渓谷

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー3 東京ドイツ村からの富士山

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー4 東京ドイツ村イルミネーション

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー5 東京湾夜景

成田山新勝寺ー1 参道

成田山新勝寺ー2 境内1
成田山新勝寺ー3 境内ー2
成田山新勝寺ー4 成田山公園の紅葉

笠森観音−1 笠森観音へ
笠森観音−2 観音堂への山道
笠森観音−3 観音堂
笠森観音−4 弁天谷池
千葉駅そごう前のイルミネーション
藻原寺−1 藻原寺(そうげんじ)山門
藻原寺−2  藻原寺境内
藻原寺−3 紅葉がある仏殿・書院周辺
千葉駅周辺散策
千葉 モノレール下を歩く
千葉駅西口イルミネーション



香取神社−1 拝殿へ


2019.6.13

香取神宮参道入口です。
参道には店が左右に並んでいました。
IMG_5900

香取神宮は日本三大神宮の一つです。伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮が
日本三大神宮です。
今回で日本三大神宮制覇です。
三大神宮のうち二つが利根川・霞ヶ浦を挟んで有るのは東北地方より北が蝦夷と言われていた時代、蝦夷征伐に利根川・霞ヶ浦へ船を使って兵士・物資を運んでいた蝦夷征伐の最先端基地だったため重要な神宮が二つあるとブラタモリの中で言っていました。
なお、日本三大神宮は平安時代初期延喜式神名帳
に記されたものを周到しているそうです。
明治以降神宮と名のつくものは増えています。神宮は神社の中で別格の地位です。
二之鳥居
IMG_5901



IMG_5902

灯籠が並ぶ薄暗い森を進みました。
IMG_5904


IMG_5903

三之鳥居と総門が見えてきました。
IMG_5906


IMG_5907

手水舎
IMG_5908

IMG_5909

楼門
IMG_5910

拝殿
元禄に徳川幕府によって造営され、屋根は檜皮葺です。
IMG_5911

IMG_5912

夏越しの大祓の神事の際、赤線のように歩くのですが、見ていると赤線のように歩いている人はいず、みんなくぐっていましたので私もくぐるだけのお祓いをしました。
IMG_5913

拝殿
IMG_5914


IMG_5915

拝殿の左側から一回りしました。
IMG_5916


つづく・・・
香取神宮−2 本殿周り

潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)
潮来−4 潮来駅と佐原駅


【千葉県】
濃溝の滝
久留里城
久留里城 探鳥路を下る
亥鼻城(千葉城)
国立歴史民族博物館へ
佐倉城址公園−1 馬出し空壕
佐倉城址公園−2 さくら
佐倉城址公園−3 夜桜屏風
小湊鉄道−1 総社戸隠神社
小湊鉄道−2 上総国分寺(かずさこくぶんじ)
小湊鉄道−3 車窓から
小湊鉄道−4 養老渓谷・菜の花畑
小湊鉄道−5 水に映る桜と列車

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー1 一路千葉へ
養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー2 養老渓谷

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー3 東京ドイツ村からの富士山

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー4 東京ドイツ村イルミネーション

養老渓谷・ドイツ村・東京湾夜景ー5 東京湾夜景

成田山新勝寺ー1 参道

成田山新勝寺ー2 境内1
成田山新勝寺ー3 境内ー2
成田山新勝寺ー4 成田山公園の紅葉

笠森観音−1 笠森観音へ
笠森観音−2 観音堂への山道
笠森観音−3 観音堂
笠森観音−4 弁天谷池
千葉駅そごう前のイルミネーション
藻原寺−1 藻原寺(そうげんじ)山門
藻原寺−2  藻原寺境内
藻原寺−3 紅葉がある仏殿・書院周辺
千葉駅周辺散策
千葉 モノレール下を歩く
千葉駅西口イルミネーション






我家の庭


2016.6.21
カメラを動画モードにして我家の庭を歩いてきました。

まずはデッキからの景色です。
 

玄関を出て下の庭に降りていきました。
バラは二番花がちらほら咲き始め、紫陽花、花菖蒲、ラベンダー、スカシユリ、ノコギリソウ、チェリーセージ、オレガノが咲いています。
アガパンサス、ギボウシはまだ蕾です。



紫陽花
コンポストを置いていた土から、かぼちゃが芽を出し、小さな実を付けています。







潮来−4 潮来駅と佐原駅


2019.6.13 

JR鹿島線潮来駅です。
IMG_5882

改札口
IMG_5883

最近良く見られるようになった階段の蹴上げ部分に描かれている絵はあやめ園でした。
IMG_5884

ホテルを成田に取っていたので成田駅までの切符を購入しました。
IMG_5885

潮来発佐原行きは昼間は平日2時間に1本という少なさです。
15:09発に乗りました。
SN00002
一度階段を登るとまた、階段がありました。
IMG_5887

IMG_5888

高架のホームです。
IMG_5889

ホームからあやめ園が見えました。
IMG_5890

2時間に1本のローカル線なのできっとクラシックな電車が来るだろうと期待していましたが新しい車両の電車でした。
IMG_5893

30分間で佐原駅ホームに到着です。
鹿島線は佐原終点で車止めがあり、成田線とはホームが違うので乗客は改札口に向かっています。成田線千葉方面の電車の待ち時間は40分あるので乗り換えの乗客は改札を出て待合室に誘導されました。
IMG_5894

佐原駅舎は25年前来た時とは変わり、新しくなっていました。
IMG_5895

IMG_5899

駅前も整備され、伊藤忠敬像が立っていました。
IMG_5898

駅の横に建てている建物は7月オープンのホテルルートインでした。ルートインに泊まろうと思ったのですが検索するとオープン前でした。あやめ祭りのシーズンに間に合わせて欲しかったです。
IMG_5896


三日目に香取神宮へ行く予定でしたが天気予報が変わり朝から雨の予報なので、この後バスで行って帰ってこれるか観光案内所に聞きに行きました。
IMG_6179

行きは15:48発のコミュニティーバスで行き、帰りは千葉交通の路線バスの最終17:31発で帰ってこられると親切に教えていただきました。1時間半香取神宮に滞在できる計算でした。
IMG_6198


IMG_6199


つづく・・・
香取神社−1 拝殿へ

潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)



潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)


2019.6.13
 

総門をくぐると桜の青葉に囲まれた素晴らしい景色に遭遇しました。
あやめ園の雑踏とは違い非常に静かな場所でした。

IMG_5819

見ごたえのある茅葺屋根の本堂です。
IMG_5824

屋根に在る紋は源氏の定紋である「笹りんどう」です。
IMG_5824-1


IMG_5825


IMG_5826

イチョウ模様に見える扉の模様です。
IMG_5829

国指定重要文化財の銅鐘。
IMG_5830

IMG_5831

観音堂・方丈・書院・庫裏を兼ねている建物で書院は水戸黄門が御成とのことです。
IMG_5833

IMG_5835

庭から本堂の裏が見えました。
IMG_5836

福禄寿尊

IMG_5837

座っている観音像

IMG_5838


IMG_5840


長勝寺は文治元年(1189年)に源頼朝によって創建されたと言われており、それに因んだ古木の文治梅です。
IMG_5843

IMG_5842

菩提樹
IMG_5847

菩提樹の蕾がたくさんついていました。初めて見ました。
IMG_5846

黄色い小さな花が咲くらしいです。(ネットより)
Linden_01


IMG_5848

紫陽花が植わっている長勝寺でした。

IMG_5849

「此の辺り大門跡」と書かれている石碑が立っている思案橋を渡り、あやめ園に戻りました。
こちらの橋を渡っている人はいませんでした。

IMG_5851


IMG_5852

思案橋からあやめ園を望む。

IMG_5855


つつく・・・潮来−4 潮来駅と佐原駅


潮来−1 潮来あやめまつり
潮来−2 水雲橋を渡る


 

潮来−2 水雲橋を渡る


2019.6.13 

太鼓橋(水雲橋)を渡りながら、あやめ畑と前川を眺め、対岸へ行きました。

IMG_5788


IMG_5792

橋の上から眺めると花菖蒲が咲いていない部分がたくさんありました。
IMG_5794

IMG_5795

ろ舟の船着き場です。
IMG_5803

IMG_5800

25年前に訪れたときはこんなに川幅は広くなく整備されていませんでした。
その時に、ろ舟は経験しているので今回は乗りませんでした。
IMG_5802

IMG_5804


橋を渡り終えると大邸宅がありました。
IMG_5807

案内板によると、長勝寺が近くにあるので行ってみることにしました。
IMG_5806

これが参道のようです。
IMG_5811

IMG_5812


IMG_5814

IMG_5815

IMG_5816

総門まで400mありました。
IMG_5818


つづく・・・
潮来−3 長勝寺(ちょうしょうじ)

潮来−1 潮来あやめまつり


潮来−1 潮来あやめまつり


2019.6.13 

貴重な梅雨の晴れ間を利用して潮来と佐原のあやめまつり、そして香取神宮と小江戸佐原の街歩きを楽しんで来ました。
潮来は茨城県、佐原は千葉県でこの地方は利根川が流れ、霞ヶ浦が近く、生活環境、文化が似ているところからイバラキと呼ばれています。
SN00001


潮来/佐原方面はJRで行くと便が少なく乗り換え時間がかかるので東京駅八重洲口6番乗り場から出ている11:20発の鉾田行きバスに乗りました。1日6本運行しています。
潮来駅に13時に到着しました。

潮来駅周辺にコインロッカーはなく、観光案内所があったので聞くと300円で預かってくれるとのことで身軽になってあやめまつり会場へ行きました。
IMG_5886

潮来のあやめまつりは駅から徒歩圏内であること無料なのがありがたいです。

潮来や佐原では「あやめまつり」と呼んでいますが、咲いている花は花菖蒲です。

TVのニュース番組によく登場する場所です。
IMG_5782

「潮来あやめまつり」はデジブック・フルウインドウで御覧ください。


ipad、chrome等上画像から見られない方は下記リンクから御覧ください。
潮来あやめまつり



つづく・・・
潮来−2 水雲橋を渡る







浦賀−10 浦賀駅へ


2019.6.4

道路から見たサロン アカンサスの
コンサバトリーです。
IMG_2559

蔵と古い家があるのは横須賀古道です。
IMG_2560


IMG_2561

浦賀ドックは浦賀湾の向かいですが浦賀ドックの説明がありました。
IMG_2562

大ヶ谷バス停の手前で道を確認のため浦賀駅への道を聞くと、駅までは遠く、バス停がすぐ近くで100円で行けるのでバスで行くのを薦める、と言われてしまいました。
IMG_2563

横浜ナンバーの車が並んでいたので横須賀は横浜ナンバーらしいです。
IMG_2564

浦賀駅前交差点に到着。東叶神社から27分かかりました。
IMG_2570


IMG_2565

徳田屋跡は見逃しました。今は石碑があるだけのようです。
IMG_2566_stitch


IMG_2571

2020年浦賀奉行所開設300周年の看板が掲げられている浦賀駅改札口。
IMG_2572

普通電車で堀之内へ行き、そこから快速特急に乗り変えて横浜駅へ行き、東海道線で小田原に帰りました。ブラ歩きに程よい所でした。
IMG_2573

IMG_2574

浦賀おしまい

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック
浦賀−3 燈明堂
浦賀−4 浦賀奉行所跡
浦賀−5 叶神社
浦賀−6 渡し船
浦賀−7 東叶神社
浦賀−8 浦賀城跡
浦賀−9 サロン アカンサス
浦賀−10 浦賀駅へ

【三浦半島】

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場
横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘
横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園
横須賀−16 くりはま花の国  フラワートレインで帰る

秋谷・立石−1 立石不動尊
秋谷・立石−2 立石と海越しの富士
秋谷・立石−3 ランチ
秋谷・立石−4 長者ヶ崎海岸
秋谷・立石−5 逗子駅周辺

大田和つつじの丘

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック
浦賀−3 燈明堂
浦賀−4 浦賀奉行所跡
浦賀−5 叶神社
浦賀−6 渡し船
浦賀−7 東叶神社
浦賀−8 浦賀城跡
浦賀−9 サロン アカンサス
浦賀−10 浦賀駅へ

浦賀−9 サロン アカンサス


2019.6.4

浦賀城へ行く時、見つけたコンサバトリーでコーヒータイムにすることにした。
コンサバトリーはイギリス生まれの保存場所(
Conserve)から来ています。温室として使われたのが始まりですが次第に居住空間となっていきました。
コンサバトリーについては下記リンクを御覧ください。
コンサバトリーとは
IMG_2544

浦賀湾が見える高台に建っています。
IMG_2545

コンサバトリーの内部です。
IMG_2547


IMG_2548

IMG_2549

IMG_2550

IMG_2551

IMG_2552

庭にはバラがたくさん植えられています。
IMG_2553


IMG_2554


IMG_2556

IMG_2557

客は私一人だったのでコーヒーを飲みながら話し好きのマダムとお喋りし、ゆっくり休憩できました。
コンサバトリーはイギリスから輸入できるという雑誌記事を見て、娘さんへプレゼントにしたのをばらしてこちらに据え付けたとのことでした。マダムは浦賀の人ではなく東京の人とのことでした。

帰りにマダムが名刺を下さり、玄関に咲いている白い花はアカンサスで、店の名前を「サロン アカンサス」と名付けたと教えてくれました。アカンサスは地中海地方原産の宿根草です。
アカンサスのお話
IMG_2558


帰りは東叶神社の鳥居のそばにバス停があるので、バスで駅まで行くのが良いと教えてくださいましたが歩ける距離なので歩くことにしました。

つづく・・・
浦賀−10 浦賀駅へ

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック
浦賀−3 燈明堂
浦賀−4 浦賀奉行所跡
浦賀−5 叶神社
浦賀−6 渡し船
浦賀−7 東叶神社
浦賀−8 浦賀城跡
浦賀−9 サロン アカンサス

【三浦半島】

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場
横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘
横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園
横須賀−16 くりはま花の国  フラワートレインで帰る

秋谷・立石−1 立石不動尊
秋谷・立石−2 立石と海越しの富士
秋谷・立石−3 ランチ
秋谷・立石−4 長者ヶ崎海岸
秋谷・立石−5 逗子駅周辺

大田和つつじの丘


浦賀−8 浦賀城跡


 2019.6.4

200段の階段を上がり、浦賀城跡へ行きました。
IMG_2526

階段の途中にあったcafeは帰りに寄ることにしました。
IMG_2527

勝海舟断食の碑
日本で初めて太平洋を渡る咸臨丸の無事を祈り、艦長勝海舟は断食をしたと伝えられています。
IMG_2529

IMG_2528

更に石段を上りました。
IMG_2530

途中で休みたくなる階段でした。
IMG_2531

勝海舟断食の跡
IMG_2533


IMG_2532

浦賀城跡に到着です。
小田原北条氏の城で、豊臣秀吉の小田原攻め以後に廃城となったようです。
IMG_2534

IMG_2537


IMG_2535


房総半島がよく見えました。
IMG_2536

IMG_2541

つづく・・・浦賀−9 サロン アカンサス

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック
浦賀−3 燈明堂
浦賀−4 浦賀奉行所跡
浦賀−5 叶神社
浦賀−6 渡し船
浦賀−7 東叶神社



浦賀−7 東叶神社



2019.6.4

東叶神社です。
IMG_2506


IMG_2509_0000

山の斜面に建つ神社です。
IMG_2510


IMG_2511

神社境内図
IMG_2512

岩洞窟内に海上交通の安全を祈る身代わり弁天を祀っています。
IMG_2513

IMG_2514

勝海舟が断食修行をした際に使った井戸から汲んできた水です。
IMG_2516

IMG_2515

奥に勝海舟断食修行の折、使用した井戸があります。
ここでなぜ断食修行したかは断食場所で記述します。
IMG_2517

社務所にも勝海舟と叶神社の英語説明の紙が貼り付けてありました。
Omikujiの文字も見えます。海外の方も訪れる神社なのでしょう。
IMG_2518


IMG_2520

本殿への階段の左右に立派に育ったソテツがありました。源頼朝ゆかりのソテツです。
IMG_2522

IMG_2521


IMG_2519

絵馬には源頼朝が描かれています。
IMG_2523

神輿格納庫
IMG_2524

IMG_2525

つづく・・・浦賀−8 浦賀城跡

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック
浦賀−3 燈明堂
浦賀−4 浦賀奉行所跡
浦賀−5 叶神社
浦賀−6 渡し船


浦賀−6 渡し船


2019.6.4

西叶神社の鳥居をくぐり浦賀湾に出ると渡し船乗り場です。
渡し船で浦賀湾を渡り東叶神社へ行き、浦賀城跡に登りました。
SN00008

船着き場に船が止まっていないときはボタンを押して向こう岸から船を呼ぶのですが、渡し船は船着き場に停まっていました。料金は200円です。
IMG_2492

渡し船は東叶神社の祭礼の際に神輿を運んだ船をモチーフにした御座船でした。
IMG_2490


IMG_2494

昭和37年からエンジン式の渡し船となったそうで、あっという間に向こう岸についてしまいました。
IMG_2498



IMG_2495

IMG_2496




私が降りると、渡し船はすぐ次の客を迎えに戻りました。
IMG_2499


IMG_2500

今度は浦賀の東側を歩きました。
IMG_2501

待合室がありました。
IMG_2502

渡しの航路は横須賀市道2073号線となっています。
写真をクリックすると拡大します。
IMG_2503

IMG_2504

IMG_2505

つづく・・・東叶神社

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック
浦賀−3 燈明堂
浦賀−4 浦賀奉行所跡
浦賀−5 叶神社




 

浦賀−5 叶神社


2019.6.4 

浦賀奉行所の後、叶神社に向かいました。
SN00007

奉行所跡からの道です。
IMG_2447


IMG_2449


道から船が見えました。
IMG_2450

蛇畠(じゃばたけ)という場所です。地名の由来が記されていました。
IMG_2452

蛇畠町内会館の表札が掛かっていました。
IMG_2453

港町浦賀に因んで港工業です。
IMG_2454

IMG_2455

愛宕山公園入口の立て看板があり、行ってみることにしました。
IMG_2456

IMG_2457

階段を上って行くようです。
IMG_2458

途中にあった稲荷神社
IMG_2459

草が茂っている階段です。
IMG_2460

階段の踊り場から見えた川のような浦賀湾です。
IMG_2462


IMG_2463

まだ先に階段がありましたが歩く人が少ないらしく木が茂り薄暗く、この後200段の階段を上る予定もあり、、浦賀湾を上から眺められたのでここで引き返しました。
IMG_2461

IMG_2464


次の町は日本各地に名前が残っている紺屋町です。
歩いていると様々な説明書きに出くわし、色々なことを学べます。
IMG_2465

龍のこて絵を飾ってある所に廻船問屋跡の看板が建っていました。
IMG_2467

浦賀の廻船問屋について説明があります。写真をクリックすると拡大します。
IMG_2466

廻船問屋跡の建物
IMG_2468_stitch

叶神社の社務所の屋根が見えてきました。
IMG_2470

叶神社です。
平安時代末期、源氏の再興を願った文覚上人が応神天皇を祭神として建立した神社です。
建立後平家が滅亡し鎌倉幕府が樹立され源氏再興が叶ったので「叶大明神」と呼ばれるようになりました。
IMG_2476

IMG_2475

願いが叶う神社で、多くの願い事が絵馬に書かれています。
IMG_2477

IMG_2478

IMG_2479

船守神社
IMG_2481


文政6年創業の福寿弁財天
IMG_2483

天保13年に再建された時の手彫りの彫刻が欄間に施されています。後藤利兵衛の作だそうです。
IMG_2485

IMG_2487

IMG_2488

社務所です。
IMG_2484

社務所は閉まっており誰もいませんでした。ガラス窓越しに勾玉を撮影しました。

男性と女性がここ西叶神社で勾玉を購入し、渡し船に乗って東叶神社へ行き、お守り袋を購入して勾玉を袋に入れると恋が成就するという言い伝えがあります。浦賀湾を天の川に、西叶神社の勾玉を彦星、東叶神社のお守り袋を織姫に例えたのです。
IMG_2489


つづく・・・
浦賀−6 渡し船

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック
浦賀−3 燈明堂
浦賀−4 浦賀奉行所跡


【三浦半島】

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場
横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘
横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園
横須賀−16 くりはま花の国  フラワートレインで帰る

秋谷・立石−1 立石不動尊
秋谷・立石−2 立石と海越しの富士
秋谷・立石−3 ランチ
秋谷・立石−4 長者ヶ崎海岸
秋谷・立石−5 逗子駅周辺

大田和つつじの丘







浦賀−4 浦賀奉行所跡


2019.6.4

燈明堂入口バス停に戻り、次は浦賀奉行所跡へ行くのですが、案内板がないためスマホのgoogleマップの世話になりました。
SN00006

燈明堂入口バス停の道路沿いに描かれている浦賀を象徴する絵です。IMG_2431

住宅街で曲がる道ですが、googleマップの経路案内がなければわからないところです。
この路地を入りました。
IMG_2434

川間町内会館と川間町屋台格納庫の前を進むと浦賀奉行所跡に出ました。
IMG_2435


IMG_2436

金網のフェンスで囲まれた場所が奉行所跡です。
IMG_2437

IMG_2438

案内板があり、、当時の写真のようなものと説明がありました。
IMG_2438

IMG_2438

敷地は結構広いです。何も立たず広場となっています。
IMG_2441

浦賀奉行所がなくなった後、所有会社である住友重機械工業の川間社宅が建っていましたが市に寄付され、浦賀市では奉行所の復元を含め使い方を検討中とのことです。

IMG_2445


古い石垣が残っていました。
IMG_2440


小高い丘で浦賀湾が見渡せる場所かと想像していましたが山に囲まれて海は見えません。
海岸近くに見張り小屋があったのでしょうか?それとも山の上に見張り番がいたのでしょうか?
IMG_2443

IMG_2442

こちらの案内板の方が新しく、奉行所の模型の写真もはっきりしています。
写真をクリックすると拡大します。
IMG_2444

つづく・・・
浦賀−5 叶神社

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック
浦賀−3 燈明堂


【三浦半島】

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場
横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘
横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園
横須賀−16 くりはま花の国  フラワートレインで帰る

秋谷・立石−1 立石不動尊
秋谷・立石−2 立石と海越しの富士
秋谷・立石−3 ランチ
秋谷・立石−4 長者ヶ崎海岸
秋谷・立石−5 逗子駅周辺

大田和つつじの丘




 

浦賀−3 燈明堂


2019.6.4 

燈明堂入口バス停から歩いて燈明堂を目指しました。
SN00004

歩いているのは私一人でした。
IMG_2410

坂の上の海を望める場所に来ました。
IMG_2411

浦賀湾です。
IMG_2412

燈明堂入口バス停から歩いて13分間で燈明堂海岸に到着しました。
IMG_2413

IMG_2414

IMG_2415

燈明堂海岸です。
ここから黒船が見えたと思われます。
吉田松陰や坂本龍馬等幕末の志士たちが黒船を見に押しかけたことでしょう。
IMG_2416

遊歩道が造られていました。岬の先端まで行きこの遊歩道を戻りました。
IMG_2419

風が潮の香りを運んでくる木陰で、浦賀駅前のコンビニで調達したおにぎりを食べ休憩しました。
IMG_2423

ブルーシートがかかっている場所は台場の跡でしょうか?
IMG_2422

浦賀湾を望む。左上に工場の屋根が見えます。その場所が浦賀駅前です。
写真をクリックすると拡大します。
IMG_2420_stitch

江戸時代から船の航海の目印として明かりを灯してきた燈明堂です。
IMG_2424

IMG_2425

燈明堂の説明文です。クリックすると拡大します。
IMG_2426

岬の先端部分です。向こうは房総半島です。
IMG_2427

浦賀は江戸(東京)に入る入口で江戸に入る外国船はすべて浦賀奉行所で許可を得ないと入れないことが地図を見るとうなずけます。
SN00005




つづく・・・
浦賀−4 浦賀奉行所跡

浦賀−1 浦賀ドック
浦賀−2 川間ドック

【三浦半島】

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場
横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘
横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園
横須賀−16 くりはま花の国  フラワートレインで帰る

秋谷・立石−1 立石不動尊
秋谷・立石−2 立石と海越しの富士
秋谷・立石−3 ランチ
秋谷・立石−4 長者ヶ崎海岸
秋谷・立石−5 逗子駅周辺

大田和つつじの丘





 


浦賀−2 川間ドック


2019.6.4 

浦賀ドック前から1時間に一本のバスに乗り燈明堂入口まで行き、川間ドックを見ました。
SN00002

SN00003


位置的にこの辺りですがここもフェンスがあり、植物が茂りよくわかりません。
IMG_2401


フェンスに沿って戻り、ヨットハーバーに入りました。
ヨットハーバー入口のモニュメント
IMG_2407


IMG_2403

ヨットハーバーの中から川間ドックを見ることが出来ました。
IMG_2405

川間ドックです。フェンスで囲まれており中に入ることは出来ませんが、下に降りる階段が見えました。
写真をクリックして拡大するとレンガが敷き詰められているのがわかります。
川間ドックは明治28年、東京石川島造船所が当時会長だった渋沢栄一の提案で大型船建設修理のために造りました。

IMG_2404

現在は海水が入りボートの係留場所になっていました。
IMG_2406

海水が入っていないときの状況。(ネット写真より)
src_10328019

ヨットハーバーから出て次は燈明堂を目指しました。
IMG_2409

ヤシの木(?)の切り株です。
IMG_2408

つづく・・・
浦賀−3 燈明堂

浦賀−1 浦賀ドック

【三浦半島】

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場
横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘
横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園
横須賀−16 くりはま花の国  フラワートレインで帰る

秋谷・立石−1 立石不動尊
秋谷・立石−2 立石と海越しの富士
秋谷・立石−3 ランチ
秋谷・立石−4 長者ヶ崎海岸
秋谷・立石−5 逗子駅周辺

大田和つつじの丘





 




浦賀−1 浦賀ドック


2019.6.4

幕末、黒船来航で日本を騒がせた浦賀に行ってきました。

IMG_2569

一段高い所にある京急浦賀駅です。
IMG_2388

駅の正面に見える大屋根は住友重機械工業(株)です。
IMG_2389

住友重機械工業のフェンスに幕末・明治に活躍した人物と歴史的背景の説明が中学生が描いた絵と共に掲げられていました。
写真をクリックすると拡大し説明が読みやすくなります。
IMG_2390

IMG_2391

IMG_2392

住友重機械工業の前身は浦賀造船所です。
浦賀造船所の説明は写真をクリックして御覧ください。
IMG_2394

住友重機械工業の煉瓦塀が続きます。
IMG_2396

目指すは浦賀ドックです。
SN00001

浦賀ドック付近に到着しましたが、金網がめぐらされて浦賀ドックは見えません。
IMG_2397

フェンスの向こうがドックのようです。
IMG_2397-1

下の写真のようなものが見えると思っていましたが、工場内なので特別な見学会の日しか見られないようです。
日本最初のドライドックで、世界で5基しかないレンガドックとのことです。
太平洋横断の威臨丸(かんりんまる)の修理はこのドックで行われました。
咸臨丸は幕府が保有し、勝海舟を始め98名が日米修好通商条約を結ぶため、初めて太平洋を横断した軍艦です。

src_10328019

咸臨丸
Kanrinmaru


IMG_2398

つづく・・・
浦賀−2 川間ドック


【三浦半島】

横須賀ー1 横須賀駅・ヴェルニー公園

横須賀ー2 どぶ板通りでランチ

横須賀ー3 軍港めぐり1 イージス艦

横須賀ー4(軍港めぐり2 原子力空母ジョージワシントン)

横須賀ー5(軍港めぐり3 アラカルト)

横須賀−6(軍港めぐり4 潜水艦)

横須賀−7 再びどぶ板通り
横須賀ー8  三笠公園通り
横須賀−9 旧連合艦隊旗艦三笠
横須賀ー10  くりはま花の国へ
横須賀−11 くりはま花の国のポピー園
横須賀−12 くりはま花の国 ゴジラ
横須賀−13 くりはま花の国 県木の広場
横須賀−14 くりはま花の国  ラベンダーの丘
横須賀−15 くりはま花の国 ハーブ園
横須賀−16 くりはま花の国  フラワートレインで帰る

秋谷・立石−1 立石不動尊
秋谷・立石−2 立石と海越しの富士
秋谷・立石−3 ランチ
秋谷・立石−4 長者ヶ崎海岸
秋谷・立石−5 逗子駅周辺

大田和つつじの丘





 

秋の山下公園 


2018.11.3 

緑の芝生が広がる山下公園に来ました。
IMG_1361

祝日なので大道芸人が来ていました。
IMG_1363



インド水塔です。
IMG_1364

IMG_1365

IMG_1366

IMG_1367

大さん橋
IMG_1368

横浜ベイブリッジ
IMG_1369

ベンチはカップルで占められています。
IMG_1370

横浜マリンタワー
横浜マリンタワーに上った時の記事は下記URLです。
http://buraoyama.blog.jp/archives/4189039.html
IMG_1371

氷川丸。この位置から見ると大へんスマートな船です。
IMG_1373

多くの人が秋の休日を楽しんでいました。
IMG_1379
IMG_1380

IMG_1381

山下公園では秋バラを始め多くの花が咲いていました。
昨年アップしたデジブックですがもう一度掲載します。
下記をクリックしてください。

山下公園 秋の花

山下公園を出て、一度は泊まってみたいホテルニューグランドを横に見て歩きました。
IMG_1430

IMG_1432

IMG_1436

帰りは、みなとみらい線「元町・中華街駅」から乗車しました。
改札を通ると中央にエスカレータ乗り場があります。
IMG_1437

長いエスカレーターでホームに降りました。
IMG_1438

IMG_1439

おしまい


横浜 ジャックの塔
横浜税関庁舎特別公開−1 横浜税関庁の資料展示室
横浜税関庁舎特別公開−2 展望テラス
横浜 英一番館
秋の山下公園 

以下は2012年の記事です。ご覧になりたいときはweb検索欄かブログの検索欄にコピー・ペーストしてください。
横浜、大人の休日散歩道ー1(関内)・・・1/6
  横浜、大人の休日散歩道ー2(横浜開港資料館)・・・1/12
  横浜、大人の休日散歩道ー3(横浜三塔)・・・1/22
  横浜、大人の休日散歩道ー4(大桟橋)・・・1/27
  横浜、大人の休日散歩道ー5(象の鼻からジャックの塔へ)・・・2/3
  横浜、大人の休日散歩道ー6(旧横浜正金銀行本店へ)・・・2/8
  横浜、大人の休日散歩道ー7(日本丸)・・・・・2/16

  横浜、大人の休日散歩道ー8(馬車道〜六道の辻)・・・・・3/30
  横浜、大人の休日散歩道ー9(再び馬車道)・・・・4/6
  横浜、大人の休日散歩道ー10(旧横浜港駅を目指す)・・・4/12
  横浜、大人の休日散歩道ー11(横浜三塔が一緒に見える場所)・・・・4/26
  横浜、大人の休日散歩道ー12(大桟橋からの三塔)・・・・5/1
  横浜、大人の休日散歩道ー13(日本にもある人魚姫)・・・・5/8
  横浜、大人の休日散歩道ー14(横浜マリンタワー)・・・・・・5/16

  横浜、大人の休日散歩道ー15(山手西洋館の薔薇)・・・・・・5/28
  横浜、大人の休日散歩道ー16(港の見える丘の薔薇)・・・・5/29
  横浜、大人の休日散歩道ー17(フランス山)・・・・6/3
  横浜、大人の休日散歩道ー18(山下公園の薔薇)・・・6/6
 2012年5月 山下公園のバラ

原鉄道模型博物館−1
原鉄道模型博物館−2

砂の彫刻展
ロイヤルパークホテル・四季亭
68Fから見る暮れゆく横浜港

横浜伊勢佐木町ブラ歩き-1

横浜伊勢佐木町ブラ歩き-2


鶴見線−1 海芝浦支線1 海芝浦駅へ
鶴見線−2 海芝浦支線2 新芝浦駅から浅野駅
鶴見線−3 海芝浦支線3 弁天橋駅〜鶴見小野駅
鶴見線−4 海芝浦支線4  国道駅

横浜 ジャックの塔
横浜税関庁舎特別公開−1 横浜税関庁の資料展示室
横浜税関庁舎特別公開−2 展望テラス
横浜 英一番館
秋の山下公園 

横浜 英一番館


2018.11.3

せっかく横浜港近くに来たので山下公園まで歩くことにしました。
 SN00001

日本大通りのイチョウは11/3は色づき始めの状態でした。
IMG_1334

異国情緒が漂う飲食店が並ぶ通りです。
IMG_1335

かっての商船三井グループの総合物流会社JAPAN EXPRESSの建物です。現在一階は飲食店が入っています。明るい色使いの洒落た建物です。

IMG_1336

正面に見えるのは横浜大さん橋で、この通りを大さん橋通りといいます。
IMG_1337

車道と歩道の境界には船をつなぐ杭が使われています。
英語ではどちらも bollardと言うそうです。
IMG_1338

シルク博物館です。
IMG_1340


シルク博物館の傍に「英一番館跡」と書かれた石碑があり、その後ろにシルクを手にした女性像がありました。

IMG_1341

案内板に英一番館のレリーフと英一番館についての説明文が掲載されていました。
「安政6年6月2日(1859年7月1日)横浜が開港した。イギリス人、ウイリアム・ケスウイックは、開港と同時に帆船で横浜に来航し、居留地一番館において貿易を始めた。この建物はジャーデイン・マセソン商会と称し、当時の人々はここを英一番館と呼んでいた」
その後、英一番館は1886年(慶応2年)の大火で焼失しましたが明治2年に再建されました。しかし、大正12年の関東大震災で再び焼失し神戸に拠点を移しています。

IMG_1342_0000

IMG_1345

英一番館ではなく英一番街という看板があったので寄ってみました。
IMG_1346


IMG_1347


IMG_1348


IMG_1349

少し怪しげですが階段を降りて行きました。
IMG_1350

IMG_1351

IMG_1352

人通りが全くない商店街でした。
IMG_1353

日本のものではなさそうな雑貨が所狭しと置かれていました。
IMG_1354

外国人客をイメージしているような絵です。
IMG_1355

だれでも休憩できるスペースに男性が一人いました。
IMG_1356


IMG_1357


IMG_1358

雑多なものが置いてある英一番街でした。買物上手の人はお宝を見つけるのでしょう。
IMG_1360


キングの塔の前を走る横浜市電の写真がプリントされているシャッターです。
いつ頃の光景でしょうか。
IMG_1359

つづく・・・
秋の山下公園

横浜 ジャックの塔
横浜税関庁舎特別公開−1 横浜税関庁の資料展示室
横浜税関庁舎特別公開−2 展望テラス

以下は2012年の記事です。ご覧になりたいときはweb検索欄かブログの検索欄にコピー・ペーストしてください。
横浜、大人の休日散歩道ー1(関内)・・・1/6
  横浜、大人の休日散歩道ー2(横浜開港資料館)・・・1/12
  横浜、大人の休日散歩道ー3(横浜三塔)・・・1/22
  横浜、大人の休日散歩道ー4(大桟橋)・・・1/27
  横浜、大人の休日散歩道ー5(象の鼻からジャックの塔へ)・・・2/3
  横浜、大人の休日散歩道ー6(旧横浜正金銀行本店へ)・・・2/8
  横浜、大人の休日散歩道ー7(日本丸)・・・・・2/16

  横浜、大人の休日散歩道ー8(馬車道〜六道の辻)・・・・・3/30
  横浜、大人の休日散歩道ー9(再び馬車道)・・・・4/6
  横浜、大人の休日散歩道ー10(旧横浜港駅を目指す)・・・4/12
  横浜、大人の休日散歩道ー11(横浜三塔が一緒に見える場所)・・・・4/26
  横浜、大人の休日散歩道ー12(大桟橋からの三塔)・・・・5/1
  横浜、大人の休日散歩道ー13(日本にもある人魚姫)・・・・5/8
  横浜、大人の休日散歩道ー14(横浜マリンタワー)・・・・・・5/16

  横浜、大人の休日散歩道ー15(山手西洋館の薔薇)・・・・・・5/28
  横浜、大人の休日散歩道ー16(港の見える丘の薔薇)・・・・5/29
  横浜、大人の休日散歩道ー17(フランス山)・・・・6/3
  横浜、大人の休日散歩道ー18(山下公園の薔薇)・・・6/6
 2012年5月 山下公園のバラ

原鉄道模型博物館−1
原鉄道模型博物館−2

砂の彫刻展
ロイヤルパークホテル・四季亭
68Fから見る暮れゆく横浜港

横浜伊勢佐木町ブラ歩き-1

横浜伊勢佐木町ブラ歩き-2


鶴見線−1 海芝浦支線1 海芝浦駅へ
鶴見線−2 海芝浦支線2 新芝浦駅から浅野駅
鶴見線−3 海芝浦支線3 弁天橋駅〜鶴見小野駅
鶴見線−4 海芝浦支線4  国道駅


横浜税関庁舎特別公開−3 旧税関長応接室


2019.11.3 

エレベータで下の階(何階か忘れました)に下り、復元された旧各室を見学しました。

旧特別会議室
創建時は貴賓室として使われていたようです。
IMG_1294


IMG_1292_0000

カーテンは新しく復元したものです。
IMG_1295

旧特別会議室
装飾金具は真鍮でした。
IMG_1296

IMG_1293_0000


IMG_1297


旧総務部長室
IMG_1302


IMG_1301

IMG_1303

旧税関長応接室
IMG_1311


IMG_1310_0000


IMG_1306



IMG_1304

IMG_1307

IMG_1308


IMG_1309

ダグラス・マッカーサーが執務を行った机
IMG_1315

IMG_1314_0000

IMG_1318

IMG_1313



IMG_1316_0000

IMG_1317_0000

IMG_1312_0000



IMG_1325


IMG_1319

大礼服
IMG_1321


IMG_1320

IMG_1323


IMG_1326_0000

見学を終え、階段で1Fに下りて外に出ました。
IMG_1329

階段ホール
IMG_1330

IMG_1331

見学後、お土産にクイーンの塔が写っているポストカードをもらいました。
IMG_5775


つづく・・・山下公園までの道

横浜 ジャックの塔
横浜税関庁舎特別公開−1 横浜税関庁の資料展示室
横浜税関庁舎特別公開−2 展望テラス
横浜 英一番館

以下は2012年の記事です。ご覧になりたいときはweb検索欄かブログの検索欄にコピー・ペーストしてください。
横浜、大人の休日散歩道ー1(関内)・・・1/6
  横浜、大人の休日散歩道ー2(横浜開港資料館)・・・1/12
  横浜、大人の休日散歩道ー3(横浜三塔)・・・1/22
  横浜、大人の休日散歩道ー4(大桟橋)・・・1/27
  横浜、大人の休日散歩道ー5(象の鼻からジャックの塔へ)・・・2/3
  横浜、大人の休日散歩道ー6(旧横浜正金銀行本店へ)・・・2/8
  横浜、大人の休日散歩道ー7(日本丸)・・・・・2/16

  横浜、大人の休日散歩道ー8(馬車道〜六道の辻)・・・・・3/30
  横浜、大人の休日散歩道ー9(再び馬車道)・・・・4/6
  横浜、大人の休日散歩道ー10(旧横浜港駅を目指す)・・・4/12
  横浜、大人の休日散歩道ー11(横浜三塔が一緒に見える場所)・・・・4/26
  横浜、大人の休日散歩道ー12(大桟橋からの三塔)・・・・5/1
  横浜、大人の休日散歩道ー13(日本にもある人魚姫)・・・・5/8
  横浜、大人の休日散歩道ー14(横浜マリンタワー)・・・・・・5/16

  横浜、大人の休日散歩道ー15(山手西洋館の薔薇)・・・・・・5/28
  横浜、大人の休日散歩道ー16(港の見える丘の薔薇)・・・・5/29
  横浜、大人の休日散歩道ー17(フランス山)・・・・6/3
  横浜、大人の休日散歩道ー18(山下公園の薔薇)・・・6/6
 2012年5月 山下公園のバラ

原鉄道模型博物館−1
原鉄道模型博物館−2

砂の彫刻展
ロイヤルパークホテル・四季亭
68Fから見る暮れゆく横浜港

横浜伊勢佐木町ブラ歩き-1

横浜伊勢佐木町ブラ歩き-2


鶴見線−1 海芝浦支線1 海芝浦駅へ
鶴見線−2 海芝浦支線2 新芝浦駅から浅野駅
鶴見線−3 海芝浦支線3 弁天橋駅〜鶴見小野駅
鶴見線−4 海芝浦支線4  国道駅


横浜税関庁舎特別公開−2 展望テラス


2018.11.3

エレベータを乗り継ぎ展望テラスに向かいました。
IMG_1262

IMG_1263

横浜港を一望できる展望テラスです。
あいにく雨が降り出し青い空と青い海は見られませんでした。
IMG_1264

テラスから180度横浜港を見ることが出来ます。
SN00006


赤レンガ倉庫を上から眺められました。
IMG_1266


IMG_1267

横浜ベイブリッジと大さん橋埠頭ビルが見えています。
IMG_1268

IMG_1278


横浜大さん橋
IMG_1274

二本の煙突は東京電力横浜火力発電所です。
IMG_1277

開港の丘の先に大きな青い靴が見えています。何かのイベントでしょうか?
IMG_1280

IMG_1281

間近で見られるはずのクイーンの塔は残念なことに修復中でした。
IMG_1285

クイーンの塔の下側です。
IMG_1286

キングの塔も修復中でした。
IMG_1288


クイーンの塔の内部の写真が展示されていました。
IMG_1290

つづく・・・旧税関長室
横浜 ジャックの塔
横浜税関庁舎特別公開−1 横浜税関庁の資料展示室
横浜税関庁舎特別公開−3 旧税関長応接室

以下は2012年の記事です。ご覧になりたいときはweb検索欄かブログの検索欄にコピー・ペーストしてください。
横浜、大人の休日散歩道ー1(関内)・・・1/6
  横浜、大人の休日散歩道ー2(横浜開港資料館)・・・1/12
  横浜、大人の休日散歩道ー3(横浜三塔)・・・1/22
  横浜、大人の休日散歩道ー4(大桟橋)・・・1/27
  横浜、大人の休日散歩道ー5(象の鼻からジャックの塔へ)・・・2/3
  横浜、大人の休日散歩道ー6(旧横浜正金銀行本店へ)・・・2/8
  横浜、大人の休日散歩道ー7(日本丸)・・・・・2/16

  横浜、大人の休日散歩道ー8(馬車道〜六道の辻)・・・・・3/30
  横浜、大人の休日散歩道ー9(再び馬車道)・・・・4/6
  横浜、大人の休日散歩道ー10(旧横浜港駅を目指す)・・・4/12
  横浜、大人の休日散歩道ー11(横浜三塔が一緒に見える場所)・・・・4/26
  横浜、大人の休日散歩道ー12(大桟橋からの三塔)・・・・5/1
  横浜、大人の休日散歩道ー13(日本にもある人魚姫)・・・・5/8
  横浜、大人の休日散歩道ー14(横浜マリンタワー)・・・・・・5/16

  横浜、大人の休日散歩道ー15(山手西洋館の薔薇)・・・・・・5/28
  横浜、大人の休日散歩道ー16(港の見える丘の薔薇)・・・・5/29
  横浜、大人の休日散歩道ー17(フランス山)・・・・6/3
  横浜、大人の休日散歩道ー18(山下公園の薔薇)・・・6/6
 2012年5月 山下公園のバラ

原鉄道模型博物館−1
原鉄道模型博物館−2

砂の彫刻展
ロイヤルパークホテル・四季亭
68Fから見る暮れゆく横浜港

横浜伊勢佐木町ブラ歩き-1

横浜伊勢佐木町ブラ歩き-2


鶴見線−1 海芝浦支線1 海芝浦駅へ
鶴見線−2 海芝浦支線2 新芝浦駅から浅野駅
鶴見線−3 海芝浦支線3 弁天橋駅〜鶴見小野駅
鶴見線−4 海芝浦支線4  国道駅





 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

g2009h

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード