家内を大雄山線塚原駅に
車で送った後
図書館のリクエストの本が来たので取りに行き
映像コーナーに空きがあったので
若いころ話題になって見そこなった
イタリア映画「高校教師」のDVDを見ていると

突然
バラバラと雨の音。
最後のクライマックスシーンになってきたのに!

晴れていたので二階の窓は開けてきたことを思い出す。
帰るべきか?最後まで見て帰るか?
一瞬迷ったが
今日は終了にして車に走る。
運転中、前が見えないほどの雨。
しかし、

家に帰ると雨は止んでしまった。
もう少し遅く降ってくれればと恨む。

部屋に入ると
枕、ベッドのマット、出窓は
しっかり濡れていた。
タオルで拭いて乾かしました。
この作業が早めにできたので
DVDを終了にしたのは正解かな?

いつか
後半だけ見に行こう!!