2015.7.11



ニッサングローバル本社ビル側の横浜三井ビルディング入口にある原鉄道模型博物館をイメージして造られたモニュメントです。
no title


最初のブースは原信太郎が作成した鉄道模型の展示室です。

湯本ー強羅間を走っていた木造の箱根登山鉄道車輌
no title
no title


ボストン高架鉄道
窓が大きく、オレンジ色の車体が鮮やかです。
中央部分で窓の列が二つに割られている姿が印象的です。
模型陳列の中で私が一番好きだった車輌です。

no title
DSCF6500



中央線の前身である甲武鉄道の車輌。明治37年から御茶ノ水〜中野間を走っていました。
no title
no title


京阪鉄道「びわこ号」
no title
no title

1938年に207.2km/hを記録したロンドン&ノース・イースタン鉄道マラード号

no title
no title


1927年に転換クロスシートを採用した京阪鉄道の車輌
no title
no title



模型の陳列を見た後は「いちばんテツモパーク」と名付けられたヨーロッパをイメージしたジオラマです。一周約70m、線路数6本、総延長は約450mのレールが敷かれ、その中を列車が走ります。
全体を動画で御覧ください。




予定外の訪問でしたので良いカメラを持っていなかったので画像が少し悪いのはご容赦願います。
静止画はデジブック・フルウインドウで御覧ください。






ipadの方は下記URLから御覧ください。
http://www.digibook.net/d/6a54e1dfa05fa91d29cd3501094b448a/?viewerMode=fullWindow

大ジオラマはいつまでも見ていられる楽しい場所です。
列車の音をお楽しみ下さい。シャーという音に列車特有のゴトンゴトンという音が聞こえます。




原鉄道模型博物館おしまい

原鉄道模型博物館−1