図書館にリクエストしていた
タイトルの本がやっと順番が回ってきて
昨日借りて、一気に80ページ読みました。

一言、
面白いです。

ご存知のように
ふとしたことから「みなみ」という女性が
高校野球のマネージャーを務めることになり
マネジメントは何をするのだろうと
出会った本が
ドラッカーの「マネジメント」の本
とにかく、この本に書いている通りに
考えをめぐらしていけばよいだろうと
実践する。

ドラッカーの本の内容を
「企業の目的と使命を定義するとき・・・」
というような
堅い話を
高校野球という場に
やさしく、具体的に
ストーリーとして展開されていく。


ドラッカーの文を引用しているところには
ドラッガー「マネジメント(エッセンシャル版)」のページが出ているので
さらに学びたい人はそこを開けばよいようになっている。

やさしく、事例として書いているので
ファミレスやファッション関係の店長、レストランの店長
など、マネジメントの素人が読んで
実践して、効果をあげている事例をTVなどで放映されていたが
なるほど!
とうなずける本である。

ドラッガーの入門書として
日本の底辺を広げることに貢献した本だと思います。

この本の印税の10%をドラッガーの団体に支払う契約になっています。
ドラッガーの団体は
PRしてくれ大金を手にすることができ
ニコニコではないかと思います。

本の最後にページに
「みなみちゃんが本の中で参考にしたのはこの本です」

ドラッガーの本のPRが1ページでています。
これ、ドラッガー団体がお金を払わないといけないのでは?

「言いだしっぺ」の権利は強いですね。