江戸時代、鵜ノ木村(現在の大田区内)で年寄り役を勤めた天明家へ向かいました。
no title


no title


no title


no title


no title


no title

no title


no title


武蔵野の面影が残る落葉樹の林。
no title

no title

道祖神
no title


「見ざる言わざる聞かざる」が彫られていました。
no title


no title





西ゾーンにあるデ・ラランデ邸でランチとしました。

明治時代の気象学者・物理学者の北尾二郎が自邸として設計したと伝わる木造平屋建て・瓦葺き・寄棟屋根・下見板張りの洋館だったが、北尾の逝去後、1910年(明治43)ころ、ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデにより、木造三階建ての住宅として大規模に増築されました。1956年(昭和31)から、乳酸菌飲料カルピスの発明者として知られる三島海雲氏が住んでいました。海雲氏の死後は、三島食品工業株式会社の事務所として、1999年(平成11)まで使用されました。
no title



以前はリビングとして使用されていた部屋のようです。
no title


暖炉
no title



no title


no title



食事メニューはカレーライかハヤシライスです。後は、飲み物とケーキがありました。
no title


ランチの後、二階に上がりました。
no title


寝室
no title


no title


2Fベランダ
no title



no title


園内のマンホールの蓋。かえるが描かれています。
no title

no title


江戸東京博物館おしまい。


江戸東京たてもの園−1 西ゾーン

江戸東京たてもの園−2 中央ゾーン

東京江戸たてもの園−3 東ゾーン

江戸東京博物館−4 ランチ