2009.11.6

椿山荘の先に講談社野間記念館がありました。東京の中とは思えない静かな佇まいの建物です。
講談社創業90 周年事業の一環として 2000 年4 月に設立され、講談社の創業者・野間清治が、
大正期から昭和初期にかけて収集した美術品を主体とした「野間コレクション」を展示しているようで
す。
IMG_6544

IMG_6543


先を急ぐと「和敬塾」と書いた青銅の表札がかかった門柱に目がとまりました。中は大きな木に囲まれて古い建物が見えます。
財団法人和敬塾は、男子大学生・大学院生向けの学生寮でした。1955 年(昭和30 年)、前川製作所の創業者である前川喜作によって創設されたそうです。
和敬塾本館(旧細川侯爵邸)は、細川家第16 代細川護立侯により昭和11 年(1936 年)に建てられた、昭和初期の代表的華族邸宅で、不定期に一般公開されているそうです。
映画やドラマ撮影のロケに良く使われているとのことです。門から覗いた感じやインターネットの本館の建物からうなずけます。
IMG_6546

IMG_6547

村上春樹が大学一年の春から秋まで塾生だったものの、肌に合わず引っ越したとのことです。古い伝統ある寮なので独特なものがあるのでしょう。私が読んだことがある村上春樹の代表作『ノルウェイの森』に出てくる寮は、和敬塾をモデルにしているといわれています。
和敬塾本館(ネットより)
SN00014

和敬塾を後にして歩いていると建物に囲まれた一等地に突然大きな公園が現れました。一等地にどうしてこんなに広い場所が取れたのだろうかと思い、調べると下記のようにありました。
国家公務員共済組合連合会(KKR)目白運動場跡地と隣接する国有地跡地に創られた公園です
IMG_6549

秋の日はつるべ落とし、夕闇が迫って来ました。IMG_6550

公園内に遊歩道があり、先に進んで出口があるか少々不安でしたが進むことにしました。
IMG_6551

森の中に噴水があり子供がサッカー遊びをしている広場から道路へ出ることが出来ました。
IMG_6552

道路の向こうは日本女子大学です。道路から見える古い建物は成瀬記念講堂です。
IMG_6553

日本女子大正門入口左の建物は歴史ある成瀬記念館です。

IMG_6554

どんどん暮れていきます。約束時間に間に合わないのではと気が急きました。
IMG_6557

鬼子母神の参道入り口です。今回は時間がないのでパスでした。
IMG_6559

千登世小橋から下を見ると早稲田から三ノ輪橋へ向かう都電が走っていました。
IMG_6563

橋のそばの像は橋が建造された昭和初期の東京府の土木部長来島良亮の像です。役人である土木部長の像があるとは珍しいです。
来島良亮は大正-昭和時代前期の土木技術者です。明治18 年12 月生まれ。大正5 年内務省にはいり、雄物(おもの)川、利根川の改修工事を指揮し、昭和2 年東京府土木部長となり、都市計画案を策定しました。のち仙台土木出張所長兼北海道庁技師などをつとめた人物です。
IMG_6565

授業が終わったらしい女子大生がたくさん駅に向かっていました。
IMG_6566

IMG_6568

IMG_6571

IMG_6573

学習院高等学校の門です。
IMG_6572

学習院の生垣はサザンカで、短くきれいに刈り込んでありました。
IMG_6575


レンガ造りの学習院大学の門です。
ここまで来ると目白駅はすぐです。思いのほか時間がかかって飲み会の約束時間に遅れてしまいまししたが、目白通りは予想をしていたよりも見どころが多かったです。
IMG_6578

おしまい

東京散策−1 東京交通会館
東京散策−2 護国寺
東京散策ー3 音羽通り
東京散策−4 鳩山会館1 バラの庭園
東京散策−5 鳩山会館2 一階
東京散策−6 鳩山会館3 二階
東京散策−7 目白通り1 東京カテドラル