今日は久しぶりに雨が降ったりやんだりなので
本の紹介です。


瑠璃でもなく玻璃でもなく

(唯川恵)

(集英社)

 

「瑠璃でもなく、玻璃でもなく」という哲学的な題名に引かれて手にしました。

 

恋愛は不安との戦いであり、結婚は不満との戦いである。

 

が冒頭の言葉。なるほど!とうなずけるかな?

そうです。哲学的ではなく、心理の変化でした。 

 

結婚適齢期が過ぎようとしている女性の結婚への不安、そして、結婚して数年するとこんなはずではなかった現実とのギャップ。どのように埋めればよいのか?

不倫を絡めて、女性の心理状況を描いている。

最後は落ち着く所に落ち着くのかな。

 

 

 

瑠璃色を調べると

瑠璃色(るりいろ)は、濃い赤味の青。名は、半貴石の瑠璃(ラピスラズリ: lapis lazuli)による。

半貴石のラピスラズリを粉砕し精製した顔料は、天然ウルトラマリンである。ただし、色としてのウルトラマリンブルー群青色とし、瑠璃色と区別する人もいる。勿論、瑠璃の色と瑠璃の粉末の色、天然ウルトラマリンの色は異なる。加工の過程で色合いが変わるのは当然であるが、主要発色成分の化学組成は変わらない。そもそも、ラピスラズリはそれぞれの色合いが異なり、所謂色名で指定してもその色合いとは異なり、大なり小なりの齟齬が生じる。

玻璃を調べると

仏教で、七宝の一。水晶のこと。
ガラス異称
火山岩中に含まれる非結晶質の物質

 


表紙を見ると中央部分に帯状に瑠璃色(濃い赤みの青)が見られ、これが恋愛中の揺れ動く不安の表現で、所々に玻璃の水晶玉をあしらっている。これが結婚後、ふつふつとわいてくる不満の水晶玉として、あちらこちらに出てくるのを現しているのかな?

 

 

瑠璃でもなく