2011.7.24

軽井沢を離れて、誘いを受けた「サンヒルズ小田」へ向かいました。
軽井沢から小諸へは18号線がメイン道路ですが、混みそうなので80号線(浅間サンラインを走ることにしました。道路は良く、渋滞も無く中軽井沢から30分程度で到着しました。
SN00013

サンヒルズ小田は和風で横に長い平屋の一軒家でした。アフタヌーンティの誘いだったので、この建物で、アフタヌーンティーとは少しイメージがわきませんでした。
IMG_6616

誘ってくれた二人は既に到着で、玄関を入ると美空ひばりの歌声が聞こえました。
外見は純和風でしたが、棚には洋酒が並び、その前でジャズバンドを背景にジャズ風に歌う美空ひばりの人形と、まったく洋風の世界に変わりました。
IMG_6621

美空ひばりは音楽に合わせ口をパクパクさせる精巧さでした。
IMG_6619

IMG_6620

美空ひばり楽団の隣の部屋がアフターヌーンティー会場でした。
二間続きの和室の片方です。
IMG_6624

椅子にはレイ?お皿には花の腕輪?今月は「ハワイアンデイ」という趣向とのことでした。
IMG_6622

IMG_6625

すでにはハワイアンムードのお二人でした。
IMG_6626

食前酒でアフタヌーンティーの始まりでした。
IMG_6627

スープ
カップは1940~45のディプレッショングラスでした。
初めて聞くので調べてみると
「1929年、ニューヨークでの株の大暴落をきっかけに、世界は大恐慌時代に陥り不景気の時代を迎えました。 その頃アメリカのガラスメーカーが、エレガントなデザインで原価の安い型押しのガラス食器を次々に発表。大量生産し、日用品の景品として付けられたり、低価格で販売されていました。 すると不況にもかかわらず、アメリカではこれらの商品の一大ブームが巻き起こったのです。 その当時作られたガラス器を、ディプレッション・グラスといいます。 デプレションとは、The Depression=世界大恐慌 を意味しています。 人気があるパターンは、その後1960年代まで作り続けられました。 生産終了後は、コレクターズ品として人気のため、市場では年々数が減り、希少になりつつあります。アメリカの大恐慌のころにつくられた食器をこう呼ぶようです。浮き出ている花柄やいろいろな柄により、シリーズや会社が違うそうです。」
IMG_6628

ズッキーニーのカルパッチョ
お皿もディプレッションでした。1930年のデイジーの絵柄を楽しんでくださいとのことでした。
店のパンフレットの表題には「アメリカ・ディプレッショングラスと伝統的なアフタヌーンティー」とありました。
IMG_6629

マイクロトマト(プチトマトよりさらに小さい)です。
黄色く凍っているのは?
食べてみるとトマトっぽい味でした。
びっくり!食べられる「ほうずき」なのでした。
IMG_6630

白なす
料理すると黒くなって、普通の長なすと見分けがつかなくなるそうです。帰りのお土産の中に白なすが入っていました。当然白かったです。
IMG_6631

キッシュ
Wedge Woodの皿に盛られていました。
Wedge Woodはイギリスの会社で英国の王妃から王室御用達の陶工と認められたことにより各国の王族や貴族に知られるようになりました。
IMG_6632

ついに出ました!アフタヌーンティー! という感じのものが。
しかし、パンとトマトのブリスケッタしか乗っていません。

パンの横の緑の葉は柿の葉です。パンは「アトレde フロマージュ」という種類で、お皿はブルーサファイアで下のお皿とカップはバレリーナとのことでした。
お皿とカップの会社名がたくさん出てきましたが、メモしたものを参考に記述しているので間違っているかもしれません。
IMG_6634

IMG_6635

タコスサラダソース付き
IMG_6639


デザート
アメリカンチェリー
ブルーベリー
ほうずき
オレンジピレーネ
IMG_6636

シフォンケーキ
金縁のデザート皿は1940年代のミルクグラスです。
IMG_6640

アイスクリーム
ナタデココとわらび餅が入っていてチョコレートが掛かっており、不思議な食感でした。
IMG_6641

アメリカンコーヒー
カップは1930年バレリーナ。模様を楽しむそうです。
IMG_6642

私はヨーロッパスタイルのアフタヌーンティーを想像していましたが、サンヒルズ小田は「アメリカンスタイルの伝統的アフタヌーンティー」ということでした。沢山の食べ物がありケーキスタンドの上に置くことが出来ないので、お皿に入れて出すということでした。アメリカ式はまさにリッチな食事でした。
11:30集合との連絡で、ランチを軽く食べ、しばらく経って15:00頃にアフタヌーンティーと思って行ったのですが違っていました。

お腹いっぱいになりました。

夕食までに少しお腹を減らさなければとこの後、再び中軽井沢へ行きました。


つづく・・・軽井沢・小諸の旅−11 ハルニレテラスへ

軽井沢・小諸の旅−1 軽井沢へ
軽井沢・小諸の旅−2 白糸の滝
軽井沢・小諸−3 白糸の滝遊歩道
軽井沢・小諸−4 鬼押出し園・表参道
軽井沢・小諸−5 鬼押出し園・裏参道
軽井沢・小諸の旅−6 「ザ・テラス・サクマ」に宿泊
軽井沢・小諸の旅−7 散歩
軽井沢・小諸の旅−8 「うしたに」で夕食
軽井沢・小諸の旅−9 翌朝


2022年10月の軽井沢
軽井沢−1 ザ・プリンス軽井沢へ
軽井沢−2 ザ・プリンス軽井沢の部屋
軽井沢−3 夕食と温泉
軽井沢−4 朝食
軽井沢−5 雲場池
軽井沢−6 ピックアップバスでひと巡り
軽井沢−7 ピックアップバスからの動画とサイクリング時の写真
軽井沢−8 夕食(イタリアン)
軽井沢−9 三日目の朝食
軽井沢−10 地域クーポンを使いに
軽井沢−11 ハルニレテラスで昼食
軽井沢ー12 帰路(渋滞)


2011年7月23、24日に軽井沢へ行った時の記事です。
軽井沢「うしたに」さんでディナー
軽井沢「ザ・テラス・サクマ」に宿泊


2010年の軽井沢
軽井沢−1 清里
軽井沢−2 ハルニレテラス
軽井沢−3 スペインの王宮風ホテル
軽井沢−4 夕食
軽井沢ー5  朝食
軽井沢−6 軽井沢高原教会
軽井沢ー7 石の教会
軽井沢−8 千ヶ滝
軽井沢−9 再びハルニレテラス
軽井沢−10 雲場池
軽井沢−11 旧三笠ホテル